FANDOM



何度も押してきましたが、
まだ知りたいことがあるんですか?

You've been pressing it for numerous times and you still have something you want to know about it?

- Don't Touch Me
Don't Touch Me(O-05-47、触れてはならない)は、中央に黒い帯状のストライプ模様のある黄色い箱型のアブノーマリティです。

中央部には「クリック」と書かれてあり、金属製の箱の上部には赤いゴム質[1]の大きなボタンがあります。また、箱には何度もスイッチが押されてきたことを示すような痕跡が残されています。[1]

特殊能力 編集

「何もするな」

"Oh No, Don't Do That"
触れてはならないは独立した複数の能力を持ちます。


収容している間、特殊能力が発動します。

  1. 収容室をクリック・ホイールする:施設内の全職員が死亡して即座にゲームオーバーになる
  2. 詳細ページを開こうとする
    画面全体に警告が表示されて施設内の全アブノーマリティのクリフォトカウンターが0に減少する
  3. 一定時間が経過する:他のアブノーマリティの姿やエフェクトを模倣する

条件1・2について、間隔を空けずに何度もクリックすると、画面が揺れて『押すな』と叫ぶ音声が流れます。
その後、反転したLobotomy Corporationのロゴが画面に現れゲームが強制終了します
この時自動セーブされるため、職員に装備させていたE.G.Oは失われてしまうことに留意してください。

条件3について、触れてはならないはプレイヤーを騙し触らせようと試みます。
収容室に表示される名前は(O-05-47、触れてはならない)のままなので、そこで識別が可能です。


②職員を各部門に配置する「配備フェイズ」でも、特殊能力が発動します。
触れてはならないの詳細を開こうとすると、ガラスの割れる音とともに画面全体にヒビが入ります
それは一日に3回まで触れることができ、画面のヒビは触れてはならないに触れるたびに酷くなっていきます。
一日の間に4回触れると、ゲームが強制終了して、名前・肖像・危険レベルの情報が開放されます

由来 編集

オールアラウンドヘルパーと同様、人工的に作られたものと考えられますが、起源は現在不明です。

内容なし

N/A

- Angela (Legacy)


詳細 編集

その特殊能力のため、詳細ページを確認することができません。

触れてはならないの収容室がどこにあるかを把握して、絶対にクリックしないように注意してください。

ストーリー 編集

Don'tTouchMeSpritePortrait

触れてはならないの肖像

前述の通り、詳細ページを開くことができません。
そのため現バージョンではストーリーを見ることができません。

そのストーリーはLegacy版で確認することができます。

  • 魅惑的な大きな赤いボタンのある箱型の機械です。
    その傍には古い走り書きが置かれています。
    そこには「このボタンを押してはならない。」と記されています。
    誰が書いたか不明ですが、ずっと以前の職員の1人と推測されています。
  • このアブノーマリティーの取り扱いは困難なものではない。
    にも関わらず、多くの職員がボタンを押したいという欲求に駆られる。
    中にはその衝動が強まりすぎて不眠症に陥っている職員もいた。
    初めは誇張表現だと思われていたが、この誘惑に苦しむ職員があまりにも多く、解決策が検討中である。
  • アブノーマリティーの定義の重要な側面の一つとして『自由意志』が存在する。
    この機械には周囲の人間に対しボタンを押したい欲求を与える能力があることが確かめられている。
    それゆえにアブノーマリティーとして分類されている。
  • ボタンが実際に押下された場合、予想もつかない何かが起こります。
    曰く、地域一帯を壊滅状態にする大災害が発生する、施設の底から溢れる虹色の光とともにユニコーンが空から降臨する、全てを焦土と化す巨大な起爆装置が施設の地下で作動するとも噂されている。
    これらの真偽を確かめる術はない。
  • また、誤操作を目論んでこのアブノーマリティーが巧妙に姿を変化させることにも注意が必要だ。


  • <ある職員の証言>

     私が正気に戻った時、そのボタンを危うく押してしまうところでした。
     他の職員が引き離してくれなかったら、きっと押してしまっていたでしょう。

    当職員は、さまざまな検査を経て異常なしと診断されたため、通常業務に復帰した。
    しかし、ボタンを押せなかったことを随分気に掛ける様子だったため、カウンセリングを受けている。


フレーバーテキスト 編集

  • (ねえ君、このボタンに触ってみたくないかい?)

余談 編集

  • 外見や能力から、元ネタはゲーム『Please Don't Touch Anything』と思われる。
  • 触れてはならないの収容室では、様々なアブノーマリティの専用エフェクトが表示される。
    その中には現バージョン未実装のアブノーマリティや未知のアブノーマリティのものもある。
  • 実装されているアブノーマリティで唯一、図鑑に記載されないアブノーマリティである。
    • 図鑑開放率100%のためには配備フェイズで能力を発動させる必要がある。(要検証)

参考文献:

  1. 1.0 1.1 Lobotomy Corporation Artbook

要検証 編集

以下の項目について情報が不足しています。記載情報に誤りの可能性があれば、コメントしてください。

ギャラリー 編集

触れてはならないの擬態
  • たった一つの罪と何百もの善に擬態
  • 幸せなテディに擬態
  • 歌う機械に擬態
  • 教育用ウサギロボに擬態
  • 擬態エフェクト1
  • 擬態エフェクト2
  • 擬態エフェクト3
  • 擬態エフェクト4
  • 擬態エフェクト5
  • 擬態エフェクト6
  • 擬態エフェクト7
  • 擬態エフェクト8
  • 擬態エフェクト9
配備フェイズで触れてはならないをクリック
  • 1回目
  • 2回目
  • 3回目
管理人、貴方にとって 触れてはならない はどのような存在ですか...?
 
5
 
4
 
170
 
11
 
81
 
29
 

この投票は 2018年4月5日 17:52 に作成され、これまでに300人が投票しました。

『 盲愛 』の感情を示す場合、管理人は精神汚染されています。精神治療の効果がない場合、処分も考慮すること。
他のアブノーマリティとの投票比較とそれに関するコメントはこちらから編集タブ横のコメントへ。


記事 "Don't Touch Me"についてのお知らせ:
古いバージョンのこのページを探していますか?: Don't Touch Me (Legacy)


"Don't Touch Me" は最新版のゲーム(v0.1)の情報を取り扱っています。

ここの情報は新しいバージョンのゲームからのものです。最新のゲームプレイの変更を含みます。