FANDOM



"She told me stories. And the stories built my world."
- Angela

Old Lady は、白い肌に黒く落ちくぼんだ目をした、ロッキングチェアに腰かけている老婆です。彼女は色あせた青いスカートと紫色のブラウスを着て、頭には白いボンネットを被っています。




The Old Lady (O-01-12-T) is a white-skinned, black-eyed elderly woman in a rocking chair. She wears a long, faded blue skirt, a faded purple blouse, and a white bonnet.

Ability 編集

彼女の持つ特殊能力は「Piling Story, Piling Deaths(積み重なる物語、積み重なる死)」です。彼女が機嫌を損ねたとき、空虚感と孤独が彼女の部屋にたちこめ、部屋中に蔓延します。職員は退室後も孤独感に苛まれ、継続的な精神ダメージを負い孤独感が解消されるまで作業の続行が困難になる可能性があります。もしも彼らがそれほど孤独感に固執しなかった場合、彼らは強い精神ダメージを受け、どちらの場合においても「孤独」は部屋からは消滅するでしょう。Old Ladyの不機嫌な状態が長く続くと、「孤独」はより部屋の中に蓄積され、職員への影響をより強めることが推測されています。孤独感に苛まれた職員はすぐさま部屋を退室し、Old Ladyの孤独感が蔓延した室内に職員を入室させると、職員はパニックを起こします。

Her special ability is "Piling Story, Piling Deaths". When she remains in a bad mood, 'Void' or 'Loneliness' will start to gather in her room, stacking up until it reaches the ceiling. When an employee enters the room with 'Loneliness', there's a chance that it might stick to the employee, dealing continuous psychological damage and causing them to be unable to perform works until it disappears. If they are not stuck with 'Loneliness', they will suffer strong psychological damage. In both cases, the 'Loneliness' will then disappear from the room. The longer Old Lady remains in a bad mood, more 'Loneliness' will accumulate in the room, and the chances of sticking it to an employee will increase. The affected employee will exit the room immediately if 'Loneliness' gets stuck to them. Sending an employee into her room while it is completely filled with "Loneliness" will induce panic.

Origin 編集

Old Ladyの起源については現在解明されていません。

The details of her origin are currently unknown.

Caretaking 編集

Old Ladyは交信に最もよい反応をします。彼女は娯楽と清掃も好み、栄養や暴力を嫌います。

すべてのアブノーマリティと同様に、彼女の気分の良し悪しによってエネルギーの出力量が変化します。彼女は機嫌がいい時か平常時に適度な量のエネルギーを生産し、苦痛を感じている時に中程度のエネルギーを消費します。

Old Ladyの気分ゲージは、苦痛、平常、幸福の3つのセクションに分かれています。彼女は25%以下では苦痛を感じ、25%から65パーセントにかけてが中立時です。そして65%を超えると幸福を感じます。

  • 「Old Ladyの機嫌が悪くなると、彼女の孤独が定期的に蓄積されるようになる」
  • 「<nawe>が1/4孤独の蓄積された部屋で作業を始めると、孤独は職員 <name>に取りつくようになった」
  • 「職員<name>は孤独のたちこめた部屋に入った。しかし軽度の精神ダメージを除いて、ほかの事態は起こらなかった」
  • 「貴方は孤独に取りつかれた職員には何の命令も下せません」
  • 「職員<name>は孤独が解消されるまで連続的な精神ダメージにさらされました」
  • 「1/4以上の孤独が蔓延すると、孤独が職員に取りつく可能性が高まります」

The Old Lady responds best to consensus work. She likes amusements and cleanliness works, and hates nutrition and violence works.

Like all Abnormalities, her energy output changes depending on her mood. She produces a moderate amount of energy when she feels happy or neutral, and drains a moderate amount of energy when distressed.

Old Lady's mood gauge is divided into 3 sections, distressed, neutral and happy. Under the 25%, she will feel distressed, between 25% and 65%, she will be neutral; and above 65%, she will feel happy.

