FANDOM



"聖歌は常に詠唱者の永遠の絶望で終わる。"
- Abnormality Log


Flesh Idol(T-09-79、肉の偶像)は、中心部に肉や鉄くずの塊を有する、背の高い錆びた十字架の形状をしたWAWクラスのツール型アブノーマリティです。

誰かが詠唱を始めるとそれは反応を示し、肉塊が脈動すると言われています。

情報 編集

特殊能力 編集

肉の偶像の能力は、職員が使用したときに発動します。

使用すると職員は跪いて詠唱を始めます。
詠唱中、職員はランダムな属性による7ポイントの固定ダメージを受け続けます。

ツールの使用を中止すると職員は詠唱を止めます。
そのとき、詠唱を行った時間に応じて異なる効果が発動します。

  • 詠唱を20秒未満で終えた場合
    詠唱者は死亡する。
  • 詠唱を21秒~45秒で終えた場合
    詠唱者以外の全職員のHPが回復する。
  • 詠唱を46秒~90秒で終えた場合
    詠唱者以外の全職員のHPと、詠唱者のMPが回復する。
  • 詠唱時間が90秒を超えた場合
    詠唱者は死亡し、施設内の全アブノーマリティのクリフォトカウンターが0になる。

使用中はいつでも中断することができ、その場合詠唱時間はリセットされます。


基本情報 編集

FleshIdolPortrait

肉の偶像の肖像

肉の偶像の基本情報は、ツールを30秒間使用すると開放されます。

  • アブノーマリティの名前
  • 分類番号
  • リスクレベル(WAW)
  • 肖像
  • 使用タイプ(継続使用)


由来 編集

詳しい由来は明らかになっていませんが、とある宗教やカルト集団の崇拝の対象であったと推測されています。
それはどこかの「洪水現場」で発見されました。

記録と使い方 編集

開放条件
記録
使い方
30秒使用
肉と鉄の混合物の塊。
肉の偶像の効果は詠唱することによって作用させることができる。"肉の偶像"に祈る被験者は、ランダムなタイプのダメージを負う。
30秒使用
宗教的なものであったと推測されているこの遺物は、浸水した区画から発見されました。過去には特定の宗教のものであったと考える人もいます。職員がこれを唱えると、肉が応答するかのように動き始めます。
<実験 1>
被験者は20秒以下の詠唱を行った。被験者は死亡した。
1分使用
詠唱を行った人物は、まるで試練を受けるかのように苦しむが、彼以外のすべての人々は、まるで天からの恵みのように体力と精神力 を回復します。
<実験 2>
被験者は21~45秒の詠唱を行った。被験者以外の全ての職員は、時間経過とともに体力を回復した。
2分使用
そして、聖歌は常に唱える人の永遠の絶望で終わります。
<実験 3>
被験者は46~90秒の詠唱を行った。結果は実験2と同様であったが、対象は精神力を回復した。
3分使用
<実験 4>
被験者は90秒以上の詠唱を行った。被験者は死亡し、全てのアブノーマリティーのクリフォトカウントが0に減少した。

余談 編集

  • 肉の偶像は、すべての属性によるダメージを与えることができる初のアブノーマリティである。

ギャラリー 編集