FANDOM



中央本部チームはロボトミーの中層を象徴します。
中央本部チームの上部と下部は礎の役割を果たしています。それは、施設を上部と下部に拡張することができます。上部と下部の部門との橋渡しとなる重要な場所です。
'
- 部門説明(中央本部第1チーム)
第1チームと第2チームが相互補完的にすべての部署を制御/監督し、より効率的な管理を研究する部門です。第2チームの職員は自らの審美的感覚を非常に誇りに思っています。毎朝何を着ていくかに長い時間を費やします。彼らはコントロールチームとの微妙ないざこざがあります。
'
- 部門説明(中央本部第2チーム)

中央本部チームは、プレイヤーが5番目に管理する部門です。
ゲームを21日目まで進行させることで、部門の管理が可能になります。

この部門は少々特殊で、上部(第1チーム)と下部(第2チーム)に分かれています。
初日は第1チームのみが開放されており、23日目まで進行させると第2チームが開放されます。
最大収容アブノーマリティは合わせて8体で、1日に2体のアブノーマリティを選択することになります。
部門を最大まで拡張すると、各チームに5名ずつ、最大で10名のエージェントを配置することが可能になります。

4層に分かれたメインルーム、4つの廊下の計8部屋で構成されています。
メインルームに存在するエレベーターは特殊な構造をしており、情報チーム下部の大部屋に接続しています。

部門の担当セフィラはティファレトです。


メインルームは部門中央部に存在する、4層に分かれた広い部屋です。
一日を始めたとき、職員たちはここから行動を開始します。
第1チームの職員は1層目のメインルームに、第2チームの職員は3層目のメインルームに配置されます。

中央本部チームのエージェントは、「T」という文字が書かれた橙色の腕章を着用しています。
第1チームのオフィサーは、白いシャツの上に黄色いスーツを羽織り、白いジャボを着用しています。
第2チームのオフィサーは、薄紅色のシャツの上に黄色いスーツを羽織り、黒いジャボを着用しています。

チームのメインカラーは橙色、もしくは黄金色です。

部門機能 編集

中央本部チームの部門機能は、管理の安定化に役立ちます。

オフィサー生存効果

クリフォト暴走警報の制限時間が増加します。
効果は、中央本部チームのオフィサーの生存割合によって変動します。
部門の全オフィサーが死亡またはパニックに陥った場合、オフィサー生存効果は無効になります。

  • レベル 3(生存割合 100%~80%):制限時間 +10秒
  • レベル 2(生存割合 79%~50%)  :制限時間 +6秒
  • レベル 1(生存割合 49%~30%)  :制限時間 +3秒


部門勤続効果

対象エージェントが中央本部チームに割り当てられている間、全能力が向上します。
効果は、部門の勤続日数に応じて強化されます。
エージェントを中央本部チームから外すと、部門勤続効果はレベル1にリセットされます。

  • チーフ(7日以上)  :全能力 +5
  • レベル 3(7日以上)  :全能力 +3
  • レベル 2(3日~6日):全能力 +2
  • レベル 1(1日~2日):全能力 +1

チーフになれるエージェントは、部門ごとに1名のみです。
チーフが死亡あるいは部門から外れると、別のエージェントが新たなチーフとなります。

ミッション 編集

ミッション1:実力の証明1

説明
「中央本部はではとにかくアブノーマリティを特定の場所に固定させてるの。
 時間が経つほどアブノーマリティたちはどんどん不安定になっていくの。
 今まで見てきたクリフォト暴走ゲージがそれを視覚化したものよ。
 私たちにも限界があるから問題なく仕事を終えなさいよ!」

達成条件:クリフォト暴走レベル8以下でクリア

アドバイス
普段通りの管理業務を行うだけで、問題なくクリアできるでしょう。


ミッション2:実力の証明2

説明
「暴走を押さえるには出来るだけ効率的な命令を出して作業回数を減らすことね!
 そうしないとアブノーマリティだけじゃなくて試練も溢れかえるわ!」

達成条件:クリフォト暴走レベル7以下でクリア

アドバイス
普段通りの管理業務を行うだけで、問題なくクリアできるでしょう。


ミッション3:実力の証明3

説明
「セフィラのマニュアルによると、有能な管理人はとても凄い業務効率記録を持っていたわ。
 今度の管理人はその記録を超えられるかしら?」

達成条件:クリフォト暴走レベル6以下でクリア

アドバイス
普段通りの管理業務を行うだけで、問題なくクリアできるでしょう。
クリフォト暴走を無視してエネルギーを流出させたり、エネルギー効率の低いアブノーマリティにばかり作業をしていると、達成できない可能性があります。


ミッション4:実力の証明4

説明
「ここしばらくの激務でティファレトの調子がよくないみたいね。
 というわけで今日はすぐに終わらせるのよ。
 内容はクリフォト暴走を起こした全てのアブノーマリティに作業すること。
 この仕事を完璧にこなせたら、あんたのことを管理人として認めてあげるわ。」

達成条件:クリフォト暴走を全て抑制してクリアする

アドバイス
発生したクリフォト暴走をすべて制限時間内に抑制する必要があります。
暴走した収容室を見逃さないように気を配ってください。

研究 編集

中央本部チームでは、最初の弾丸であるシールド弾の研究が可能です。
3つの研究が用意されています。

物理保護シールド:一定量のダメージを受けるまで、または一定時間が経過するまでREDダメージを無効化

「Rタイプの攻撃を一定時間吸収するシールドを取りつけます。
 他の種類の攻撃に対しては何の効果もありません。」

トラウマシールド:一定量のダメージを受けるまで、または一定時間が経過するまでWHITEダメージを無効化

「Wタイプの攻撃を一定時間吸収するシールドを取りつけます。
 他の種類の攻撃に対しては何の効果もありません。
 ターゲットの知覚を一時的に減少させ、外部からの精神的攻撃から保護します。」

浸食シールド:一定量のダメージを受けるまで、または一定時間が経過するまでBLACKダメージを無効化

「Bタイプの攻撃を一定時間吸収するシールドを取りつけます。
 他の種類の攻撃に対しては何の効果もありません。
 侵食の棘がターゲットに侵食するのを防ぐために、精神的なものを含む人間の脆弱な開口部を塞ぎます。
 ただし、シールド内部からのダメージを保護することはできません。」

余談 編集

  • 中央本部チームはすべての部門の中で唯一、上下2つの部門で構成されている。

ギャラリー 編集


記事 "Central Command Team"についてのお知らせ:
古いバージョンのこのページを探していますか?: Central Command Team (Legacy)


"Central Command Team" は最新版のゲーム(v0.1)の情報を取り扱っています。

ここの情報は新しいバージョンのゲームからのものです。最新のゲームプレイの変更を含みます。