FANDOM



底まで落ちてしまって、もう方法が見えないのですか?

Have you fallen to the lowest bottom?

- Backward Clock

Backward Clock(D-09-104、逆行時計)は、古いぜんまい仕掛けの機械の形をしたWAWクラスのツール型アブノーマリティです。

本体の中央部には4つの真空管があり、本体右部にはねじ巻きが付いています。

情報 編集

特殊能力 編集

逆行時計はエネルギーがフルチャージ時とそれ以外とで動作が変わります。

エネルギーがフルチャージでない場合は、ランク3以上の職員に逆行時計を使用させるとエネルギーがチャージされ逆行時計のライトが1つ点灯します。
このときランク3未満の職員が使用してもなにもおきません。

ライトが4つ全て点灯しているとき(このときをフルチャージと呼ぶことにします)に、使用することで特殊能力が発動します。
このときにランク5未満の職員に逆行時計を使用させると施設内にいる逆行時計を使用した職員以外の全ての職員が一定確率で死亡、もしくはパニックになり、逆行時計が消失します。
逆にランク5の職員に逆行時計を使用させると、収容違反を起こしている全てのアブノーマリティを再収容し、逆行時計と使用した職員が消失します。

逆行時計が収容室から消失すると、一日を終えるまで再使用不可能になります。
また、時計と共に消失した職員は死亡したとみなされます。

逆行時計の再収容能力は、以下のアブノーマリティや試練には効果がありません。

また、「脱走しないオブジェクト」として分類されているアブノーマリティに対しても効果を発揮しません。
赤い靴黒鳥の夢など)


基本情報 編集

BackwardClockPortrait

逆行時計の肖像

逆行時計の基本情報は、ツールを2回使用すると開放されます。
開放される情報は以下の通りです。

  • アブノーマリティの名前
  • 分類番号
  • 危険レベル(WAW
  • 肖像
  • 使用タイプ(単発使用)

由来 編集

施設に到着した経緯は現在明らかになっていません。
しかし、何らかの他の会社が製作したものであることは示唆されています。

記録と使い方 編集

開放条件
記録
使い方
1回使用
とある会社が製造した古い時計です。
真空管ランプが搭載されたデザインは、古風な雰囲気を出しています。
この時計の生産はずっと前に中断されています。
逆行時計の作業を完了するごとに、電球のうち1つが点灯し、エネルギーが充電される。
3回使用
「…どん底まで落ちてしまって、もうこれ以上方法が見えませんか?
あの時、他の選択をしていたら、という思いに囚われていませんか?
病気や自然、宇宙をも征服した我々人類は ついに時間までも征服しました!
ランク3未満の職員が作業を完了した場合、何の変化も現れなかった。
5回使用
私たちはあなたが浪費した時を巻き戻すことができます。
使い方は簡単!ただネジを回してから、目をつぶって10秒数えてください。目を開けたら、あなたの過ぎてしまったあらゆる時が待っているはずです。」
電球がすべて点灯すると、逆行時計を作動させることができる。
7回使用
* 使用説明書をきちんとお読みください。正しくない使い方をすると、製品に流れる高電圧がどんな反応を起こすか未知数だからです。
お客様の不注意によって生じた副作用に当社は一切責任を負いません。
* 装置を稼動させるには高いエネルギーが必要なので多少の充填時間が必要です。
<注意>
逆行時計が完全に充電された後は、ランク5未満の職員が接触するのを必ず阻止してください。
10回使用
ランク5以上の職員だけが逆行時計を正常に作動できます。
逆行時計は、その職員を除く職員たちを一日の中で最も平穏だった瞬間に送ってくれるでしょう。

余談 編集

  • 逆行時計は、ゲームのスポンサー'정현교(Jung Hyunkyo)'氏のアイデアを基に作られたアブノーマリティである。
  • 逆行時計は脱走した全てのアブノーマリティを再収容する効果を持つ。
    これは単発使用タイプのツール型アブノーマリティの中では初の能力である。

要検証 編集

以下の項目について情報が不足しています。記載情報に誤りの可能性があれば、コメントしてください。

ギャラリー 編集

管理人、貴方にとって 逆行時計 はどのような存在ですか...?
 
7
 
92
 
1
 
29
 
5
 
13
 

この投票は 2018年4月21日 15:11 に作成され、これまでに147人が投票しました。

『 盲愛 』の感情を示す場合、管理人は精神汚染されています。精神治療の効果がない場合、処分も考慮すること。
他のアブノーマリティとの投票比較とそれに関するコメントはこちらから編集タブ横のコメントへ。