FANDOM


ネタバレ注意
このセクションはLobotomy Corporationのストーリーに関連したネタバレを含んでいます。
自身でストーリーを楽しみたければ、注意して読み進んでください。



"おっと、自己紹介を忘れていました!
私の名前はマルクトです。コントロールチームを担当しています!"

- マルクト


マルクトは施設のために働くセフィラの一人であり、コントロールチームの責任者です。
プレイヤーはゲームの1日目に、アンジェラから紹介された彼女と出会います。

彼女の髪は茶色と黄色のショートカットで、赤いヘアバンドを着用しています。そして彼女は暗い影を帯びた、瞳孔のない茶色の目を持っています。
彼女は一般的なビジネススーツと赤いネクタイを着用しており、腕には彼女のイニシャルである「M」という文字が書かれた腕章を身に着けています。
その手には一本のペンと、「almost worn out.」と書かれたクリップボードを持っています。
テキストボックスなどのUIから、彼女に関連付けられている主な色は黄色です。

マルクトの性格は楽天的であり、とても不器用です。
退社しようとして閉じ込められた職員についてXと会話しているときも、彼女は明るい態度を維持します。
彼女はアンジェラから、最も不安定なセフィラであると見做されています。
しかし、その性格故に彼女はとても「扱いやすい」ので何の問題もないでしょう。

マルクトのミッションの詳細については、こちらで確認することができます。

ストーリー 編集

MalkuthDepartmentExpansionScreen

部門拡張画面のマルクト


"私は何をやっても苦戦するので、次やるべきことを思い出すためにメモが欠かせないんです。" - マルクト


彼女が「常に悪戦苦闘」しており、他のセフィラたちよりも一生懸命努力しなければならないという事実と、仕事に慣れない頃は何度もアブノーマリティを脱走させていたということ以外に、彼女のストーリーではそれほど多くのことは語られていません。

彼女のメモ帳については、ティファレトのストーリー内でもその話題が持ち出されます。
ティファレト:あんたは自分のメモ帳でも気にしなさいよ!ボロボロでもう破れるわよ。

関係 編集

X(プレイヤー) 編集

マルクトのストーリーから、彼女はXに対して非常に友好的に見えます。


アンジェラ 編集

アンジェラは、陰でマルクトを「最悪のセフィラ」だと評価しています。
しかし同時に「扱いやすく、仕事をさせるのが楽で良い」と述べています。


ティファレト 編集

ティファレト(女性)は、上層部(ASIYAH)のセフィラたちをどこか見下しているように見えます。

「あんたたち上層って、なんでみんなそうなの?ネツァクは全然忙しくないのよ?面倒だからあんたに押し付けただけよ!」

ストーリーのネタバレ注意!
ティファレト(女性)は、ティファレト(男性)の『交換』についてコメントするマルクトに対し、直接攻撃的な態度を示すことはないものの、ある程度の反抗心を持って接しているようです。


その他のセフィラ 編集

特に言及はありませんが彼女自身の性格から、すべてのセフィラに対して友好的だと推測することができます。

ストーリーのネタバレ注意!
彼女が自身の担当部門内で無謀な試練の制圧を計画していることについて、他の上層部セフィラたちに咎められるシーンが存在します。


コア抑制後 編集

WARNING WARNING WARNING WARNING WARNING WARNING WARNING WARNING WARNING
EXPRESSION OF QLIPHA DUE TO SEPHIRAH MELTDOWN.
Require of Sephirah Core Suppression.
このセクションはLobotomy Corporationのストーリーに関連した重大なネタバレを含みます。
自身でストーリーを楽しみたければ、注意して読み進んでください!
WARNING WARNING WARNING WARNING WARNING WARNING WARNING WARNING WARNING



プレイヤーがマルクトのセフィラコア抑制を完了すると、管理人にかかった認知フィルターが低下し、機械としての真の姿が明らかになります。

マルクトがかつて「エリヤ」という名を持っていたことと、未だ研究段階であったコギトの実験を試みたこと、それによって重篤な被害と死をもたらしたことなど、彼女に関するストーリーの全容が判明しました。

余談 編集

  • セフィラたちのモチーフは生命の樹であり、マルクトは10番目のセフィラの役割を果たしている。