FANDOM



"どこか遠くで、カモメの声が聞こえる。"
- Opened Can of Wellcheers


Opened Can of Wellcheers(F-05-52、蓋の空いたウェルチアース)は、音楽を鳴らす派手なグレーの自動販売機と、オレンジ色のエビのような見張り人から成るアブノーマリティです。

彼らは灰色のオーバーオールと黄色のブーツを身に着けています。自動販売機は「ウェルチアース」という名のブドウソーダを常に無料で販売しています。

他のアブノーマリティは、収容室内の壁際の中央位置に立っていることがほとんどですが、このアブノーマリティは少々特殊で、部屋の角に立っています。


特殊能力 編集

いずれかの作業を終えた瞬間に特殊能力が発動し、エージェントは強制的にブドウソーダを飲みます。

ブドウソーダの効果は作業内容・作業結果によって変化します。

  • 本能作業:HP回復
  • 洞察作業:MP回復
  • 愛着作業:HP・MP回復
  • 抑圧作業:HP・MP回復


作業結果が悪かった場合は作業内容にかかわらず、エージェントは眠りに落ちます。
その後まもなくして、漁船を乗せたソーダの大波が収容室を満たします。
エンサイクロペディアの項目によると、エージェントは漁船に運ばれていきます。
それは死亡したとみなされます。

由来 編集

彼らの由来はほとんど明らかになっていません。
しかし、彼らの製品である「ウェルチアース」は以前から会社の周りに存在したようです。

詳細 編集

Opened Can of Wellcheers responds to the four works in order of best to worst: Instinct and Insight, and Attachment and Repression.

Like all Abnormalities, its energy output is determined by the number of PE Boxes (Positive Enkephalin boxes) at the end of the interaction.

Opened Can of Wellcheers' emotional state is divided into 3 sections, bad, normal, and good. Completing 0-3 E Boxes will cause it to feel distressed, completing 4-7 will cause it to feel normal, and 8 will make it's mood result happy. Its usual waiting time after a task is around 10 seconds. Its Max Work Count is 2 works.


開放可能な情報/アップグレード 編集

基本情報 (Cost: 8 PE Boxes)

アブノーマリティの名前、オブジェクトクラス、リスクレベル(ZAYIN)、肖像、攻撃タイプ(Red 1 - 2)、
E-Boxeの容量(8)と彼らの気分の状態を解放し、表示します。


本能/洞察/愛着/抑圧 作業方法リスト (Cost: 2 PE Boxes)

各作業のレベルごとの成功確率をアンロックします。


管理方法 1/2/3/4/5 (Cost: 2 PE Boxes)

  • <管理方法 1>
    • "Upon completion of the work, the beverage can is discharged from the central vending machine. The type of beverage that is emitted seems to vary with the type of work."
  • <管理方法 2>
    • "(Test result W-1)A red can drink is emitted. The person who ingests the beverage has a distinctive aroma and sweetness, and is expressed as a feeling of heightened energy.Afterwards, the fitness of the subject was confirmed.."
  • <管理方法 3>
    • "(Test result W-2) The blue aluminum can contains an odorless liquid with strong carbonic acid. It has been shown to be effective in restoring mental strength."
  • <管理方法 4>
    • "(Test result W-3, W-4) Appearance, composition and taste are exactly the same as a grape flavored carbonated beverages of purple cans. We found that the physical strength and mental strength of the person ingesting the drink recovered together."
  • <管理方法 5>
    • "(CAUTION) When the mood of the vending machine is not good, do not take any drink from the vending machine."


適切な防衛 (Cost: 8 PE Boxes)

アブノーマリティが脱走可能かどうかの情報:"脱走しないオブジェクトです"


作業 レベル 1
成功率
レベル 2
成功率
レベル 3
成功率
レベル 4
成功率
レベル 5
成功率
Instinct
"高い" "高い" "高い" "高い" "高い"
Insight
"高い" "高い" "高い" "高い" "高い"
Attachment
"普通" "普通" "普通" "普通" "普通"
Repression
"普通" "普通" "普通" "普通" "普通"

観測レベル 編集

レベル 1 (1 セクション開放): 作業成功率 +5%

レベル 2 (2 セクション開放): 作業速度 +5

防護服「Soda」の開放

レベル 3 (3 セクション開放): 作業成功率 +5%

武器「Soda」の開放

レベル 4 (すべての詳細の開放): 作業速度 +5

ストーリー 編集

Opened Can of Wellcheers Portrait

蓋の空いたウェルチアースの肖像

  • 【職員記録】
お前らロボトミー社の同好会に行ったことがあるか?
これを話す前に気を取りなおさないとな……
俺は昔、卓球グループの集まりに出席したんだが、女の子がいなかったから即行で帰っちまった。とにかく、ある日、掲示板に奇妙なグループの発表を見た。俺は興味を持ってグループのリーダーに連絡した、そいつはアイン・ソフセフィラから来たアイン・ソフとして自己紹介した。俺はグループに女の子がいるかどうか尋ねたら、たくさんの女性職員がいると言った。それを聞いて超興味が湧いた俺は次回の同好会に即、申し込んだ。
そこで俺は、他のみんなのように名前のタグを付けていた。
教育チームからは3人、安全チームからは2人来ていたようだった。
約30分後、リーダーはウェルチアースを数十缶トレイに入れて、一人一人に渡した。
缶がすでに開かれていた時、何かが間違っていたことに気がついた。
しかし、俺はソーダに目がなく、缶を貰った瞬間に飲み込んだ……
それから、リーダーは移動すると言ってトラックを借りた。
「あいつはすごいヤツだ」と思った。
俺と同じ部門から一人、他の部門から二人、職員がトラックにとび乗った。
リーダーは、移動にはは約1時間かかるから昼寝を取れと言った。俺たちはそうした。
奇妙なことに、目を閉じた瞬間、俺は気絶するように早く眠りについた。
俺は不眠症を抱えていたが、なぜかとてもよく眠れた。
それが最大の間違いだった。


