FANDOM



"だから私はとっても素敵なアイデアを思い付いたの!"
- Laetitia


Laetitia(O-01-67、レティシア)は、A Shy Kid(恥ずかしがり屋の子供)とも呼ばれる人型アブノーマリティです。
それは先端が赤くなった灰色の髪と赤色の瞳が特徴的な、肌の白い小さな少女の姿をしています。

彼女は首元に赤い大きなリボンのついたドレスを着て、赤いボンネットを被っています。頭の後ろには金色の鈴が二つ付いています。足元には黒い靴下と、赤いペアシューズを着用しています。

彼女は機械人形のようにぎこちなく動きます。
作業中の収容室ではオルゴールの音を聞くことができます。


特殊能力 編集

作業結果が普通だった場合、彼女の特殊能力が発動します。

特殊能力が発動すると、彼女は作業を終えた職員にハートの形をしたギフトを贈ります。
ギフトは職員を追うように動き、職員に追いつくと、職員の頭上に留まります。
このギフトは、職員のステータスを変動させることはありません。

ギフトを持った職員に、レティシアではないアブノーマリティの作業を命令すると、収容室へ向かう途中で全身が破裂して即死します。その瞬間、職員の死体から虹色の蜘蛛のような姿をした怪物が出現します。

プレイヤーがすぐに作業をキャンセルした場合は、職員は死亡しません。
ギフトは一日の終わりに消滅します。

由来 編集

彼女の由来については現在明らかになっていません。

詳細 編集

レティシアは、上から愛着、本能と洞察、抑圧の順に作業を好みます。

愛着作業に対しては、その作業レベルに関わらず良い反応を示します。
本能と洞察作業に対しては、その作業レベルに関わらず普通の反応を示します。
抑圧作業に対しては、その作業レベルに関わらず最悪の反応を示します。

他のアブノーマリティと同様に、エネルギー生成量は作業終了時のPE-BOXの数によって決まります。

レティシアの作業結果は、悪い、普通、良いの3つのセクションに分かれています。
作業終了時のPE-BOXが0~6個だと悪い結果になり、7~10個だと普通、そして11~16個だと良い結果になります。 作業終了後の待機時間は約10秒で、最大作業回数は4回です。


開放可能な情報/アップグレード 編集

基本情報 (Cost: 16 PE Boxes)

アブノーマリティの名前、オブジェクトクラス、リスクレベル(HE)、肖像、攻撃タイプ(Black 2 - 4)、
E-Boxeの容量 (16)と彼らの気分の状態を解放し、表示します。


本能/洞察/愛着/抑圧 作業方法リスト (Cost: 5 PE Boxes)

各作業のレベルごとの成功確率をアンロックします。


管理方法 1/2/3 (Cost: 6 PE Boxes)

  • <管理方法 1>
    • 作業結果が普通の時、レティシアは<name>に贈り物を渡した。
  • <管理方法 2>
    • レティシアの代わりに、<name>に他のアブノーマリティの作業が割り当てられると、<name>が██████により破裂した。
  • <管理方法 3>
    • ██████が生まれる前に割り当てをキャンセルすれば、職員に特別なことは何も起こらない。


適切な防衛 (Cost: 16 PE Boxes)

アブノーマリティが脱走可能かどうかの情報:"脱走しないオブジェクトです"
収容違反時の耐性:
Red: 普通 (1.0) - White: 普通 (1.0) - Black: 普通 (1.0) - Pale: 普通 (1.0)
※レティシア自体は脱走しませんが、その特殊能力により「Little Witch Monster」というアブノーマリティを生み出します。上記の耐性は「Little Witch Monster」のものです。


作業 レベル 1
成功率
レベル 2
成功率
レベル 3
成功率
レベル 4
成功率
レベル 5
成功率
Instinct
"普通" "普通" "普通" "普通" "普通"
Insight
"普通" "普通" "普通" "普通" "普通"
Attachment
"高い" "高い" "高い" "高い" "高い"
Repression
"最低" "最低" "最低" "最低" "最低"

観測レベル 編集

レベル 1 (1 セクション開放): 作業速度 +4

レベル 2 (2 セクション開放): 作業成功率 +4%

レベル 3 (3 セクション開放): 作業速度 +4

レベル 4 (すべての詳細の開放): 作業成功率 +4%

防護服・武器「Laetitia」の開放

ストーリー 編集

LaetitiaSpritePortrait

レティシアの肖像

  • それは子供のような大きさをしていて、常に明るい笑顔を浮かべています。……そして、彼女はとても可愛らしいです。


  • みんな私のことをおちびちゃんって呼ぶの。小さくて可愛い女の子って意味らしいよ!
  • 私はとっても遠いところから来たの!そして、お気に入りの人を見つけたら、手作りの贈り物をあげるの。贈り物の中身は秘密だよ!
  • もう一つすごい秘密があるんだけどね、私はイタズラをいっぱい考えてるの!私には友達がたくさんいたのに、一緒にここへ連れてきちゃいけないって言われたの。だから私は、とっても素敵なアイデアを思い付いたの!
  • 私の友達を箱に隠して、それをみんなにプレゼントするの。
    みんなきっと驚いてくれるよね!そしてみんなが私のイタズラで笑顔になるの!
    あ、秘密だったのにぜんぶ喋っちゃった。
  • ここでもたくさんの友達ができたらいいな!
    私は恥ずかしがり屋だから、贈り物のことは秘密にしてね!
  • みんなともっと一緒に遊びたいな!だってみんな笑顔じゃないもの。暗い顔してる!
    私はここを笑顔でいっぱいにするまで、ここにいることにしたの!
    私のイタズラでみんな笑顔になってくれたら嬉しいな!

フレーバーテキスト 編集

  • 恥ずかしがり屋の子どものレティシアは<name>に驚くような贈り物を手渡すかもしれません。
  • 真心のこもったこの贈り物で職員<name>が喜ぶことを望んでいます。
  • 職員たちはこの小さくて大切な贈り物に感謝します。
  • レティシアの「友達」はギフトの中に眠ったまま受取人を待っています。

余談 編集

  • レティシアは、Legacyバージョンが終了してからは初の新規アブノーマリティです。

ギャラリー 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。