FANDOM



システムの問題によりアブノーマリティのブラーが解除された場合は、直ちに管理人を処分する必要があります。

If any system issue deletes the blur from the Abnormality, we will have to sincerely think of how to deal with the manager.

- CENSORED

CENSORED(O-03-89、規制済み)は、『CENSORED』という文字が書かれた複数の赤いバーにより形作られた曖昧な姿を持つアブノーマリティです。

中央には高さのあるバーが一本そびえており、その周囲には一回り小さい幾つものバーが水平に広がり浮遊しています。

この奇妙な外観は仮の姿であり、アブノーマリティの本当の姿は『規制』され、封じられています。


特殊能力 編集

クリフォトカウンターが0になると、特殊能力が発動します。

以下の条件を満たすと、カウンターが変動します。

  1. 作業中の職員がパニックに陥る:カウンターが1つ減少
  2. 作業結果が悪い:カウンターが1つ減少
  3. 生贄』作業を実行する:カウンターが1つ回復

レベル4以下の職員に規制済みの作業を開始すると、入室した途端にパニックに陥ります
この場合、パニックに陥り(条件1)、結果が悪い状態で作業が中断する(条件2)ため、カウンターが0になります

規制済みへの作業リストには抑圧の代わりに『生贄』という特殊作業が用意されています。
生贄を選択すると、運命の輪と呼ばれるルーレット(無名の胎児と同じもの)が出現します。
その後プレイヤーは、生贄の実行/中止を選択します。

生贄を実行すると運命の輪が回転し、施設内のエージェントと事務員の中から犠牲者が1人選出されます。
選出は規制済みのいる部門の職員が優先されます。(要検証)
犠牲者は直ぐに規制済みの収容室へと向かい、入室した途端に殺害され生贄作業が完了します。
職員ランク4以下のエージェントが犠牲者に選ばれた場合、入室の際にパニックを起こすことはありません。

特殊能力が発動すると、収容違反を起こします
脱走時、規制済みの周囲のバーが変形し、規制済みは馬のような姿を形作ります。

脱走中の規制済みは大量のHPを持ち、施設内をゆっくりと徘徊します。
同じ部屋の職員に接近し、近接攻撃で職員に強いBLACKダメージを与えます。

規制済みの攻撃で職員のHPが尽きたとき、バーにより規制された領域を形成して職員を囲い込み、ビープ音と共に職員の血肉と臓器を撒き散らします。この光景を目撃した同室の職員はWHITEダメージを受けます
その後、職員から規制済みと同じバーで形成された『眷属』を生み出し、規制済みは馬のような姿に戻ります。

規制済みが職員の死体の上を通過するとドリルのような姿に変形し、死体を消費してHPを一定量回復します。

収容違反は、一日を終えるか鎮圧されるまで続きます。


眷属 編集

脱走中の規制済みが職員を攻撃してHPを0にすると、規制済みは職員から眷属を1体生み出します。
職員のMPが0になった場合、眷属にはならずパニックに陥ります。

眷属は規制済みとよく似ていますが、体力や攻撃力などの戦闘能力は本体よりも低いです。
眷属は施設内を徘徊し、同じ部屋の職員を見つけると接近し、近接攻撃でBLACKダメージを与えます。
規制済みの特別な能力を使用することはありません。

収容違反は、一日を終えるか鎮圧されるまで続きます。

由来 編集

その由来は現在明らかになっていません。

詳細 編集

規制済みは、洞察本能愛着抑圧の順に作業を好みます。

洞察には作業レベル4以下で高い以上の反応を示し、レベル5で普通の反応を示します。
本能には作業レベル3以下で高い以上の反応を示し、それ以外では普通の反応を示します。
愛着には作業レベル2以下で高い反応を示し、それ以外では普通以下の反応を示します。
抑圧には作業レベルに関わらず最低の反応を示します。

作業内容に関わらず、職員ランク4以下の職員は入室直後にパニックに陥るうえに、収容違反を起こします。
抑圧生贄に置き換わるため、マルクト戦以外では行うことができません。