  • "Old Lady's loneliness start piling up periodically when her mood status is bad.
  • "A loneliness has stuck to employee <name> when <they> started working while loneliness were piled up in the quarter."
  • "Employee <name> entered the containment quarter filled with loneliness. However, no other incident occurred except a small mental damage."
  • "You cannot order anything to an employee with a loneliness."
  • "Employee <name> is exposed to a continuous mental damage until the loneliness was chipped off."
  • "It seems the more loneliness in the quarter, the more chance they stick onto employees."

Final Observation「最終記録」編集

::Dialogue【記録】::
There was some cracking along the floor.

Hair-raising screeching of wooden rocking chair filled the air.

I did not want to enter this house.

Because I don't like to listen to a story.

Bugs were buzzing around here and there.

Something slimy popped as I set my foot on it.

I found it.

Every hole on its face, was swarming bugs.

I don't want to stay here.

I want to get out.

Damp, nasty, awful. I can't stand it anymore.

床に沿って罅がいくつも有った。

木製の揺り椅子の身の毛の弥立つ金切り音で空間を満たす。

この家に入りたくなかった。

私は物語を聞くのが嫌いだからだ。

あちらこちらで蟲達がブンブン飛び回っていた。

ネバネバした何かが私の足の上に現れた。

私は気付いた。

その顔の全ての穴で、蟲達が蠢いている。

私は此処に留まりたくなかった。

立ち去りたかった。

じめじめし、不潔で、不愉快だ。

Get out.立ち去る。 Stay.留まる。
I turned around to get out of this place.

Once again, I bit lips in self-hatred while escaping.

私はこの場から立ち去ろうと振り向いた。

逃げながら再び嫌々咬唇した。

I stayed, bearing the unpleasantness.

She was so talkative before. In the end, loneliness was the only listener.

She called me, with her finger.

I am now ready to listen to her story.

私は不快感に耐えながら留まった。

彼女は以前よりおしゃべりになった。

終いに、孤独は聞き手(私)だけになった。

彼女は指で私を呼んだ。

私は今喜んで彼女の物語を聞いている。

OBSERVATION FAIL OBSERVATION SUCCESS

Encyclopedia Entries 編集

  • それは弱々しく年老いた人間の外見をしています。誰かが部屋に入ってきた場合、このアブノーマリティは入室者に語りかけ始めます。
  • それは時によっては異なりますが、ほぼ大体の場合において「ぼうや、ぼうや、古い物語を聞きたい?」から始まります。それは子守唄のようであり、また不特定の詩であり、子供たちのよく聞き知った物語か、またはまったく新しい物語です。
  • 彼女はあらゆる物語を知っており、聴衆が去るまで物語を語るのをやめません。
  • <職員F-5049のインタビューログからの抜粋>F-5049:『おそらく、彼女はすべてのアブノーマリティの中で最も孤独なクリーチャーだと思います。クリーチャーは孤独にあふれていました。彼女はその孤独を埋めるように物語を語りつづけます。物語には聴衆が必要です。誰かが彼女の部屋にいる限り、彼女は孤独の穴を埋めようとすることをやめません。もちろん、彼女の話に耳を傾けることはとても危険です。彼女はこの地球上のありとあらゆる物語を知っていて、また実在しない話さえも知っているのです。私たちの心は為す術もありません。このクリーチャーはほんの一瞬で私たちの思考を飛ばしてしまうのです」
  • Old Lady Portrait

    Old lady's encyclopedia portrait

    "It takes the shape of an old and feeble elderly person. When anyone enters the same room as this creature, the Abnormality would talk to that person."
  • "It differs from time to time but it always starts with, "Child, child. Do you want to hear an old story?" It starts with either a song like a lullaby, an unspecified poem, a common children story, or something entirely new."
  • "It knows every children's story and does not stop telling stories until the subject leaves."
  • "Excerpt from Interview Log: Employee F5049: "I think she may be the loneliest creature of all the Abnormalities. The creature is filled with loneliness. She is telling those tales to fill the void. A story needs a listener. When someone is in her room, she will try to fill that void. Of course, listening to her is very dangerous. She knows all the stories on earth and even the ones that don't exist. Our mind wouldn't be able to cope with all that. The creature could fry our brain in a mere instant."

