FANDOM




"あの野郎の首を私のベッドの上にぶら下げてやる。
それだけで、私は悪夢を見ることなく眠ることができる。"

- Little Red Riding Hooded Mercenary


Little Red Riding Hooded Mercenary(F-01-57、赤ずきんの傭兵)は略称として赤ずきんとも呼ばれる、人間によく似たアブノーマリティです。

彼女は暗い服を着た黄色の目の女性で、目元まで覆う赤いフードを着用しています。彼女の身体にはいくつかの傷跡が見られ、戦闘では短い黒い斧や鎌、銃やピストルを用います。

彼女は、現時点で判明している対戦相手を持つ2体のアブノーマリティのうちの1つであり、彼女の対戦相手は大きくて悪いオオカミです。

特殊能力 編集

彼女の特殊能力は、クリフォトカウンターが0になった瞬間に、もしくは依頼作業を実行した場合に発動します。
カウントの値は以下の条件を満たすと減少します。

  • アブノーマリティが脱走する:
    カウントが1つ減少します。
  • 大きくて悪いオオカミへの作業を終えた職員が作業を行う:
    カウントが1つ減少します。
  • 彼女の収容室周辺で、大きくて悪いオオカミが咆哮する:
    クリフォトカウンターが0に減少し、即座に収容違反を起こします。

プレイヤーは愛着作業の代わりに、彼女への『依頼』作業を実行することが出来ます。
依頼中は、カーソルが「WANTED」サインに変化します。
収容違反中のアブノーマリティをカーソルで指し示すことで、対象のリスクレベルに応じた額のエネルギーが支払われ、彼女への依頼が完了します。
依頼を受けた彼女は直ぐにターゲットの元へ向かい、鎮圧を開始します。

彼女は高い移動速度を持ち、斧を使った連撃や、銃による直線上への銃撃など、幾つかの攻撃手段を駆使して鎮圧を遂行します。何れの攻撃も、ターゲットに強いREDダメージを与えます。
赤ずきんの傭兵の鎮圧対象の上には、黄色い目のようなシンボルが表示されます。
彼女は一定のHPを保有しており、アブノーマリティからの攻撃によってダメージを受ける可能性があります。
ターゲットの鎮圧が完了したとき、または彼女が敗北した場合、彼女は収容室へ戻ります。

赤ずきんの傭兵のクリフォトカウンターが0に達した瞬間、収容室から脱走します。
彼女は職員に対して敵対的になり、狙いを定めた職員を追い、死亡するまで攻撃を仕掛けます。
ターゲットを殺害した後は、周囲の職員またはアブノーマリティに狙いを移動します。

収容違反中の彼女がオオカミに遭遇した場合、彼女の周囲に赤い炎が燃え上がり、凶暴性が増すでしょう。
この瞬間から彼女は敗北するまで、ただ大きくて悪いオオカミだけに狙いを集中します。
彼女の攻撃力は増加し、斧を真っ直ぐに投擲して直線状にREDダメージを与えるなど、より多くの手段を用いてオオカミに攻撃を仕掛けます。
オオカミが先に倒されたときは、彼女は鎮圧されるまで、または一日を終えるまで収容違反を続行します。

由来 編集

赤ずきんの名は同名の童話に由来すると思われます。
話の最後に大きくて悪いオオカミと出会ったとき、彼女の物語に何かねじれが生じた。
何が起きたにしろ、大きくて悪いオオカミは逃げ延び、彼女へオオカミ殺しの強い意志を固めさせた。
彼女の傷跡はおそらく、そうした出来事の結果でしょう。

その後彼女はそれまでの生活を手放し、流浪の傭兵となるため、15歳を超えるまで定住せずに訓練をし、契約のために働いた。どこに武器を所持しているのかは分かりません。

赤ずきんの発見場所や、どのように施設にたどり着いたかは不明ですが、おそらく施設に入る理由の一つは、オオカミに出会うことでしょう。

詳細 編集

赤ずきんの傭兵は、上から洞察、本能、抑圧の順に作業を好みます。
洞察作業に対してはその作業レベルに関わらず普通の反応を示します。
本能作業は作業レベルが3以上の場合のみ普通の反応を示し、抑圧作業に対しては悪い反応を示します。
愛着作業の代わりに「依頼」作業が設定されているため、愛着作業を行うことはできません。

他のアブノーマリティと同様に、エネルギー生成量は作業終了時のPE-BOXの数によって決まります。

蒼星の作業結果は、悪い、普通、良いの3つのセクションに分かれています。 作業終了時のPE-BOXが0~8個だと悪い結果になり、9~16個だと普通、そして17~20個だと良い結果になります。作業終了後の待機時間は約15秒で、クリフォトカウンターの初期値は3です。


 開放可能な情報/アップグレード 編集

基本情報 (Cost: 20 PE Boxes)

アブノーマリティの名前、オブジェクトクラス、リスクレベル (WAW)、肖像、攻撃タイプ(Red 4 - 6)、
E-Boxeの容量 (20)と彼らの気分の状態、クリフォトカウンターを開放して表示します。


本能/洞察/愛着/抑圧 作業方法リスト (Cost: 7 PE Boxes)

各作業のレベルごとの成功確率をアンロックします。


管理方法 1/2/3/4/5/6 (Cost: 5 PE Boxes)

  • <管理方法 1>
    • 脱走したアブノーマリティや試練が発生したときは、赤ずきんの傭兵に鎮圧を依頼することを考えても良い。ただし、依頼には費用が必要となる。
  • <管理方法 2>
    • F-02-58に作業を行った職員<Name>が作業を終えると、クリフォトカウントが減少した。
  • <管理方法 3>
    • アブノーマリティーが脱走するごとにクリフォトカウントが減少した。
  • <管理方法 4>
    • 赤ずきんの傭兵の収容室付近でF-02-58の鳴き声が聞こえると、クリフォトカウントが即座に0に減少した。
  • <管理方法 5>
    • F-02-58と遭遇すると、赤ずきんの傭兵の行動がより攻撃的に変化した。
  • <管理方法 6>
    • F-02-58を他の対象が鎮圧すると、目標を失った赤ずきんの傭兵は無差別に周囲を攻撃し始めた。


脱走情報 (Cost: 20 PE Boxes)

脱走可能であるかの情報と属性耐性、クリフォトカウンターの値(3)をアンロックします。
Red: 耐性 (0.9) - White: 耐性 (0.6) - Black: 耐性 (0.8) - Pale: 弱点 (1.2)


作業 レベル 1
成功率
レベル 2
成功率
レベル 3
成功率
レベル 4
成功率
レベル 5
成功率
本能
Instinct
"最低" "最低" "普通" "普通" "普通"
洞察
Insight
"普通" "普通" "普通" "普通" "普通"
愛着
Attachment
"最低" "最低" "最低" "最低" "最低"
抑圧
Repression
"低い" "低い" "低い" "低い" "低い"

観測レベル 編集

レベル 1 (1 セクション開放): 作業速度 +3

レベル 2 (2 セクション開放): 作業成功率 +3%

レベル 3 (3 セクション開放): 作業速度 +3

E.G.O. Giftのロックを解除します。
これは赤ずきんの傭兵が着用している物によく似たマスクで、作業終了時に2%の確率で付与されます。
身に着けたエージェントはHPと移動速度と攻撃速度が2ずつ上昇します。

レベル 4 (すべての詳細の開放): 作業成功率 +3%

防護服・武器「Crimson Scar」の開放

ストーリー 編集

LittleRedPortrait

赤ずきんの傭兵の肖像

  • 「私はプロの傭兵よ。私の仕事は高価だけど、ある条件の下で負けてあげるわ。もしあなたがあの糞野郎に会ったなら、私に引き渡しなさい。あの野郎の首を私のベッドの上にぶら下げてやる。それだけで、私は悪夢を見ることなく眠ることができる。」


  • 赤い頭巾が印象的な女性の戦士。彼女の擦り切れたつぎはぎの頭巾にはイニシャルが刺繍されているが、頭巾が傷ついているため判読できない。噂によると彼女の頭巾は白だったが、幾度も返り血を浴びた結果、赤くなったと言う。
    → それは真実ではないことが分かった。これを早く修正して、マイケル!

    この施設に来る前、彼女は傭兵であり、居住地もなく周りをさまよっていた。彼女は他人をあまり信用せず、戦闘に対して極端なほどの愛情を持っている。彼女は自分の肉体の一部が露出し、鏡に写った姿を見ることに激しい拒否感を示した。また、彼女の行動には多くの偏執的な症状も確認されている。

    彼女は緊急事態が発生した場合、それを解決しようとする強い意志を持っている。彼女はそれが「依頼」だと言う。この行動は結果的に管理プロセスに役立つので、会社はそれを活用することを推奨した。

    ※以下の内容は、全クラスの職員の必読書です。
彼女が「大きくて悪いオオカミ」と出会う場合、彼女は制御不能になります。彼女は、パーソナリティ障害、憤慨障害、他の重篤な精神障害へと急激に変化し、深刻な副次的損傷をもたらします。
したがって、赤ずきんの傭兵を扱うときには、最大限の注意を払うことを進言します。


  • 私たちの戦いに勝利なんてないのよ。可能な限りもっとも残酷な方法であの野郎をどうやって殺すかということばかり私は考えている。だから、祝杯なんてない。少しも祝われることじゃない。私が庭で花を摘む代わりに斧を磨くことに慣れたときには、私は15歳になっていたわ。

フレーバーテキスト 編集

  • "赤ずきんの傭兵はいつものように契約を待っています。血のにおいを待っています。"
  • "赤ずきんの傭兵は彼女の斧を研磨するのに日のほとんどの時間を過ごす。"
  • "彼女が戦闘に参加しているときに頭巾が羽ばたくと、彼女の肌に大小様々な傷を見ることができます。"
  • "彼女がオオカミと向き合うとき、すべてが終わります。"
  • "毛皮の野郎を見つけたら教えな。私がその糞野郎の頭を切り落とした日には、仕事の報酬は無料にしてやるよ。"
  • "事実、赤ずきんの傭兵は職員よりもはるかにアブノーマリティを抑えることができます。"
  • "多くの職員は赤ずきんの傭兵がどのように傷跡が付いたのか不思議に思います。しかし、多くの人は尋ねる勇気はありません。"
  • "長い間続いた戦いの憎悪はますます深まっていきます。"
  • "赤ずきんの傭兵は射撃練習ができる場所を望んだが、職員はそれを強く拒否しました。"

余談 編集

  • 赤ずきんの傭兵は同名のおとぎ話『赤ずきん』を参照している。
  • 赤ずきんの傭兵は、そのライバルと共に、レガシー版から外見とモーションが改定されたアブノーマリティである。

ギャラリー 編集


記事 "Little Red Riding Hooded Mercenary"についてのお知らせ:
古いバージョンのこのページを探していますか?: Little Red Riding Hooded Mercenary (Legacy)


"Little Red Riding Hooded Mercenary" は最新版のゲーム(v0.1)の情報を取り扱っています。

ここの情報は新しいバージョンのゲームからのものです。最新のゲームプレイの変更を含みます。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。