FANDOM



"土に帰りたいという彼女の願いは、 生きようとするものすべてを土へと返すだろう。"
- Alriune


Alriune(T-04-53、アルリウネ)は背が高く、全身ピンク色で馬に似たアブノーマリティです。

6本の足を持ち、首は明るい鴨の羽色の葉で覆われ、人のような頭にはうつろな眼、ピンク色の塵を生成する口を持つ。1枚の葉がついたピンク色の日よけ帽をかぶっている。ピンク色の花びらが彼女の周りに舞い散る。


特殊能力 編集

クリフォトカウンターが0になると、特殊能力が発動します。

作業結果が良い悪いとカウンターが中確率で減少します。

特殊能力が発動すると、彼女はピンク色のカーテンに包まれ、テレポートして収容違反を起こします
収容違反中のアルリウネは、部門内のメインルーム以外の部屋にテレポートで移動します。

職員が同じ部屋に入ると、ピンク色の大きな花びらが彼女の背後に現れ始めます。
花びらが3枚になると、彼女は同じ部屋の職員に強いWHITEダメージを与えてテレポートします。
また、同じ部屋に職員が入らなくても、一定時間が過ぎるとテレポートします。

彼女の攻撃でMPが0になった職員はパニック状態を引き起こす代わりに、アルリウネのようなピンクの花のカーテンで覆われます。
カーテンが消えたとき職員は花びらと葉で覆われており、死亡したとみなされます

収容違反は、一日を終えるか鎮圧されるまで続きます。

由来 編集

アルリウネは人間になりたいと切に願った人形です。

彼女の魂のこもった目が多くの人びとに愛着を持たれたとはいえ、時が過ぎるとカラスたちがついばむような暗い森に彼女は捨てられてしまいました。多くの月日がたち、捨てられたことで彼女の精神、心、命が次第に崩壊しはじめました。そして彼女は土と化し始めました。

あなたが土であり、土に帰るべきであると同様に、アルリウネは生命のサイクルを繰り返しているようにみえます。この概念は彼女のエンサイクロペディアの見出しに、そして彼女が土に帰らねばならない事例として記載され、彼女は他者に彼女と同じ運命をもたらします。

彼女がどのように発見され、どのように施設に到着したのかは不明です。

詳細 編集

アルリウネは上から本能、洞察、愛着、抑圧の順に作業を好みます。

本能作業は作業レベルが3以上の場合は普通または良い反応を示し、それ以下だと最悪の反応を示します。
洞察作業は作業レベルが3以上の場合は普通の反応を示し、それ以下だと最悪の反応を示します。
愛着作業にはあまり良い反応を示さず、抑圧作業はその作業レベルに関わらず最悪の反応を示します。

他のアブノーマリティと同様に、エネルギー生成量は作業終了時のPE-BOXの数によって決まります。

アルリウネの作業結果は、悪い、普通、良いの3つのセクションに分かれています。
作業終了時のPE-BOXが0~7個だと悪い結果になり、8~15個だと普通、そして16~22個だと良い結果になります。 作業終了後の待機時間は約15秒です。最大作業回数は3回で、クリフォトカウンターの初期値は1です。


開放可能な情報/アップグレード 編集

基本情報 (Cost: 20 PE Boxes)

アブノーマリティの名前、オブジェクトクラス、リスクレベル(WAW)、肖像、攻撃タイプ(White 4 - 6)、
E-Boxeの容量 (22)と彼らの気分の状態、クリフォトカウンター(1)を解放し、表示します。


本能/洞察/愛着/抑圧 作業方法リスト (Cost: 6 PE Boxes)

各作業のレベルごとの成功確率をアンロックします。


管理方法 1/2 (Cost: 15 PE Boxes)

  • <管理方法 1>
    • "作業結果が良い場合、中確率でアルリウネのクリフォトカウントが減少した。"
  • <管理方法 2>
    • "作業結果が悪い場合、中確率でアルリウネのクリフォトカウントが減少した。"


適切な防衛 (Cost: 20 PE Boxes)

収容違反時の耐性:
Red: 弱点 (1.2) - White: 免疫 (0.0) - Black: 耐性 (0.5) - Pale: 弱点 (1.5)


作業 レベル 1
成功率
レベル 2
成功率
レベル 3
成功率
レベル 4
成功率
レベル 5
成功率
本能
Instinct
最低 最低 普通 普通 高い
洞察
Insight
最低 最低 普通 普通 普通
愛着
Attachment
最低 最低 普通 低い 低い
抑圧
Repression
最低 最低 最低 最低 最低

観測レベル 編集

レベル 1 (1 セクション開放): 作業速度 +3

レベル 2 (2 セクション開放): 作業成功率 +3%

E.G.O. Traitのロックを解除します。
これはピンクの花びらのような塵の冠で、作業終了時に2%の確率で付与されます。
身に着けたエージェントはMPが4増加して、作業速度が2増加します。

レベル 3 (3 セクション開放): 作業速度 +3

防護服「Reverberation」の開放

レベル 4 (すべての詳細の開放): 作業成功率 +3%

武器「Reverberation」の開放

ストーリー 編集

Alriune Encyclopedia

アルリウネの肖像

  • それは滑らかな表面をしている。
    眼窩は空いており、成長している植物で満たされている。
  • アルリウネ、人間になることを切望した人形。
    彼女は魂のこもった目で人々に愛されていた。
  • アルリウネ、暗い森に捨てられた。
    カラスは輝く目を盗んだ。彼女の精神、生命、心はゆっくりと消えていった。
  • アルリウネ、目もなしにすべてを見る。人形になることを切望した人間。
    彼女は土に帰りたいと思い、生を望むすべてとともに土に帰る。

フレーバーテキスト 編集

  • "何からも生まれなかったもの、何にも帰らない。"
  • "枯れることのない花が激しく咲き誇る。"
  • "職員<name>は収容室に飽和しているラベンダーに深く感動している。"
  • "職員<name>は、血の代わりに爽やかな香りを吐き出す。"
  • "アルリウネは内部の焼け跡を記憶している。"
  • "おそらく、私たちは心の無い人間を作ろうとした。"
  • "職員<name>は花壇で穏やかな春眠を望んでいる。"
  • "アルリウネは一度花が咲き、枯れた。彼女は復活の意味を理解した。痕跡は残り、すべての命はアルリウネに集まる。"
  • "みんなの心に花が咲く。"

余談 編集

  • 公式トレーラーの、エレベーター墜落シーン直後に映るシルエットの中に、アルリウネの姿がある。
  • 収容違反中のアルリウネに近づくと、キラキラとした音が聞こえる。
  • アルリウネは、ドイツの伝承である"アルラウネ"(ドイツのマンドレイク)を基としている可能性が極めて高い。
    • 以下、Wikipediaの"Alraune"の項目から引用した概要。
      "マンドレイクの根と交わった魔女から、愛情や魂を持ち合わせない子(アルラウネ)が産まれると言われていた。"
      "Witches who 'made love' to the Mandrake root were said to produce offspring that had no feelings of real love and had no soul."
    • このことは、"おそらく、私たちは心の無い人間を作ろうとした。"というフレーバーテキストに関連性を見出すことができる。

ギャラリー 編集


記事 "Alriune"についてのお知らせ:
古いバージョンのこのページを探していますか?: Alriune (Legacy)


"Alriune" は最新版のゲーム(v0.1)の情報を取り扱っています。

ここの情報は新しいバージョンのゲームからのものです。最新のゲームプレイの変更を含みます。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。