FANDOM



"黄昏のハンマーはこのように、シンプルなアブノーマリティです。それはあなたに与えたのと同じくらい多くのものを奪います。あなたはそれに、どんな対価を支払いましたか?"
- Angela

"$0 [Hammer of Light] is such a simple abnormality. It takes as much it gave to you. What price did you pay to it?"
- Angela

黄昏のハンマー(O-05-48-Z)は神々しい巨大な槌です。全体が白く、頭部には黄色いルーン文字が書かれており、アブノーマリティに対して大きなダメージを与えることが可能です。施設が落ち着いているとき、巨大な鎖とルーン文字が書かれた錠前がハンマーを閉ざしているため、通常は部屋にアクセスすることはできません。

The Hammer of Light (O-05-48-Z) is a large, heavenly sledgehammer that cannot be accessed under normal circumstances. Both its handle and head are white. On the head, there is yellow runic writing. It is capable of deal great damage to Abnormalities. When the facility is calm, the room cannot be accessed, as large chains and a lock with runic writing on it will keep the hammer locked.

特殊能力/Ability 編集

このハンマーの特殊能力は"黄昏"で、施設のパニックレベルが2レベルになると活性化します。鎖と錠前は消え、ハンマーが輝きます。プレーヤーの指示によりハンマーを手にした従業員は、白い姿に超人化します。彼らは自身を複製し、収容違反を鎮圧します。彼らはときにテレポートをし、付近のアブノーマリティを攻撃します。しかしパニックが収まると、彼らは砂となり死亡します。

Its special ability, "Evening Twilight", can be activated during a panic level 2 situation in the facility. When the ability can be used, the lock and chains will disappear from the containment unit, and the hammer will be glowing. The player can then order a special task, which will cause the assigned employee to pick up the Abnormality and become a powerful being, changing their appearance to a white, featureless, humanoid warrior. They will create duplicates to suppress the breaching Abnormalities. The enlighten warriors will attack nearby Abnormalities and teleport to where they are. However, when the panic situation ends, the buffed employee will turn into sand, be considered dead, and no longer be usable.

起源/Origin 編集

現在、このアブノーマリティの起源は不明です。

The exact details of its origin are currently unknown.

ルーン文字や事態が終末に近づくと使用できること、使用した後に死亡するなどの特徴から、このアブノーマリティは北欧神話ラグナロク(神々の黄昏)にて使用された、トールハンマー(ミョルニル)と何か関係があると思われます。

管理方法/Caretaking 編集

黄昏のハンマーは交信作業を好み、栄養作業、清掃作業、娯楽作業では変化がなく、暴力作業を嫌います。しかし危機の際のみロックが外れるため、平時にこれら作業を行うことはできません。

また、ハンマーは気分によらず、常に一定量のエネルギーを生産します。

The Hammer of Light likes consensus work. It doesn't care for nutrition, cleanliness, or amusements, and hates violence. However, none of these activities can be performed when the facility is in peace, as its containment unit only unlocks when danger is present.

Hammer of Light will always produce the same amount of energy in any mood.

  • 施設が平和なとき、黄昏のハンマーの収容室にはアクセスできない。
  • 黄昏のハンマーの封印は、非常事態にのみ破られる。
  • 職員████は黄昏のハンマーの収容室に入ったときに、ハンマーを拾い上げた。
  • 職員████がハンマーを拾い上げた時 ハンマーを持つ他の存在がどこからともなく出現した。
  • ハンマーと合体した職員は、命令できず、傷つけられなかった。
  • 状況が落ち着くと、職員████を含むすべての人が姿を消した。
  • "Hammer of Light's room cannot be accessed when the facility is in peace."
  • "Hammer of Light's seal is broken only in emergency."
  • "Employee <name> picked up the hammer when he/she was sent to room of Hammer of Light, which shining."
  • "When employee <name> picked up the hammer, other being with hammers appeared out of nowhere."
  • "An employee merged with the hammer couldn't be ordered or harmed."
  • "When the situation settled down, everyone, including employee <name>, disappeared."

Final Observation/最終観測編集

::Dialogue::

私は世界で最も不幸な男でした。
世界の全てが私の人生を破滅させました。
私にはこの運命を変える力はなかった。
いつだったか、誰かが私に申し出ました。
「あなたがそれを受け入れるなら、あなたの世界の全てが変わるでしょう」
それは本当に魅力的な言葉だった。私が望むことの全てが叶うという意味でした。
I was the unluckiest man in the world.
Everything around me did nothing but ruining my life.
But I had no power to change this fate.
Someday, someone made an offer to me.
"If you accept it, your whole world will change."
Such a tempting offer. I would become something that I could only hope to be.

申し出を受け入れる
Accept the offer
私は申し出を受け入れ、対価を支払った。
ハンマーは輝いた。
I accepted the offer and paid the price.


$0 shined.

OBSERVATION SUCCESS

エンサイクロペディア説明/Encyclopedia Description 編集

Hmaaer of light.png

Hammer of Light's encyclopedia portrait

  • 巨大なハンマーが鎖で巻かれている。通常、鎖できつく縛られているので、ハンマーを持ち上げることは不可能である。これらの鎖はアブノーマリティの一部である可能性が高い。適切な状況が訪れると鎖が緩められる。この事から、鎖の目的はハンマーを使用する適切な時を知らせることであり、繋ぎ止めることではない。
  • ████は貧しい職員だった。彼は不器用だが勤勉だった。彼は常に会社に貢献しようとしていた。ある日、大規模な脱走が起こった、彼は黄昏のハンマーの鎖がいつもより緩くなっていることに気がついた。████はハンマーを持ち上げた。彼を止めることはできなかった。彼の目はどこも見ていなかった。体から白い炎が燃え上がった。炎が彼をほとんど燃やしたにもかかわらず、彼は苦痛を感じていなかった。彼はついにこの状況を終わらせた。私は彼を抱き締めるために彼の肩に触れた瞬間、彼は浜辺の白い砂のように散った。
  • 誰もが彼を英雄と呼んだ。彼への称賛が止むことはなかった。しかし、私は████を知っている。あれは彼の意志でなかった。彼がハンマーにさわった瞬間、彼の魂は捧げられた。私はアブノーマリティが████を生贄として捧げたのだと説明した、しかし、誰も私の話を聞かなかった。その日から、誰もそのハンマーを持ち上げることができなかった。おそらく、ハンマーは再び「混沌」と「英雄」が現れるのを待っているのだろう……
  • "Huge hammer coiled around with chain. Normally, it is impossible to lift the hammer because the chains are binding it tightly. These chains are likely to be part of the abnormality. When the proper situation comes, the chains are loosened. Thus, these chains' purpose is to telling a right time to use the hammer, not to lock it."
  • "poor employee <name>. He was clumsy but diligent. He always tried to contribute to the company. One day, when "a" massive breakout happened, he found that Hammer of Light's chains are loose then usual. <name> lifted the hammer. Nothing could stop him. his eyes was looking at nowhere. White flames blazed from his body. he didn't seem painful even though the flame almost consumed him. He finally ended the situation. When I touched his shoulder to hug him, he crushed like a white sand on a beach."
  • "Everybody called him hero, never stopped praising him. But I know <name>. It was not his will. The moment his touched the hammer, his soul was eaten by it. I tried to explain how that abnormality sacrificed <name> but no one listen to me. since that day, no one has been able to pick up that hammer. maybe it's waiting for another "chaos" and "hero" to appear..."

観察 /Flavour Text 編集

  • 長い間、日の目を見ない囚人のように鎖でつながれたハンマーがある。
  • 鎖はハンマーをしっかりと縛っているので、誰もそれを持ち上げることができない。
  • 職員████は、黄昏のハンマーを管理しながら会社で働くことに恥辱を感じている。
  • ████は黄昏のハンマーを繋いでいる鎖に興味がある。
  • ████はこの鎖から解放される日を待っている。
  • ハンマーと鎖は切り離せない。それは一つのアブノーマリティである。
  • それは想像もできないダンジョンに置かれているかのような異様な感覚を与える。
  • それは鎖につながれているので安全だと思われる。
  • "There is a hammer, chained like a prisoner who haven't see sunlight for a long time."
  • "Chains are binding the hammer tightly to make sure no one can lift it."
  • "Employee <name> feels shame for working for the company while managing Hammer of light."
  • "<Name> is curious about the chains binding Hammer of light."
  • "Hammer of light waits for the day to be free from these chains."
  • "The hammer and the chains are not separated. They are one abnormality."
  • "It gives a sense of extraordinariness as if it should be placed in fantastical dungeon."
  • "It seems safe, for it is chained."

豆知識/ Trivia 編集

  • ハンマーに書かれたルーン文字を直訳すると"sakrifike"となります。これは犠牲(sacrifice)のスペルミスである可能性が高いです。
    • パニック時のみ開放されるので、この訳は合っているでしょう。ハンマーと関わるため、使うためには施設の安全を犠牲にしなければならないのですから。
  • 黄昏のハンマーの部屋を開けるには、触れてはならないとチェックポイントを併用するのが早いです。ハンマーとのやりとりに満足したら、チェックポイントからロードしましょう。
  • The runic writing on the Hammer of Light's seal directly translates to "sakrifike". It's highly likely that this is a misspelling of the word "sacrifice".
    • The translation is fitting since the Abnormality's containment cell will only open during a panic situation. Therefore, you must "sacrifice" your facility's safety in order to interact with it, and an employee in order to use it.
  • The best way to open Hammer of Light's room is to have Don't Touch Me and a checkpoint. Click Don't Touch Me in the encyclopedia or observation button to immediately drop the mood of all the Abnormalities in the facility. This will create a panic event as soon Abnormalities start to escape. Load your checkpoint once you feel satisfied with the interactions with Hammer of Light.
    • Alternatively, you can just wait until some abnormalities start to escape if you don't have Don't Touch Me.

バグ/Bugs 編集

  • 一度にハンマーを二回使えることがある。そのとき両者の従業員は互いを敵と認識し、殺してしまう
  • 光の戦士となった従業員がダメージを受けないことがある
  • It's possible to, on some occasions, use the ability twice in the same panic scenario. However, both employees using the hammer will count one another as a threat, and attempt to kill one another.
  • Sometimes, when using the Hammer of Light, the warriors will not do any damage at all.

Gallery 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki