FANDOM


早速ですが、最初のミッションを与えます!
大丈夫、初日なので簡単にクリア出来るものを用意しましたよ。

Now, I'll give your first mission! Since it's the first day, it will be an easy one.

- マルクト


Missions(ミッション、任務)はその名の通り、プレイヤーが特定の条件を達成することを要求するゲームシステムの一つです。その内容は特定の種類の作業を一定回数行ったり、アブノーマリティの鎮圧を成功させるなど様々なものがあります。

ミッションは各部門セフィラによって与えられます。
部門が開放されると同時に最初のミッションが与えられ、それを達成することでまた別の新たなミッションが与えられるでしょう。

ミッションをクリアすると、部門の機能を1つ研究することができます。
ゲーム内スピードの変更やダメージの可視化、回復力の強化など部門ごとに様々な機能が用意されています。

Legacyバージョンの研究にはLOBポイントを使用し、ゲームを1日目から再スタートするとその研究内容がリセットされましたが、現バージョンの研究はLOBポイントを使用することなく、ゲームデータを完全に初期化しない限りは1日目から再スタートしても研究内容が保持されます。


任務名 担当 説明と達成条件
きっと
できますよ!
マルクト

コントロール
チーム

「管理人!管理の基本はアブノーマリティたちのお世話です! 私たちはアブノーマリティの管理をして、その結果としてエネルギーを集めるんです。 この会社の基本で、重要な仕事ですから必ず成功してくださいね!」

達成条件:アブノーマリティに作業を3回行う
自分の役割に
忠実に

「ただ管理するだけじゃなくて、結果も重要なんです! アブノーマリティの気分が良いほどエンケファリンのボックスがいっぱい貯まるんですから! アブノーマリティの気分を良くしてエネルギーを集めること。過程がどうあれこれだけを考えてくださいね!」

達成条件:作業結果を「良い」で4回完了する
暴走の抑制

「管理人も知ってると思いますけど、ここの施設ってそんなに安定してないんです。 アブノーマリティたちを収容室に固定させられるのも、 業務開始前に少しだけ抑えつけていた力を解放することでやっと可能なんですよ。 でも、時間が経てば経つほど抑えつけていた力が 不安定になって暴走してしまうアブノーマリティが出てきてしまうんですよね。」

達成条件:クリフォト暴走の収容室で作業を8回完了する
夕暮の時

「施設の抑制力が弱まってアブノーマリティたちが動揺するほど、 施設には試練という固定できないアブノーマリティが暴れ始めます... 夕暮の時に現れる試練の一つを制圧して職員たちを安心させてください。 私も処理に向かいますから。」

達成条件:夕暮の試練を鎮圧する
毒蛇 イェソド イェソド

情報チーム

「我が部門は永続的にアブノーマリティの情報が必要です。まずは本能作業に関するデータが必要になります。 本能作業は、アブノーマリティが持つ本能的な欲求を直接的に解消させる作業のことです。」

達成条件:本能作業を4回完了する
向かうべき道

「洞察作業は、アブノーマリティたちを間接的に管理する作業です。アブノーマリティたちが収容室環境の何を気に入って、 何が気に入らないのかを把握して管理します。」

達成条件:洞察作業を5回完了する
なぜ腐らない

「愛着作業は、アブノーマリティと交流を深めることです。社会的欲求のあるアブノーマリティはどんなに欲求を満たそうとも、孤立していることに不満を表しますので。」

達成条件:愛着作業を6回完了する
完璧の境

「最善の方法は、 何も起こさずに終わることです。 すべてのアブノーマリティをいい結果で管理すること。 私が知りうる限り、この方法が一番完璧です。」

達成条件:作業を「悪い」なしでクリア
助けに
なるなら
ホド

教育チーム

「教育チームから来ました。職員に必要なマニュアルを作り、それに合わせて訓練を行っています。でも、マニュアルだけじゃなく実践が大切です。管理人さんの職場で困難を切り抜ける指示をしてください。」

達成条件:職員を2名昇進させる
※1日に2名以上昇進させる必要がある
ズレた好意

「ご存じだと思いますが、ここの職員の昇進は一貫して彼らの能力に応じて行っています。職員を徐々により難しい作業を与えて鍛えることに重点を置いてください。」

達成条件:職員をランク4以上に昇進させる
いい人に
なりたい

「間接的な複数のマニュアルと教育を行った職員でも、 最終的には実践が大切です。 アブノーマリティと対面し逆境を乗り越えることによってが 能力を育てて行けるんです。 初めて遭遇したアブノーマリティからすべての職員が生き延びれるわけではないんですけど。」