眠ってからどれくらいの時間が経ったのかわからなかった。
俺は遠くからカモメの鳴き声を聞いた。
最初は誰かの携帯のアラームだと思った。
しかし次は波の音が聞こえた。アラームにしてはあまりにもリアルだった。
目を開くと俺はクソったれなボートに乗っていた。ボートだぜ!
甲板のエビが飛び跳ねて海に戻ろうとしていた。それは網から逃げ出そうとしていたように見えた。
事実は金槌で打たれたように俺を震撼させた。
グループリーダーは俺と他の奴らを眠らせて漁船に売りやがった。
これは夢に違いないと思ったが、甲板を飛び交うエビは夢にしてはあまりにも現実的だった。
俺はデッキの上の人々を見た。奴らは乗組員に違いないと思った。
全員がデカくてマッチョだった。
どうしてかわからないが、奴らは俺が何か不味いことを言うと、俺を絞めてまた気絶させてくるって感じた。
船員は、キャプテン、甲板長とコックを含むおよそ10人だった。奴らは俺を見て笑っていた。
キャプテンのように見えた奴が俺の方へ歩いてきて、身長と体重を聞いてきた。
俺はいつこの船が港に行くのか尋ねた。奴は1ヵ月後だと俺に話した。
さらに、奴らは既に俺の身内と取引をしていた。俺に逃げ道はなかった。
俺は「身内」が誰か皆目検討もつかなかったし、尋ねる勇気もなかった。
俺はただ間抜けのようにどこか遠くを見つめていただけだった。
それから、船員は俺を昼食に呼んだ。
何らかの赤い香辛料のきいたエビとハマグリとその他の食材でシーフードスープを作っていた。
奴らは、俺にそんなところに突っ立って、海にでも飛び込むつもりかと話してきた。
俺は、そんなことするかと言った。
奴らは笑ってから、このスープには睡眠薬は入ってないからこっちに来て食いなと言った。
俺にはそれ以外の選択肢はなかった。意外にも、そのスープは美味しかった。
俺達が昼食を済ますとすぐに、奴らはロープの調節方法を俺に教えると言った。
俺はその時点で諦めた。
水平線の上に見えたのは、人間が生き残れないような小さな島だけだった。
港に着くまで、1ヵ月間これに耐えなければならなかった。
俺が船員のためにコーヒーとシーフード・スープを作っている間、どうやってロープを調節するべきか、どのように魚の罠を引き上げるべきか、いかに漁網を維持するべきかを教わった。
俺はシーフード・スープを作るのがどんどん得意になっていった。
俺はそれでレストランを開くことができる。誓ってもいいね。


後ほど、俺達は二、三の台風に遭遇した。
俺達は何らかの絆を築き始めた。仲間意識ってやつさ。
2週後、クジラを眺めるのに退屈するようになり始めていたとき、キャプテンは俺が本当に良ければボートで正式に働くことに興味がないか尋ねてきた。
今や俺はロボトミーから解雇されたんだと確信していた。
その後の人生について心配しなければならなかった。だから俺はその申し込みに興味が湧いた。
俺が今何をしているかって?
さて、俺は安定した職と賃金で贅沢に暮らしている。ボートの上でな。
海の上で勤労した後に飲むワンショットウォッカは天国のような味だ。
俺は現在港にいるが、エビを捕りにすぐ出航しないといけない。
誰も将来に何が持っているかわからない、だろ?
時々、俺は同好会にいた他の奴らのことを考える。けれど、その後あいつらに何が起こったか知りたくはない。俺はただ前向きな心でいく。だから、あいつらは俺のように上手くやってると思う。
ああ、出航の時間だ。じゃあなお前ら。

フレーバーテキスト 編集

  • "自動販売機は内部からアップビートの音楽を発する。"
  • "エビが好きではない人は、人生の半分を損している。"
  • "噂によると、蓋の空いたブドウソーダを飲むと人々は漁船に誘拐されるという。"
  • "エビはどのように調理しても美味しい。煮て、揚げて、焼いて、何でも良し!"
  • "自動販売機は輝くネオンライトで職員<name>を圧倒した。"
  • "誰かがあなたに蓋の空いたブドウソーダを差し出した場合、それを拒絶する必要がある。"
  • "噂によると、蓋の空いたブドウソーダを飲むと臓器の一つが行方不明になる可能性があるという。"

余談 編集

  • The abnormality is a reference to a Korean internet urban myth where people will allegedly go missing after drinking from a sleeping pill-laced opened can of Welch Grape Juice, and be abducted and held captives in fishing boats. It can be found in Korean here.
  • At the moment, its final encyclopedia entry could be the longest in the game.
  • Opened Can of Wellcheers appeared in the teaser trailer of Lobotomy Corporation. In the trailer, it looks different from its current in-game sprite. There's a table with a purple Wellcheers on it and 3 guards instead 2. They are surrounding a sleeping employee, and no vending machine was shown.
    • This was most likely an indev version.
  • "Wèllcheers" is most likely a play on the Welch brand of juice, and cheers being a toast.
    • This is further proved by Welch being greatly known for their grape juice.

ギャラリー 編集


記事 "Opened Can of Wellcheers"についてのお知らせ:
古いバージョンのこのページを探していますか?: Opened Can of Wellcheers (Legacy)


"Opened Can of Wellcheers" は最新版のゲーム(v0.1)の情報を取り扱っています。

ここの情報は新しいバージョンのゲームからのものです。最新のゲームプレイの変更を含みます。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。