FANDOM



"おとぎ話に隠された物語について知っていますか?実は森にいた鳥は3羽だけではないのです。
いつか機会があれば、壊れゆく森から逃げて行った他の鳥についても話してみましょう。"
- Angela

"Do you know about the secrets of the fairy tale? Actually, there were more birds than the three birds. If the chance ever comes, we shall talk about those other birds that fled from that crumbling forest."
- Angela

審判鳥(O-02-62-H 別名:長鳥)は鳥型のアブノーマリティである。

その姿は高身長で異常なほど長く痩せこけており、球状の体は黒い羽根に覆われている。 頭部は包帯状の物で覆われており、その側面から先端の赤い2つの小さな羽が付いている。首には黄金の天秤がぶら下がっているが、それは傾いている。

Judgement Bird (O-02-62-H), also know as "Long Bird", is a tall bird [[1]] with long skinny limbs and neck, with a spherical body covered with black feathers along his arms/wings. His head is covered by bandages and he has 2 small white wings of red tips on the sides of his head. His neck holds a golden balance, which tips to one side.

特殊能力/Ability 編集

審判鳥の能力は「審判」です。気分値が最低のとき、、または審判鳥と同じ部門のアブノーマリティの半分以上が不機嫌なときに発動します。

条件のどちらか1つが満たされると、審判鳥は脱走します。あてもなく施設をさまよい歩き、黄金の天秤を掴むためにその場に止まります。輝きののち、無作為に選ばれた同室する職員に、黄金の天秤が現れます。

天秤が現れた職員はすべての行動を停止し、その場に止まります。審判鳥はその職員に近づくと、彼を絞首刑に処します。審判鳥を攻撃することはできず、また気絶させるような攻撃でも審判鳥の動きを止めることはできません。


His ability is "Judgement", which is triggered when his mood is depleted or when more than half of the Abnormalities in the same department as Judgement Bird are in a bad mood. He will breach once one of the conditions are met. Judgement Bird will roam through the facility aimlessly, stopping to hold his golden balance for a moment, and after a gleam, random employees in the same room will be marked with a golden balance above them.

The employees under Judgement Bird's balance will stop all actions and stand still in their current spot. Judgement Bird will walk towards them, and when reaching a marked employee, he will raise them up with a pole, hanging them, killing them instantly. Judgement Bird cannot attack, and his movements can't be stopped by stunning attacks.

起源/Origin 編集

長鳥はもともとは黒い森の監視者として、 大鳥罰鳥 と暮らしていました。預言を聞いてからというもの、公正な裁判官として生き物から森を守るため、罪を測る黄金の天秤を使用していました。しかし、誰かが言ったのです。「もしも天秤が傾かなかったら?」と。不安になった長鳥は、常に天秤を傾けておき、いかなる場合でも結果が得られるようにしました。長鳥はすべてを見通すかがやく目も持っていましたが、大鳥が森を守るのを助けるために、自身の眼球をさし出しました。ぼろ布で目を覆ってからも、まだ森を守りたいと思っていました。しばらく経つと、その艶やかな羽は日に焼け、色褪せてしまいました。しかし時が経つにつれ、森はくらやみや悪い噂、日々の諍いに満ち始めました。解決のために、三羽の鳥は森を守ろうと力をあわせ、新たな となりました。それは新たな混沌を引き起こし、すべての生き物はそれを恐れて逃げ出しました。彼らがいつ、また三羽に別れることにしたかは分かりません。

その果てに、おそらく暗闇と後悔に因るものでしょう、長鳥のもとには不公平に傾き続ける天秤だけが残りました。それは審判鳥となり、そして今も審判を続けています。

審判鳥がどのように発見され、どのように施設に到着したのかは不明です。


He used to be a sentinel of the Black Forest, where he was living with Big Bird and Punishing Bird; after hearing a prophecy, and also being a fair judge, using his golden balance to measure the sins to protect the forest from the creatures to keep peace. But someone said, "What if the scales don't tip to any direction?". He became worried, so he made that the balance only tip to one direction, to get the result in any circumstance. He used to have sparkling eyes which he could use to see through everything, but at one point, he gave his eyes to Big Bird to help him protect the forest. Long Bird covered his own eyes with ragged bandages, but still wanted to protect the forest, and after some time, he began to lose his glossy feathers due to the sunlight. But as time progressed, the forest where he was living started to become saturated by darkness, bad rumors, and daily fights. As a solution, the three birds merged their strengths to become a new bird to protect the forest, but it caused chaos instead, making all the creatures to leave in fear of the forest. Is unknown when they decided to separate from themselves.