達成条件:別々のアブノーマリティを4回鎮圧する
実演訓練

「管理人の指導のおかげで優秀な職員も増えたみたいです。 彼らを通して管理人の完璧な管理と制圧を 他の職員に見せてあげたら、どんなマニュアルや教育映像よりも効果が... すみません! 変な声が最近聞こえてて...」

達成条件:ランク5職員を5名以上配置してクリア
無気力空間 ネツァク

安全チーム

「俺は安全チームから来た。 俺たちは施設の安全を担当している。 ・・・実のところ、この施設に安全な場所はないがな・・・」

達成条件:死亡者を出さずにクリア
※オフィサーは除く(職員の死亡者が0人であること)
どうせなら
ビール自販機
でも

「ここの職員は生死の危険をともなう状況に晒されている。多くの職員は命か正気を失っている。俺に言わせれば正気を失うことは命を失うことよりも悪い。」

達成条件:パニックを出さずにクリア
ありえない事

「誰も死なずに、狂いもしない日が続くなんて驚いたな... なら今まで出来なかったのはわざとか? まぁいい...次の仕事だ。」

達成条件:死亡/パニックを出さずにクリア
効率的に

「大勢が死ぬのなら、そもそも仕事する人を減らせばいいんじゃないか? これで被害も減るだろうな。」

達成条件:各部門の職員を3名以下でクリア
実力の証明1 ティファレト

中央本部
チーム

「中央本部はではとにかくアブノーマリティを特定の場所に固定させてるの。時間が経つほどアブノーマリティたちはどんどん不安定になっていくの。今まで見てきたクリフォト暴走ゲージがそれを視覚化したものよ。私たちにも限界があるから問題なく仕事を終えなさいよ!」

達成条件:クリフォト暴走レベル8以下でクリア
実力の証明2

「暴走を押さえるには出来るだけ効率的な命令を出して作業回数を減らすことね!そうしないとアブノーマリティだけじゃなくて試練も溢れかえるわ!」

達成条件:クリフォト暴走レベル7以下でクリア
実力の証明3

「セフィラのマニュアルによると、有能な管理人はとても凄い業務効率記録を持っていたわ。今度の管理人はその記録を超えられるかしら?」

達成条件:クリフォト暴走レベル6以下でクリア
実力の証明4

「ここしばらくの激務でティファレトの調子がよくないみたいね。 というわけで今日はすぐに終わらせるのよ。 内容はクリフォト暴走を起こした全てのアブノーマリティに作業すること。 この仕事を完璧にこなせたら、あんたのことを管理人として認めてあげるわ。」

達成条件:クリフォト暴走を全て抑制してクリア
苦痛の目的1 ゲブラー

懲戒チーム

「ここで一日でも長く生きたいのならアブノーマリティどもの鎮圧に慣れるんだな。呼吸するように機械のように奴らを殺せ。そして私に奴らが苦しむ姿を見せろ。」

達成条件:HEクラス以下のアブノーマリティを5体鎮圧する
※同一アブノーマリティでも可
苦痛の目的2

「少し危険な奴らでも決して怯むな!奴らの肉を切り刻め!叩き壊せ!どんな手を使ってでもWAWクラスのアブノーマリティを私の目の前で殺せ。」

達成条件:WAWクラスのアブノーマリティを5体鎮圧する
※同一アブノーマリティでも可
力の証明

「次にやることは分かるっているな? ALEPHクラスのアブノーマリティはここでは最も危険で憎まれている。 だが、化物は化物。私たちが殺さなければならない存在だ。」

達成条件:別々のALEPHアブノーマリティを3回鎮圧する
私たちの仕事

「今日も奴らの制圧を始めるぞ。これは私たちにしか出来ない仕事だからな。 そしてこの場所に他の人間が必要ない事を教えてやれ。 それが出来ればお前も一人前だ。」

達成条件:深夜の試練を鎮圧する
後始末の
ために1
ケセド

福祉チーム

「福祉チームはいつも忙しいんだ。暇そうに見えても実は熾烈に働いている。だけど一番は大事なのは仕事を早く終わらせることさ。その方がより確実で余裕のある仕事ができるからさ。」

達成条件:10分以内にクリア
後始末の
ために2

「さて、少しずつハードルを上げてみるか。次も良い結果を期待するよ。」

達成条件:9分以内にクリア
後始末の
ために3

「事故の予防と後始末はいつも俺たちの仕事さ。仕事を早く終わらせることは、それだけ俺達に与えられる後始末の時間が増えるってことなんだ。」

達成条件:8分以内にクリア
後始末の
ために4

「悪いな、ちょっと昔のことを思い出していたよ。 俺のリクエストはいつもと同じだ。お前の能力では少し難しい頼みかも知れないが、 まあ俺はいつもどおりコーヒーでも飲んで待っているよ。」

達成条件:9分30秒以内にクリア(※)
※ゲーム内表記と同じだが、7分30秒以内の誤植か?
抽出サンプル
収集
ビナー

抽出チーム

「まずE.G.Oの抽出から始めるぞ。 E.G.Oもアブノーマリティと本質は一緒だ。 両方とも幻想を根源とし、それを物理的段階へ抽出した物だ。 骨には骨を、血には血をとな...」

達成条件:HE以上のE.G.Oを5個以上抽出する
※破棄した後に再抽出してもカウントされる
自我の付属品

「アブノーマリティから付与されたギフトは、その名の通り贈り物だ。 E.G.Oに比べて微弱だが、奴らのねじれた自我の付属品を付与される。 だが、気をつけることだな。 いくつもの自我の付属品をもらうというのは、 それだけ己の色が薄まっていくのだからな。」

達成条件:E.G.Oギフトを計4種以上保有する職員が1名以上いる状態でクリア

※同部位のギフトは上書きされることが有るので注意
自我の殻

「E.G.Oは他人の自我の力、それ自体を借りて使うことだ。 故に職員たちはE.G.Oという抜け殻を使って、 人を超えた肉体と力を手に入れることができる。 稀に赤い霧のような奴らは、 その力を完全に自分のものにできるが、 我々の職員はそうではない。 軟弱な自我ほど他の殻に頼り、 その中に隠れるものだ。」

達成条件:ALEPHクラスのE.G.Oを8種以上保有した状態でクリア
※8種とあるが、同種含めて8個以上あればよい
幻想解除

「アブノーマリティと試練。 知っての通り、これらはすべて 人の心から流れ出て 実体化した奴らだ。 故に過去と現在、 そして未来までの あらゆる可能性秘めている。 だが、それ故に不安定で未知なる存在だ。 しかし人という存在は いつの時代も 理解するために没頭する。 これは別段 アブノーマリティだけに 限った話ではない。 我々は あらゆることに没頭し、理解することを望むのだ。」

達成条件:施設のすべてのエンサイクロペディアを完全に開放した状態でクリア

守護の美徳 ホクマー

記録チーム

「職員たちは皆ここで4つの美徳と成長を成し遂げ、 その成長を直接的な現実に適用しております。 ではその限界は如何程か。 勇気は強靭な肉体であり、本能的な欲望によるもの。 その欲望が皆を守る守護の力になるのか。 それとも己の欲望を満たすためだけの力になるのか。 見ものですな。」

達成条件:勇気が100以上の職員が3名以上いる状態でクリア
管理の美徳

「理性とは何か。 我々は理性という眼を通して あらゆる物体や存在を観察し分析します。 ですが、その程度には差があります。 弱ければ自分の置かれた状況を見誤り、 強すぎれば己を刺す諸刃の剣となりましょう。 我々は徹底した理性世界を見つつ、この世界と人々を、 己の心の形で見ていかねばなりません。」

達成条件:慎重が100以上の職員が5名以上いる状態でクリア
創造の美徳

「どうすることもできない人間の欲望は、 人間である以上必然のものです。 重要なのはその欲望を どう制御するかです。 こでは自分自身だけに限った話ではありません。 自分の欲望は時に 他人や世界へ多大な影響を与えるのです。 見たいものだけ見て、 聞きたいことだけ聞く。 人間に必要なのは自分と他人、そして世界との間で 互いの欲望をうまく調節していくことではないでしょうか。 それが可能ならば、我々はこの世界で多くを創造できるでしょうな。」

達成条件:自制が100以上の職員が8名以上いる状態でクリア
魂の美徳

「魂の存在を信じますかな? 私は信じています。そして魂が込められたこと、それ自体が存在理由であると私は信じております。なら、完全無欠な魂は存在し得るのか? 私は限りなく近づけるが、決して完全無欠にはなりえないと考えております。そして、その過程は果てしない苦痛の連続であり、魂の目標でありましょう。その努力の果てに、我々はこの世界に付与された存在たちの価値を正しく見定められるようになると期待しています。」

達成条件:正義が100以上の職員が10名以上いる状態でクリア