他のアブノーマリティと同様に、エネルギー生成量は作業終了時のPE-BOXの数によって決まります。

規制済みの作業結果は、悪い、普通の2つのセクションに分かれています。
作業終了時のPE-BOXが0~16個だと悪い、17~32個だと普通の結果になります。
作業終了後の待機時間は約15秒で、クリフォトカウンターの初期値は2です。


開放可能な情報/アップグレード 編集

基本情報 (Cost: 30 PE Boxes)

アブノーマリティの名前、オブジェクト分類、危険レベル (ALEPH)、肖像、攻撃タイプ (BLACK 5 - 10)、
E-Boxeの容量 (32)、気分状態、クリフォトカウンターをアンロックします。


本能/洞察/愛着/抑圧 作業方法リスト (Cost: 10 PE Boxes)

各作業のレベルごとの成功確率をアンロックします。


管理方法 1/2/3/4 (Cost: 10 PE Boxes)

  • <管理方法 1>
    • 規制済みのクリフォトカウンターは「犠牲作業」によって1つ増やすことが可能である。 犠牲となる職員はルーレットにより選択する必要がある。
  • <管理方法 2>
    • レベル4以下の職員は、収容室内でアブノーマリティに遭遇した瞬間にパニックに陥った。
  • <管理方法 3>
    • 職員が収容室でパニックに陥った場合、クリフォトカウンターは減少した。
  • <管理方法 4>
    • 作業結果が悪かった場合、クリフォトカウンターが減少する。


脱走情報 (Cost: 30 PE Boxes)

脱走可能であるかの情報と属性耐性、クリフォトカウンターの最大値 (2) をアンロックします。
規制済みの属性耐性:
RED:耐性 (0.6) - WHITE:耐性 (0.8) - BLACK:耐性 (0.4) - PALE:普通 (1.0)
眷属の属性耐性:
RED:耐性 (0.8) - WHITE:弱点 (1.2) - BLACK:耐性 (0.5) - PALE:普通 (1.0)


作業 レベル 1
成功率
レベル 2
成功率
レベル 3
成功率
レベル 4
成功率
レベル 5
成功率
本能
Instinct
最高 高い 高い 普通 普通
洞察
Insight
最高 最高 高い 高い 普通
愛着
Attachment
高い 高い 普通 普通 低い
抑圧
Repression
生贄(最低) 生贄(最低) 生贄(最低) 生贄(最低) 生贄(最低)

観測レベル 編集

レベル 1 (1 セクション開放): 作業成功率 +3%

レベル 2 (2 セクション開放): 作業速度 +3

レベル 3 (3 セクション開放): 作業成功率 +3%

レベル 4 (すべての詳細の開放): 作業速度 +3

武器「CENSORED」をアンロックします。

ストーリー 編集

CENSOREDPortrait

規制済みの肖像

  • (規制済み)に対するすべての試験記録は、話者と聴者の両方に深刻な精神的汚染を引き起こします。したがって、(規制済み)の外見に関しての記録はいかなるものも許可されません。具体的な説明を含む音声記録および文書記録は、すべて削除する必要があります。
    上記作業の全記録は、レベル5以上の職員へ提出しなければなりません。


  • ランディ:
     あなたのような優秀な職員を収容室に送ることを申し訳なく思います。
     収容室へ向かう前に何か最後の言葉はありますか?
     勿論、最後の言葉と伝えましたが、もしものためのものにすぎません。

    (規制済み):
     まあ、仕方ない。自分は認識崩壊に対して最高レベルの抵抗力を持っているからな。
     若いころから免疫を持っていた。協調性がなく、普通ではないとよく言われたもんだ。
     けれど、俺がここに入社した時、その異常な能力が他の奴らを救うカギとなった。
     こんなこと、他のところじゃ経験することはできやしない。

    ランディ:
     もう一度伝えておきます。
     確かに、あなたの認識崩壊に対しての抵抗は最高レベルですが、それは人間の基準にすぎません。
     制御不能な思考を鎮める場合は、10数えてください。
     数も数えられない場合は、意図せずに吐き気を催していたり、呆然自失にあることでしょう。
     ここではない、どこか別の場所にいると想像してください。
     呼吸に集中して、憂鬱な気持ちには傾注しないように。
     それでも自身を制御できなくなった場合、直ぐに収容室から出る必要があります。

    (規制済み):
     いや、カウントは13からで充分だ。ランディ。

    ランディ:
     こちら側からは、即座に対応することはできません。すべてのカメラがオフの状態です。
     試験の終わりとともに声の録音だけが更新されます。あなたの無事を心配せざるを得ません。
     では、私がさっき言ったことを繰り返してみてください。

    (規制済み):
     中へ入る、作業はしない。
     共に入室した職員(規制済み)の仕事を観察するだけ。出来事すべてを記録する。
     (規制済み)が危険にさらされていても、特に指示もないから彼を救おうとはしない。
     これでいいか?

    ランディ:
     いいですね。
     では、10からカウントダウンします。続いて、この通信は切断されます。
     あなたに幸運を、成功のあらんことを。

    (規制済み):
     後悔はない。
     俺には「最後の」音声を残す機会があるだけ、他の奴らよりかなり幸運だと思っている。
     ああ、「最後」ってのはつまり...

    ランディ:
     そうです。あなたの記録は永遠に保管され、職員全員があなたを記憶することになるでしょう。
     3... 2... 1... 接続が終了しました。

    (規制済み):
      (中略)
     ランディ... これはまるで、ずっと前から存在していた、俺たちの(規制済み)のようだ...
     俺は... そうか、これを見られるのは俺だけだと忘れていた。
     (規制済み)と(規制済み)は... 奴らは増殖が可能なみたいだ。
     ああ、職員(規制済み)が(規制済み)になった... (規制済み)みたいだ...
     少し気分が悪くなってきたが、大丈夫だ...
     職員(規制済み)の(規制済み)から(規制済み)が出てきた...
     職員(規制済み)が(規制済み)のように叫び始めた... この叫び声は... 聞こえているか?
     これは、俺に(規制済み)を思い出させる...

      サウンド:(規制済み)----------------------------------------------------

     もう分かってる... これは俺たちの(規制済み)だ、それこそが(規制済み)が存在する理由だ...
     こんな最悪の光景、俺は今まで見たことない。
     俺は今身動きもできない、(規制済み)は俺を新たな宿主にふさわしいと見なしたみたいだ。
     こっちに向かって近づいてきている。レコーダーは、俺の(規制済み)に置くつもりだ...
     この記録が次の奴らの役に立つことを願っている...


  • 認識フィルタを採用した後でも、多くの管理人が正気を失いました。
    理由の半分が(規制済み)によるものです。
    認識フィルタを最高レベルまで上げて、管理人の認識能力を極力単純化しても、このアブノーマリティが視界に入り次第、それでも狂ってしまいます。
    私たちは管理人を盲目にすべきでしょうか? 私たちはジレンマに陥っています。
    ある職員は、巨大なぼかしでアブノーマリティを覆うことを提案しました。解決策はそれだけです。
    システムの問題によりアブノーマリティのぼかしが解除された場合は、直ちに管理人を処分する必要があります。

フレーバーテキスト 編集

  • "職員<Name>は(規制済み)に(規制済み)です。"
  • "職員<Name>は(規制済み)から(規制済み)を感じています。"
  • "(規制済み)している(規制済み)は... 何と、とても不快なものです。"

余談 編集

  • 規制済みは各種ステータスのランクではなく、総合的な職員レベルにより管理が制限される初のアブノーマリティである。

要検証 編集

  • 運命の輪について(無名の胎児と同じ仕様ならば収容部門内の職員が最優先で犠牲候補に挙げられます)
  • 脱走中の規制済みのステータスについて
  • 眷属のステータスについて

ギャラリー 編集

管理人、貴方にとって 規制済み はどのような存在ですか...?
 
17
 
25
 
8
 
11
 
11
 
614
 

この投票は 2018年4月5日 17:51 に作成され、これまでに686人が投票しました。

『 盲愛 』の感情を示す場合、管理人は精神汚染されています。精神治療の効果がない場合、処分も考慮すること。
他のアブノーマリティとの投票比較とそれに関するコメントはこちらから編集タブ横のコメントへ。