Flavour Text 編集

  • 「Old Ladyの物語を聞く準備はできましたか?」
  • Old Ladyから息詰まるような沈黙がだんだんと近づいている。
  • Old Ladyの昔話は呪いにまみれている。今となっては人々は彼女の話にじっと耳を傾けねばならない。
  • Old Ladyは目も耳も不自由だが、<name>の存在に気づいている。
  • Old Ladyがまとう独特なじめじめした雰囲気が<name>から這い出ている。<Name>は作業が終わり次第、できるだけ早く部屋を退出しなければならない。
  • Old Ladyは私たちにとって未知のアブノーマリティだ。作業の指示は入念に、細心の注意を払っておこなわなければいけないだろう。
  • 彼女の語る物語の多くは人々を魅了させてきた。しかしそれらは全て彼女の物語の呪いである。
  • 不意に、キイキイという音がやんだ。Old Ladyの静かな語り口が、詩の節を諳んじていく。
  • Old Ladyは<name>をどんなきっかけからでもパニックに追い込むことができる。しかし私たちは、長く続けてきた観察で彼女に慣れている。
  • 彼女の話は毒だ。彼女の物語は聴衆を耐え難い世界に陥れる。
  • <Name>は作業が終わり次第、部屋を出なければいけません。残された彼女の孤独は、物語でいっぱいになるでしょう。
  • Old Ladyは職員に精神ダメージを与えることができるアブノーマリティです。高い精神力を有した職員を送り込むことをお勧めします。
  • 部屋の中の静けさを、ロッキングチェアの軋む音がひどく壊している。
  • Old Ladyに対し会話は無意味です。彼女が必要としているのは聴衆 <name>のみです。
  • いびつなそれが腰かけているロッキングチェアは、不快な音を立てている。
  • 不朽の物語が始まる前に、<name>はうまく部屋を後にする。
  • Old Ladyは<name>がどこに立っているのか、視認することはできません。にもかかわらず、<Name>が一度でも彼女を見たら、彼女は物語を語り始める。
  • "Are you read to listen to story of Old lady?"
  • "From the room of Old lady, suffocating silence is drawing near."
  • "Old stories of Old Lady is soaked with curse. Now people have to listen closely to her stories."
  • "Old Lady is deaf and almost blind but recognizes the presence of <name>."
  • "Unique damp atmosphere of Old lady crawls out from <name>. <Name> finishes the work and exits the room in a hurry."
  • "Old lady is unfamiliar abnormality for us. Work instructions must be designated with utmost caution."
  • "Her numerous stories had fascinated people. but all its left is curse in her stories."
  • "All the sudden, creaking sound stops. Old lady starts to recite phrase of a poem silently."
  • "Old lady can drive <name> into panic by any possibility, but we are used to her throughout long observation."
  • "Her stories are poisonous. It infiltrates surrounding people into unbearable worlds."
  • "<Name> exits the room after finishing work. Her leftover solitary will be filled with stories."
  • "Old lady is an abnormality which can give mental damage. It is recommended to send in employee with high mental stats."
  • "The silence encroaching the room is horribly broken by the creak of rocking chair."
  • "Conversation is meaningless to Old lady. All she needs is an audience, <name>."
  • "Rocking chair, with unnaturally molded sit, is making creaking sound."
  • "Before everlasting stories starts, <name> successfully exits out of the room."
  • "Old lady doesn't look at where <name> is standing. <Name> will look at her once she starts her story anyways."

Trivia 編集

  • Old Ladyの影は本来あるべき場所にありません。影は床の上ではなく壁の上に映っています。
  • Old Ladyは目と耳が不自由ですが、誰かが彼女の部屋にいると彼女は察知することができます。
  • Old lady's shadow isn't exactly where it should be. The shadow is on the wall instead of on the floor.
  • Old lady is deaf and blind, but still knows when someone else is in her room.

Gallery 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki