FANDOM



"呪いは解放できない、ただ繰り返すだけ。"
- Beauty and the Beast


Beauty and the Beast(F-02-44、美女と野獣)は頭から爪先まで茶色の毛で覆われた四本足のアブノーマリティーです。

薔薇の咲いた二本の下方向にねじれた角があり、数百の緑色の目と、黒色のカマキリのような二本の後ろ足と、先端がピンクの二本の前足、黒色の下腹部、切り詰められたような尻尾、腹側部に二本の赤い線、そして対となる顎があります。右前足は部分的に黒く、色とりどりな斑点があります。

この怪物自体は特殊ではありませんが、その活動サイクルに異常性が認められます。


特殊能力 編集

美女と野獣の特殊能力は、抑圧作業が二回連続で行われると発動します。

一度目の抑圧作業を行ったとき、良い量のE-Boxesが生成されるでしょう。
しかし、美女と野獣の健康状態は悪化します。その後に別の作業を行うと美女と野獣は回復します。

連続して二度目の抑圧作業を行ったとき、美女と野獣は死亡し、収容房内は薔薇に覆われたブドウの木が咲き乱れます。その直後に、作業員の口からは無数の目玉が浮かび上がり、作業員の目玉からは角が芽吹きます。巨大な瞳孔の無い目玉が部屋を覆い尽くし視界を塞ぎ、複数の小さな緑色の瞳孔が目玉内に現れ、強膜(目玉の白い部分)が無くなるまで増殖が続きます。その後、目玉は消滅し、作業員が死亡して新たな「美女と野獣」が作業員の死体から生まれ、死亡サイクルが完了します。

由来 編集

Beauty and the Beast's story starts with the creature being a count who is reserved only to live in its castle and never leave. Still, it could hire people to work in the castle. Beauty, a poor woman with green eyes, was hired to work in the castle for high wage. She did this because of the rumor that anyone who enters the castle is never heard from again, thus nobody else would accept. As days passed, despite the creature being gentle and giving her money at the end of each night, Beauty wanted the entire fortune and the castle for herself. She decided to enter the count's room one day, and stabbed the creature with a knife. But this action caused Beauty to become the monster, with the fortune and castle for herself. It's possible that other people, also driven by their own greed, met the same fate before or after the incident in the story.

Where Beauty and the Beast was found and how it arrived in Lobotomy Corporation is still unknown, but if the story isn't fictional, it can be assumed that the creature never left the castle. It is likely that it would have been found in the same castle where the story took place.

詳細 編集

美女と野獣は、洞察作業にはその作業レベルに応じて普通または悪い反応を示します。
本能作業にはあまり良い反応を示さず、愛着作業に対しては最悪の反応を示します。
抑圧作業に最高の反応を示しますが、二回連続で行うと特殊能力が発動するので注意が必要です。

他のアブノーマリティと同様に、エネルギー生成量は作業終了時のPE-BOXの数によって決まります。

美女と野獣の作業結果は、悪い、普通、良いの3つのセクションに分かれています。
作業終了時のPE-BOXが0~4個だと悪い結果になり、5~8個だと普通、そして9~12個だと良い結果になります。 作業終了後の待機時間は約10秒で、最大作業回数は3回です。


開放可能な情報/アップグレード 編集

基本情報 (Cost: 12 PE Boxes)

アブノーマリティの名前、オブジェクトクラス、リスクレベル (TETH)、肖像、攻撃タイプ(White 2 - 4)、
E-Boxeの容量 (12)と彼らの気分の状態を解放し、表示します。


本能/洞察/愛着/抑圧 作業方法リスト (Cost: 4 PE Boxes)

各作業のレベルごとの成功確率をアンロックします。


管理方法 1/2/3 (Cost: 4 PE Boxes)

  • <管理方法 1>
    • 美女と野獣に抑圧作業を行った時、最も作業の成功率が高かった。
      抑圧作業はPE-Boxの生産効率は良かったが、美女と野獣の健康状態を著しく悪化させた。
  • <管理方法 2>
    • 美女と野獣に抑圧以外の作業を行うと、美女と野獣の健康状態が回復した。
  • <管理方法 3>
    • 連続して美女と野獣に抑圧作業を行うと、美女と野獣はかすかな断末魔を上げてその場に倒れた。
      美女と野獣が消えると、作業を行っていた職員に異常が起きた。
      間もなくして新たな美女と野獣が誕生した。


適切な防衛 (Cost: 12 PE Boxes)

アブノーマリティが脱走可能かどうかの情報:"脱走しないオブジェクトです"


作業 レベル 1
成功率
レベル 2
成功率
レベル 3
成功率
レベル 4
成功率
レベル 5
成功率
Instinct
"普通" "低い" "最低" "最低" "最低"
Insight
"普通" "普通" "普通" "低い" "低い"
Attachment
"低い" "最低" "最低" "最低" "最低"
Repression
"高い" "高い" "高い" "高い" "高い"

観測レベル 編集

レベル 1 (1 セクション開放):作業成功率 +4%

レベル 2 (2 セクション開放):作業速度 6+

E.G.O. Traitのロックを解除します。
これは紫色の花飾りで、作業終了時に5%の確率で付与されます。
身に着けたエージェントはHPとMPが2ずつ増加します。
さらに、防護服「Type B-01 Horn」が開放されます。

レベル 3 (3 セクション開放):作業成功率 +6%

武器「Type A-01 Horn」が開放されます。

レベル 4 (すべての詳細の開放):作業速度 4+

ストーリー 編集

Beauty and the Beast Portrait

美女と野獣の肖像

  • 美女は美しい翠眼の女性だった。貧困に喘いでいたある日、彼女に仕事が舞い込んだ。伯爵の城で働けば高い賃金が与えられると。
  • 伯爵は野獣で、城に入った者は二度と帰ってこないという噂があった。
  • 美女は「この恐ろしい野獣はすべての人々を食べたにちがいない」と思い、ポケットに鋭いナイフを隠し持った。
  • 美女は伯爵の城で働いた。彼女は野獣の姿を見ることができなかった。
    夜の間に暗闇の一室で、彼女は野獣と話をした。彼女の思いとは裏腹に、野獣の声はとても穏やかで、彼女にたくさんのお金をくれた。
  • 日が過ぎると、心の中で欲望が鎌首をもたげた。
    「伯爵が死ねば、この城とその財産は私のものになる!」
  • ある日、彼女は日中の入室を禁じられている部屋に入った。
    そこで目にした伯爵の姿は恐ろしいものだった。
    数百の目、四つの足…… 彼は人間でも野獣でもなかった。
  • 美女は「この恐ろしい怪物を殺すことが世界にとっても良いことだ」と考えた。
    彼女は懐のナイフで野獣を刺した。
  • しかし、驚いたことに、野獣は笑い始めた。
  • 「何が可笑しいの?」その言葉が美女の口から出る前に、体が変化し始めた。
    数百の目、四つの足、彼女の肌から毛が生えてくる。ついには、彼女は刺された野獣の姿になった。
  • その瞬間から、城と財産は彼女のものになった。
  • ……こんな噂がある、伯爵の城に訪れたものは二度と帰ってこない。

フレーバーテキスト 編集

  • "美女と野獣は呪いを解放できる人を探している。"
  • "呪いは解放できない、ただ繰り返すだけ。"
  • "死は誕生の喜びの側面である。"
  • "美女と野獣は自身の恐ろしい姿を自分で破壊しようとしている。"

余談 編集

  • Beauty and the Beast's name is an obvious reference to the French fairy tale written by Gabrielle-Suzanne Barbot de Villeneuve.
  • Beauty and the Beast's eyes color probably were inherited by Beauty, who also had green eyes, mentioned in the encyclopedia entries.
  • The rumor claimed that all who entered the castle died, meaning it may be possible that something in Beauty and the Beast compels people enter to kill it, but the most probable reason is overwhelming greed to inherit the fortune, like in Beauty's story.

ギャラリー 編集


記事 "Beauty and the Beast"についてのお知らせ:
古いバージョンのこのページを探していますか?: Beauty and the Beast (Legacy)


"Beauty and the Beast" は最新版のゲーム(v0.1)の情報を取り扱っています。

ここの情報は新しいバージョンのゲームからのものです。最新のゲームプレイの変更を含みます。
  1. 転送 Beauty and the Beast (Legacy)

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。