At the end, he was just left with an unfair balance, which always tips to one side; probably because of the darkness and regret. He became Judgement Bird afterwards and never stopped judging.

Where Judgement Bird was found and how he arrived to the facility is unknown.

管理方法/Caretaking 編集

審判鳥は交信作業に最上の反応を示し、栄養作業と清掃作業を好みます。娯楽作業はニュートラルで、暴力作業を嫌います。

多くのアブノーマリティと同じく、上機嫌や中立時にエネルギーを発し、不機嫌時にエネルギーを消費します。

審判鳥の気分ゲージは不機嫌、中立、上機嫌に分かれています。15%以下で不機嫌に、15から70%で通常に、70%以上で上機嫌になります。

  • 審判鳥は気分値が0になると収容室から逃走した。
  • 審判鳥が収容された部署のアブノーマリティの半分以上が気分値の低い状態になった時、審判鳥の収容違反が発生した。

Judgement Bird responds best to consensus, likes nutrition and cleanliness, hates violence and is neutral against amusement.

Like all Abnormalities, its energy output changes depending on its mood. It produces a large amount of energy when happy, a moderate amount when neutral and drains a moderate amount of energy when distressed.

Judgement Bird's mood gauge is divided into 3 sections, distressed, neutral and happy. Under the 15%, he will feel distressed, between 15% and 70%, he will be neutral; and above 70%, he will feel happy.

  • "Long Bird escaped the containment room when the mood value reached zero."
  • "More than half of the Abnormalities in the department which Judgement Bird is isolated showed bad moods. Then Judgement Bird escaped from the containment room."

観測結果/Observations 編集

Observation Statistics
観測レベル
Observation Level
作業成功率
Work Success Rate
気分値減少率
Mood Decrease Rate
基礎気分値
Basic Mood Rating

公開済み特殊能力数
Unlocked Ability Entries (Total)

公開済み説明数
Unlocked Encyclopedia Entries (Total)

嗜好について得られること
Preferences Learned
エネルギー生産量について得られること
Energy Production Learned
0 +0% -0% 55% 0 0 None None
1 +10% -15% 55% 1 名前&姿&危険レベル
1 + Abnormality Name + Portrait + Risk Level
好む:栄養、普通:娯楽
Likes: Nutrition Neutral: Amusement

上機嫌、中立時エネルギー生産
Happy/ Neutral: Moderate+ Distressed: Moderate-

2 +10% -30% 55% 2 + 名前/Name 2 + 真名/Real Name 好む:清掃
Likes: Cleanliness
上機嫌でエネルギー量大
Happy: Large+
3 +20% -30% 55% 2 3 最も好む:交信、嫌う:暴力
Loves: Consensus Hates: Violence
なし/None
4 +30% -40% 55% 2 7 なし/None なし/None

最終観測/Final Observation編集

::Dialogue::
森に住んでいた長鳥は、森の生き物たちが怪物に食べられてしまうのを放っておけなかった。
最初の目的は純粋だったと思う。
最初の目的は純粋だったと思う。
森は徐々に闇に呑まれていった。
時は思い出と共に後悔に染まっていく。
Long Bird who lived in the forest didn't want to let creatures to be eaten by monsters.
His initial goal was pure, at least.
The forest began to be saturated by darkness.
The time is being saturated by memories and regrets
Leave him be Console the bird
長鳥は目が無くともあなたを凝視する。
おそらく罪の重さを測っているだろう。
Long Bird sees through you, even though he is blind.
He is weighing your sins.
長鳥は、幾多の時を共にした天秤を下ろした。
長い長い審判が終わる時だ。
『永遠に片方に傾く天秤』を手にしていた。
長鳥は少しずつ怪物の秘密を悟っている。
そして、待つだろう。二度とは戻らぬ彼らの森を。
Long Bird put down his scales, that had been with him for a long time.
The long-lasting judgement finally ends.
Obtained "The scales that used to tip to only one direction"
Long Bird slowly realizes the secrets behind the monster.
And he waits. For the forest that he will never take back.
OBSERVATION FAIL OBSERVATION SUCCESS

エンサイクロペディア説明 /Encyclopedia Description 編集

JudgementBirdSpritePortrait.png

Judgement Bird's encyclopedia portrait

  • 暗い森の中で不公平な天秤を持ち歩き、生き物たちを裁いてきた鳥です。
  • 天秤はいつも片方に傾きますが、目が塞がれているためその事に気づいていません。もしかすると、知っていて知らないふりをしているのかもしれません。
  • 元々は公平な審判者だった。彼の天秤はどんな罪の重さでも見逃さなかった。
  • 長鳥は森の平和を守るために、どんな罪でも測れる天秤を作りました。
  • 長鳥の目は何でも見抜くことができました。その目は夜空の星のようにいつも輝いていました。しかし、森を守るために長鳥はその目を大鳥に渡しました。今では目があるべき場所に何もない空間だけがあります。
  • 包帯は今すぐにでも破れそうにボロボロである。彼もまた輝く羽に覆われていたが、長い間太陽の光を浴びなかった結果、羽は消えてしまった。
  • 残ったのは不公平な天秤だけである。長鳥の審判は決して止まらない。
  • "A bird that were judging creatures with unfair scales."
  • "The scales always tip to only one direction, but Long Bird can't see it because its eyes are covered. Perhaps, it is avoiding from looking."
  • "In fact, Long Bird was once a fair and just judge. His scales could weigh any kind of sin impartially."
  • "Long Bird made scales that can measure the weight of sins to protect the forest."
  • "Long Bird's eyes once could see through everything. His eyes sparkled like the stars in the night sky. But Long Bird gave them to Big Bird to protect the forest. Now, only void remains in place where his eyes should be."
  • "The bandages are ragged. His body was once covered in glossy feathers, but due to the long lack of exposure to sunlight, they are gone."
  • "Now, all that is left to him are unfair scales. Long Bird never ceases judging."

観察 /Flavour Text 編集

  • 我たちの間では『審判の鳥を決して忘れるな。それはどれほど時間が掛かろうとも必ずあなたの元にやってくる』と言われています。
  • もしかすると既にあなたの家に来ているかもしれません。
  • 許しのない世界に生きる我らの魂を御納め、御救いください。
  • 長鳥は森の番人でした。森を守ろうとする心が強すぎるあまり、一番大事なものを見失いました。
  • それから森には真っ暗な夜だけが続くようになりました。
  • 元より人は卑怯であるため自らの魂を救うことはできない。ゆえに長鳥が私たちの元にやって来たのです。
  • 自身の過ちを自分で悟れるものは極少数しかいません。長鳥の天秤はこれを代行します。
  • 長鳥は決して焦らない。
  • "One proverb says, "Never forget the bird of judgmenet. He will come to you no matter how long it takes.'"
  • "Perhaps he is in your house right now."
  • "We, living in the world without forgiveness, seek redemption as we dedicate our souls."
  • "Long Bird was a sentinel of the forest, but overlooked something important because his will to protect the forest was too strong."
  • "Only cold, dark night continued from then."
  • "A human being is inherently cunning; he can't save himself. That is why Long Bird has come to us."
  • "Only few can understand what themselves are. Long Bird helps you to do so."
  • "Long Bird is never agitated."

豆知識/ Trivia 編集

  • Lobotomy Corporationのトレーラービデオを見ると、当時未発表だった多くのアブノーマリティに交じって、終わり付近に審判鳥が登場している。
  • 審判鳥を含む三羽の鳥は、他のアブノーマリティをイベントとして呼び寄せられる最初のアブノーマリティである。
  • 審判鳥は、他のアブノーマリティのストーリーに絡むアブノーマリティの一つである。大鳥の説明や、Angelaの罰鳥の引用。
  • Judgement Bird appeared in the teaser trailer, for a short scene near the end of the video, along with other unreleased Abnormalities at the time.
  • Judgement Bird, Big Bird and Punishing Bird are the first Abnormalities to summon another Abnormality by an event.
  • Judgement Bird is one of the Abnormalities that include some story about other Abnormalities: Big Bird through his encyclopedia entries and Punishing Bird by Angela's quote.

Gallery 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki