FANDOM


OrdealGreenEntities

緑青の試練

Ordeals(試練)ランダムイベントとも呼ばれていたゲームシステムの一つであり、運営フェーズで発生する特殊なイベントです。

試練はゲームにより変化を持たせることを意図して追加されました。
試練の発生を避けることは難しく、プレイヤーはこのイベントをどう克服するかが課題の一つとなります。

以前までの試練は突然発生してプレイヤーに驚きを与えるイベントでしたが、レガシーバージョン終了後にそのシステムが一新されました。
試練はクリフォト暴走と共に一定数の作業を行ったときに発生し、6日目から発生する可能性があります。

試練に登場する生物たちは、通常のアブノーマリティとは全く異なる存在です。
個体には試練と同じ名前が付けられています。
これらの生物は収容室に封じ込めることができず、施設全体を漂っています。
試練の怪物達は、同じ試練タイプ(色)の個体を攻撃することはありません。


現時点でゲーム内に実装されている試練は14種類です。
アップデートにより削除された試練を合わせると合計で19種類のイベントが存在します。
試練は今後もアップデートにより追加されると予告されています。

試練は一日の間に一定量の作業を行うことにより発生します。
イベントは「黎明」「白昼」「夕暮」「深夜」の4つの時間帯に分かれています。
最初は黎明から始まり、以降は時間に応じた試練が順番に発生します。
一般的に、試練はその時間帯が遅くなるほど難易度が上昇します。
一日に発生する可能性のある試練の時間帯は、日が進むごとに増加します。


試練に登場する生物は、通常のアブノーマリティと同様に職員による鎮圧を行うことが可能です。
登場する個体ごとに名前とリスクレベル、HPゲージが表示されます。

試練の種類は色により分類されており、同じ色でもその危険度は時間帯によって異なります。
「琥珀の黎明」試練と「琥珀の深夜」試練は同じではありません。
一般的に黎明の試練が最も簡単であり、そして深夜の試練が最も危険な時間帯です。

どの色の試練が発生するのかは毎回異なります。
クリフォト暴走ゲージの表示から、試練開始前にその種類を判別することが可能です。

試練をクリアすると、時間帯に応じた量のエネルギーを得ます。

  • 黎明:目標エネルギーの10%
  • 白昼:目標エネルギーの15%
  • 夕暮:目標エネルギーの20%
  • 深夜:目標エネルギーの25%


現時点では、試練の種類は5色に分かれています。

  • 琥珀(Amber)のテーマは食品です。
    この試練に登場する主な生物は、芋虫のような姿をしています。
    彼らは集団で襲いかかり、一人の職員を取り囲んで圧倒します。
    試練が始まると、土を掘り起こすような大きな音が響き渡ります。
  • 深紅(Crimson)のテーマはカーニバルです。
    この試練に登場する主な生物は、歪なピエロのような姿をしています。
    彼らの主な特徴は、死亡した後に特殊な効果が発動することです。(例:殺された直後に爆発する)
    試練が始まると、陽気なカーニバルの音楽が流れます。
  • 緑青(Green)のテーマは機械です。
    彼らは様々な武器を使用して、標的を殺害することに特化しています。
    試練が始まると、警笛の音が鳴り響きます。
  • 碧(Indigo)のテーマは近代産業戦争です。
    試練が始まると、蒸気が噴き出す大きな音が聞こえます。
  • 紫(Violet)のテーマは古代の創造物宗教です。
    この試練に登場する主な生物は、紫色に淡く光る無機的な姿をしています。
    彼らは基本的に、最初に出現した部屋から移動することはありません。
    試練が始まると、不気味な音が聞こえます。


黎明(Dawn) 編集

Dawn Message

黎明の試練開始

黎明は一日において最初に出現する時間帯です。
この時間帯は、試練の中で最も難易度の低いイベントです。
プレイヤーや施設に対し、それほど多くの問題は引き起こしません。

現在、この時間帯には4つのイベントがあります。


琥珀の黎明 編集

AmberDawnCompleteFoodMessage

Complete Food

"完全な食べ物、完璧な代替品。"
- イベント開始

琥珀の黎明の試練は、Complete Food(完全食)としても知られる、黎明の時間帯で3番目に実装されたイベントです。

イベントが始まると画面にメッセージが表示されます。
同時に、正面に歯を持つ茶色の芋虫が出現します。

それらは部門ごとに1部屋ずつ、ランダムで選ばれた収容室前の廊下に集団で現れます。
芋虫は廊下内を彷徨い続け、歩いて他の部屋へと移動することは基本的にありません。

廊下内に攻撃対象が入室すると、彼らは集団で襲い掛かります。
彼らは職員に向かって飛び掛かり、約2ポイントのREDダメージを連続で与えます。

彼らはしばらくの間同じ廊下に留まりますが、一定時間が経過すると別のランダムな廊下へと瞬間移動します。


完全食の属性耐性
RED脆弱 (2.0) - WHITE:普通 (1.0) - BLACK:普通 (1.0) - PALE脆弱 (2.0)

すべての芋虫を鎮圧すると、メッセージと共にイベントが終了します。


攻略情報

完全食は、弱い職員(HPが低い、またはREDダメージに弱い防護服を装着)にとっての脅威となります。

彼らは集団で攻撃対象を囲み、襲い掛かります。
一度攻撃を仕掛けると、対象から離れることは滅多にありません。

それは飛び掛かって攻撃を行い、攻撃の度に対象の反対側へと素早く移動し続けます。
その性質から、職員に十分な攻撃速度がない場合は近接武器での攻撃を与えることは困難です。
可能であれば射程の長い武器を使用することをお勧めします。

完全食の鎮圧には、魔弾の射手に依頼を行って速やかに狙撃することも有効です。
依頼の際には廊下にエージェントが残っていないことを十分に確認してください。

深紅の黎明 編集

CrimsonDawnCheersfortheStartMessage

Cheers for the Start

"いつか消えゆく蝋燭のような人生の中で、より強い火を灯しましょう。"
- イベント開始

深紅の黎明の試練は、Cheers for the Start(開始の歓声)としても知られる、黎明の時間帯で2番目に実装されたイベントです。

イベントが始まると画面にメッセージが表示されます。
同時に、細い手足を持った笑顔の小さなピエロが出現します。

大抵の場合、彼らは部門ごとに1体ずつ、ランダムで選ばれた収容室前の廊下に現れます。

ピエロは、平均的な職員よりもやや速い移動速度を持ちます。
彼らが職員を直接攻撃することはありません。彼らの目的は収容室です。

収容室前に辿り着くと、彼らはその前で動きを止めて収容室から収集されたE-Boxesを流出させます。
一定時間が過ぎると小さな煙と共に消滅して別の廊下に移動します。
この瞬間、彼らが居た収容室のE-Boxesの20%が盗まれてクリフォトカウントが1減少します。
この行動は鎮圧が完了するまで繰り返されます。

彼らは死亡した直後に体が爆発し、近距離内の職員に約4ポイントのREDダメージを与えます。


開始の歓声の属性耐性
RED:耐性 (0.8) - WHITE:弱点 (1.3) - BLACK:弱点 (1.3) - PALE脆弱 (2.0)

すべてのピエロを鎮圧すると、メッセージと共にイベントが終了します。

ピエロは各廊下に1体ずつ現れることが殆どですが、同じ部屋に2体出現することがあるため、注意が必要です。

収集したE-Boxesを盗む能力があるため、アブノーマリティの観測が遅れたり、装備の製造が出来なくなるなどプレイヤーのゲーム進行の妨げになります。


攻略情報

クリフォトカウンターを減少させる能力により、別のアブノーマリティの脱走や能力の発動を誘発します。
彼らが出現したら、直ちに鎮圧する必要があります。

試練発生の直前になったら、収容室前の廊下にエージェントを待機させておくと良いでしょう。
エージェントをクリックまたはドラッグで選択した後に、移動先の部屋を右クリックで選択することにより、エージェントを別の部屋へと移動させることが可能です。

特に、危険性の高いアブノーマリティを優先して常に見守ってください。
ピエロがメインルームから遠い廊下に出現した場合、エージェントの移動が間に合わずにピエロが別の廊下へと移動してしまう可能性があります。

ピエロの鎮圧には、魔弾の射手に依頼を行って速やかに狙撃することも有効です。
依頼の際には廊下にエージェントが残っていないことを十分に確認してください。

緑青の黎明 編集

GreenDawnDoubtMessage

Doubt

"ある日、疑問を持った。我々はどこから来たのだろう?
誰かに命を授けられ、無責任なまま放置された。"

- イベント開始

緑青の黎明の試練は、Doubt(疑問)としても知られる、黎明の時間帯で最初に実装されたイベントです。

イベントが始まると画面にメッセージが表示されます。
同時に、歯車が剥き出しになった体に布きれを纏って槍で武装した、赤い目を持つ人型ロボットが出現します。

通常、部門ごとに一部屋ずつ選ばれたランダムな廊下または小部屋に現れます。

彼らはゆっくりと移動し、職員や他のアブノーマリティに敵対的です。
攻撃対象を発見すると、適度な攻撃速度で3~6のREDダメージを与えます。

彼らが職員を殺害するとき、倒れた職員を槍で滅多刺しにする「オーバーキル」を行います。
槍で死体を突き刺す度に周囲の職員に3~6のWHITEダメージを与えます。
オーバーキルの最後の一撃では職員の死体が破裂し、周囲の職員に約10のWHITEダメージを与えます。

低レベルのエージェントがオーバーキルに直面した場合、一瞬の間にMPが0になる危険性があります。


疑問の属性耐性
RED:耐性 (0.8) - WHITE:弱点 (1.3) - BLACK脆弱 (2.0) - PALE:普通 (1.0)

すべてのロボットを鎮圧すると、メッセージと共にイベントが終了します。

ロボットは毎回ランダムな部屋に出現します。
彼らは適度な攻撃によって事務員を迅速に殺害し、周囲にオーバーキルによる被害を与えます。


攻略情報

一体で彷徨う疑問は、ある程度の装備が揃ったエージェント達なら簡単に鎮圧することが可能です。
しかし弱いエージェントが単独で疑問と遭遇した場合は、プレイヤーが気が付く前に殺害される可能性があるため注意が必要です。

「オーバーキル」による強いWHITEダメージを回避するために、疑問が他の事務員と戦闘を行っている最中は、弱いエージェントを送らないように注意する必要があります。

紫の黎明 編集

VioletDawnFruitofUnderstandingMessage

Fruit of Understanding

"理解を外れたことを理解するため、眺めながら夢を見る。"
- イベント開始

紫の黎明の試練は、Fruit of Understanding(理解の果実)としても知られる、黎明の時間帯で4番目に実装されたイベントです。

イベントが始まると画面にメッセージが表示されます。
同時に、球形の臓器のような怪物が出現します。

それらは部門ごとに1体ずつ、ランダムで選ばれた収容室前の廊下に現れます。

平均的なHPに低い移動速度を持ち、通常は別の部屋へ移動することなく廊下内を彷徨います。
彼らは時折淡く発光し、周囲の職員にBLACKダメージを与えます。

鎮圧完了までに一定時間が経過すると時間切れとなり、理解の果実は死亡し、眩く輝きます。
この輝きは部門内の全職員にWHITEダメージを与えます。
そして、同じ部門内に収容されている全アブノーマリティのクリフォトカウンターを0に減少させます。


理解の果実の属性耐性
RED:普通 (1.0) - WHITE:弱点 (1.5) - BLACK:普通 (1.0) - PALE:普通 (1.0)

鎮圧が完了すると、メッセージと共にイベントが終了します。


攻略情報

理解の果実は、職員に対する直接的な脅威となることはあまりありません。
しかし、鎮圧作業が間に合わなかったときに重大な影響を及ぼします。

時間切れになると"紫の黎明"イベントは終了となります。
同時に部門内の全アブノーマリティのクリフォトカウンターが0になり、より多くの混乱を引き起こします。

試練前に、予め部門内の廊下にエージェントを分散して配置すると、容易に鎮圧することが出来るでしょう。

白昼(Noon) 編集

Noon Message

白昼の試練開始

白昼は一日において2番目に現れます。
この時間帯からは、イベントの難度が上昇します。
注意を払わなければ、幾つかの問題を引き起こす危険性があります。

現在、この時間帯には4つのイベントがあります。


深紅の白昼 編集

CrimsonNoonAChorusOfSalivaMessage

A Chorus of Saliva

"我々はときに行進し、喜びを分かち合う。"
- イベント開始

深紅の白昼の試練は、A Chorus of Saliva(肉体の調和、唾液の合唱)としても知られる、白昼の時間帯で最初に実装されたイベントです。

イベントが始まると画面にメッセージが表示されます。
同時に、施設内のどこかにカーニバルテントが出現します。

間もなくテントが開かれ、赤い肉のあちこちが縫い付けられ、全身に白い顔のような不気味な模様が浮かぶ、4足歩行の怪物が現れます。
それは黒い髪に虚ろな目をした、ピエロのメイクが施された3つの頭部を持ちます。
頭部の1つは背後に存在し、その口の中からは、先端に鋭い針が付いた球状の臓器のようなものが飛び出しています。

ピエロは高いHPを持ち、一般的な職員よりもやや速い移動速度で施設内を彷徨います。
職員に遭遇すると、遅めの攻撃速度で対象の頭部に齧り付き、中程度のREDダメージを与えます。

肉体の調和の鎮圧が完了すると彼は死亡します。
しかし、同時に小さなピエロが3体、施設内のランダムな廊下に出現します。
ピエロたちは"深紅の黎明"の『開始の歓声』と同一の個体であり、それと同様の効果を引き起こします。


肉体の調和の属性耐性
RED:耐性 (0.5) - WHITE:弱点 (1.2) - BLACK:弱点 (1.2) - PALE:弱点 (1.5)

すべてのピエロを鎮圧すると、メッセージと共にイベントが終了します。


攻略情報

深紅の白昼は、白昼の試練の中では最も対処が簡単だと言われています。

登場する怪物は1体だけであり、ややHPが高いものの攻撃力はそれほど驚異的ではありません。
それは、事務員1人を殺害するだけでも3,4回の攻撃を必要とします。

ある程度のHPと武器を持ち、RED耐性のある防護服を装着したエージェントを数人送れば、その鎮圧は容易でしょう。

肉体の調和の鎮圧が完了すると、PE-Boxesを盗んでクリフォトカウンターを減少させる能力を持つ小さなピエロを生み出すため、肉体の調和の鎮圧を行わずに放置することも選択肢の一つとされています。
その攻撃を回避するのは難しくなく、大きな被害を出すことなく一日を終えることができるでしょう。

施設内に低レベルのエージェントがいる場合は、攻撃に巻き込まれないように注意する必要があります。

緑青の白昼 編集

GreenNoonProcessofUnderstandingMessage

Process of Understanding

"彼らも結局、生に縛られている存在だった。
我々は絶望と怒りを暴走させるだけだった。"

- イベント開始

緑青の白昼の試練は、Process of Understanding(理解プロセス)としても知られる、白昼の時間帯で最初に実装されたイベントです。

イベントが始まると画面にメッセージが表示されます。
同時に、丸鋸と銃の腕を持つ、赤い目をしたゴーレムのようなロボットが施設内に出現します。

通常、部門ごとに一部屋ずつ選ばれたランダムな廊下または小部屋に現れます。

彼らは高いHPと遅い移動速度を持ち、職員が近くにいないときは常に銃を乱射しながら施設内を彷徨います。
このとき理解プロセスの正面に立つ者は、2ポイントのREDダメージを短い間隔で受け続けます。

理解プロセスは攻撃対象に接近すると、攻撃方法を丸鋸に切り替えます。
そして1~2ポイントのREDダメージを極めて短い間隔で与え、対象のHPゲージを急速に減少させます。

どちらの攻撃も、受けた対象の移動速度を一瞬の間低下させる可能性があります。

時折彼らは攻撃の手を止め、手足を格納して充電するかのように一定の間その場で停止します。
しばらくすると、再び攻撃行動を再開します。

理解プロセスの鎮圧が完了したとき、彼らはその場に崩れ落ちます。


理解プロセスの属性耐性
RED:耐性 (0.8) - WHITE:弱点 (1.3) - BLACK脆弱 (2.0) - PALE:普通 (1.0)

すべてのロボットを鎮圧すると、メッセージと共にイベントが終了します。


攻略情報

"疑問"と同じように、彼らは職員を殺害することに特化しています。
彼らは常に正面の直線上に向けて銃を乱射しているため、特に廊下や中央本部チームのメインルームなどの、横幅のある部屋に入室したときに脅威となります。

彼らに接近すると、強いREDダメージを受けるでしょう。
そのため、様々な射程を持つ武器を装着した大人数のエージェントたちによる鎮圧が推奨されます。
弾丸研究が進んでいる場合は、REDシールド弾を活用することで、より安全な鎮圧が可能です。

誰も彼らの鎮圧に参加していない場合は、無視して一日を進めることが可能です。

碧の白昼 編集

IndigoNoonSweeperMessage

Sweeper

"裏路地に夜が訪れたとき、奴らはやって来る。"
- イベント開始

藍の白昼の試練Sweeper(掃除屋)としても知られる、白昼の時間帯で4番目に実装されたイベントです。

イベントが始まると画面にメッセージが表示されます。
同時に、金属製の防護服で武装した人型生物の集団が現れます。
彼らは3体でチームを組み、合計で4つのチームがランダムで選ばれた施設内の廊下に1チームずつ出現します。

彼らは内部で赤い目が輝くガスマスクを着用しており、背中にタンクを背負っています。
ガスマスクのデザインは、個体によって異なる可能性があります。
手はフックのように鋭く尖っており、その先端には血のような赤い染みがこびりついています。

彼らは施設内を彷徨い、職員を探し歩きます。
職員を発見すると手のフックで攻撃を仕掛け、並のBLACKダメージを与えます。
また、時に彼らは正面にいる職員に飛び掛かることで、強いBLACKダメージを与えます。

彼らが職員の死体の側を通るとき、死体を切り裂いてその肉を『解体』することで自身のHPを回復させます。

掃除屋の属性耐性
RED:普通 (1.0) - WHITE:弱点 (1.2) - BLACK:耐性 (0.5) - PALE:耐性 (0.8)

すべての敵を鎮圧すると、メッセージと共にイベントが終了します。


攻略情報

掃除屋は、施設内に存在する死体を利用する能力を持っています。

彼らは集団で現れるため、1人のエージェントで鎮圧を試みると、重大なダメージを受ける危険性があります。
エージェントが敗北するとその死体は直ちに解体され、掃除屋たちのHPを回復させるでしょう。

彼らは、施設を彷徨ううちに集団から逸れて孤立することがあります。
平均的なBLACK耐性と武器を持つエージェントならば、1人の掃除屋を鎮圧することは容易です。
弾丸研究を進めている場合は、BLACKシールド弾を活用することでより安全な鎮圧が可能です。

HP残量の少ない掃除屋が事務員を襲っている場合、事務員の死体を解体してHPを回復する可能性があります。
事務員が殺害される前に処分弾丸で狙撃すれば、死体を残さずに事務員を処分することが出来ます。

紫の白昼 編集

VioletNoonGreatLoveForUsMessage

Great Love for Us's event

"自分の弱い活動だけが私たちに聞こえており、彼らに慈悲と愛を求めました。"
- イベント開始

緑青の白昼の試練は、Great Love For Us(愛をください、私たちのための大いなる愛)としても知られる、白昼の時間帯で最初に実装されたイベントです。

イベントが始まると画面にメッセージが表示されます。
同時に、暗い紫色のポータルが廊下や小部屋を除いた部屋の天井に現れます。

間もなくポータルからモノリスのような巨大な黒い石碑が落下します。
それは床に落ちた瞬間に、部屋内に存在する職員に約120ポイントのREDダメージを与えます。
その破壊力は絶大で、落下地点を歩いていたほぼすべての職員を殺害します。

着陸後は暗い色をした触手を広げ、周囲の職員に中程度の間隔で1ポイントのBLACKダメージを与え続けます。
鎮圧に一定以上の時間が経過すると、愛をくださいは触手を畳み、淡く紫色に光り輝きます。
そして施設内のランダムなアブノーマリティのクリフォトカウンターを1つ減少させ、攻撃を再開します。
鎮圧が完了したとき、彼らの触手は力なく垂れ下がります。


愛をくださいの属性耐性
RED:耐性 (0.8) - WHITE脆弱 (2.0) - BLACK:耐性 (0.8) - PALE:普通 (1.0)

鎮圧が完了すると、メッセージと共にイベントが終了します。


攻略情報

彼らの対処を誤ると、開始と共に致命的な被害を引き起こすでしょう。

職員の移動機能を利用して、試練発生前にすべてのエージェントを廊下に退避させておくことが大切です。
エージェントをクリックまたはドラッグで選択した後に、移動先の部屋を右クリックで選択することにより、エージェントを別の部屋へと移動させることが可能です。

彼らの鎮圧はそれほど困難ではなく、ランク1の新人エージェントでさえも鎮圧の助けとすることが可能です。
他のアブノーマリティのクリフォトカウンターを減少させる能力を持つため、迅速な鎮圧が推奨されます。

彼らはメインルームの他に、コントロールチーム情報チームの中部屋に出現する可能性があります。

夕暮(Dusk) 編集

Dusk Message

夕暮の試練開始

夕暮は一日において3番目に現れます。
この時間は困難な出来事をもたらし、急速に施設の秩序を崩壊させようと試みます。

現在、この時間帯には3つのイベントがあります。


琥珀の夕暮 編集

AmberDuskFoodChainMessage

Food Chain

"その味を知るようになるのは避けられない過程でした。"
- イベント開始

琥珀の夕暮の試練Food Chain(食物連鎖)としても知られる、夕暮の時間帯で最初に実装されたイベントです。

イベントが始まると画面にメッセージが表示されます。
同時に、正面に歯が生えた、全身にオレンジ色の腫瘍を持つ茶色の芋虫が出現します。
それらは部門ごとに1部屋ずつ、ランダムで選ばれた収容室前の廊下に現れます。

食物連鎖は廊下の端に現れ、反対側へ向けてゆっくりと移動します。
移動中、正面の対象に約35ポイントのREDダメージを与えます。

廊下の反対側へ到達すると産卵を始め、小さな芋虫を生み出します
この芋虫は、"琥珀の黎明"に登場する『完全食』と同一の個体です。
その後芋虫たちは地面を掘り起こし、ランダムで選ばれた施設内の別の廊下へと移動します。

食物連鎖は、生存している完全食が3体未満の場合にのみ産卵を行います。
条件が満たされていない状態で廊下の端へ到達した場合は、部屋の移動のみを行います。


食物連鎖の属性耐性
RED:弱点 (1.2) - WHITE:耐性 (0.8) - BLACK:耐性 (0.5) - PALE脆弱 (2.0)

すべての芋虫を鎮圧すると、メッセージと共にイベントが終了します。


攻略情報

芋虫たちは群れとなって職員に襲い掛かり、圧倒します。

生半可な職員ではあっと言う間に殺害されてしまうため、適切な職員での鎮圧が求められます。
高いHPとREDダメージへの耐性を持つ職員で鎮圧を行わないと、死亡の危険性が高いです。

試練開始直後、食物連鎖は単独で出現し、廊下の端へ到達した瞬間に小さな芋虫を生み出します
小さな芋虫を生み出す前に、迅速な鎮圧が推奨されます。

深紅の夕暮 編集

CrimsonDuskStruggleofthePeakMessage

Struggle of the Peak

"朽ち果てた肉体を捨て、皆が一つになって終わりなき赤いパレードを続けよう。"
- イベント開始

深紅の夕暮の試練は、Struggle of the Peak(絶頂の身震い)としても知られる、夕暮の時間帯で3番目に実装されたイベントです。

イベントが始まると画面にメッセージが表示されます。
同時に、施設内のどこかの廊下に大きな丸い肉塊が1つ出現します。

それは幾つもの肉が縫い合わされた歪な塊のような姿をしています。
複数の腕を持ち、ハンマー、巨大な肉切り包丁、そして鋭く尖った槍を手にしています。
体の中央部には2つの小さな目があり、大きく縦に裂けた口のような穴が空いています。
穴からは、長い首を持つピエロの頭部が飛び出しています。


ピエロはその丸い体を利用して、床を転がって廊下を移動します。
転がるピエロに轢かれた職員は、約10ポイントのREDダメージを受けます。

それは他の部屋の入口付近で転がるのを止め、しばらくの間行動を停止します。
行動再開の際に周囲に職員が存在しない場合は、再び廊下を転がって移動を開始します。

行動再開の際に周囲に職員が存在した場合、ピエロは武器を用いて攻撃を仕掛けます。
武器による攻撃は、近距離に並のREDダメージを与えます。

絶頂の身震いを鎮圧すると全身が破裂して死亡し、新たに2体のピエロを生み出します
このピエロは、"深紅の白昼"に登場する『肉体の調和』と同一の個体です。

肉体の調和を鎮圧すると、1体につき3体ずつ、合計6体の小さなピエロを生み出します
このピエロは、"深紅の黎明"に登場する『開始の歓声』と同一の個体です。


絶頂の身震いの属性耐性
RED:耐性 (0.6) - WHITE:耐性 (0.8) - BLACK:耐性 (0.8) - PALE:弱点 (1.5)

すべてのピエロを鎮圧すると、メッセージと共にイベントが終了します。


攻略情報

深紅の夕暮は、今までに登場した深紅の黎明・白昼の上位と言えるイベントです。

深紅の白昼と同様に、この試練は夕暮の中では最も対処が簡単だと言われています。
絶頂の身震いは並のダメージしか与えず、強力な範囲攻撃を仕掛けることもありません。

しかし、ダメージを与えるには転がるピエロを追う必要があるため、鎮圧には少し時間が掛かります。

絶頂の身震いを鎮圧すると、施設内を歩き回る2体のピエロが生まれます。
彼らを鎮圧するまで、クリフォトカウントを減らす厄介な能力を持つ小さなピエロは生まれません。

緑青の夕暮 編集

GreenDuskWheretoReachMessage

Where to Reach

"我々が来た場所へ帰るために、そびえ立つ塔を建てた。"
- イベント開始

緑青の夕暮の試練Where to Reach(届かねばならぬ場所)としても知られる、夕暮の時間帯で2番目に実装されたイベントです。

イベントが始まると画面にメッセージが表示されます。
同時に、正方形の機械の箱が施設内に出現します。

それらは部門ごとに1部屋ずつ、ランダムで選ばれた廊下に現れます。

出現した機械は、稼働までにある程度の時間を要します。
届かねばならぬ場所は高いHPを持ち、自ら移動や攻撃を行うことはありません。

届かねばならぬ場所が稼働すると、機械に付いた小さなゲージが増加を始めます。
ゲージが最大まで充電されたとき、機械の側面の蓋が開きます。
直後、機械の中から1~2体の『疑問』と、1~2体の『理解プロセス』が出現します。
出現した個体は、"緑青の黎明"と"緑青の白昼"に登場する個体と同一の性能を持っています。
疑問と理解プロセスを生成した後、届かねばならぬ場所は再び待機状態に戻ります。

疑問たちが一定数鎮圧されたとき、彼らの生成元である届かねばならぬ場所が再稼働します。
それは鎮圧された疑問たちと同じ数の個体を生成するまで、稼働を続けます。


届かねばならぬ場所の属性耐性
RED:耐性 (0.8) - WHITE:普通 (1.0) - BLACK脆弱 (2.0) - PALE:普通 (1.0)

すべての機械を鎮圧すると、メッセージと共にイベントが終了します。


攻略情報

届かねばならぬ場所は、黎明と白昼の試練に登場した機械たちを大量に生成します。
本体を鎮圧するまで機械の生成は止まらず、その鎮圧は一筋縄では行かないでしょう。

届かねばならぬ場所は高いHPを持つものの、属性耐性は並程度です。
また、直接職員に危害を加えることはありません。
周囲に他の脅威が存在しない状態であれば、安全かつ速やかに鎮圧を行うことが可能です。

生成された疑問たちを鎮圧しても、届かねばならぬ場所によって直ぐに復活してしまいます。
疑問たちとの戦闘を出来る限り避け、本体である届かねばならぬ場所を優先的に鎮圧すると良いでしょう。

深夜(Midnight) 編集

Midnight Message

深夜の試練開始

深夜は、その日に現れる最後で最強の時間です。
このイベントは最も危険で、「ゲームオーバー」に繋がります。
そのため、この時間が始まる前に一日を終えなければなりません。

現在、この時間帯には3つのイベントがあります。


琥珀の深夜 編集

AmberMidnightEternalMealMessage

Eternal Meal

"互いが互いを食べるために闘争する。"
- イベント開始

琥珀の深夜の試練は、Eternal Meal(永久の食事)としても知られる、深夜の時間帯で2番目に実装されたイベントです。

イベントが始まると画面にメッセージが表示されます。
同時に、施設内のどこかのメインルームの床が蠢きます。

しばらくすると、巨大な芋虫が口を開けて床から飛び出します
それは土のような殻と岩のような歯を持ち、体中に大きなオレンジ色の腫瘍があります。

永久の食事の攻撃範囲に存在した職員は捕食され、致命的なREDダメージを受けます。
その後、永久の食事はしばらくの間その場に留まります
永久の食事は高いHPと優秀な属性耐性を持ち、捕食行動を除き職員に直接攻撃を仕掛けることはありません。

一定時間が経過すると、大きな芋虫が永久の食事の周囲に生み出されます。
この芋虫は、"琥珀の夕暮"に登場する『食物連鎖』と同一の個体です。
食物連鎖はメインルームの端へと移動し、施設内のランダムな廊下へとテレポートします。
その後は、琥珀の夕暮と同様の行動を繰り返します。

更に一定時間が経過すると、永久の食事は地面に潜ります。
永久の食事はどこかの部門のメインルームの床下に移動し、再び上記の行動を繰り返します。


永久の食事の属性耐性
RED:普通 (1.0) - WHITE:耐性 (0.6) - BLACK:耐性 (0.4) - PALE:耐性 (0.8)

すべての芋虫を鎮圧すると、メッセージと共にイベントが終了します。


攻略情報

琥珀の深夜は、深夜の試練の中では最も対処が簡単だと言われています。

永久の食事の行動パターンは、全体的に予測が容易です。
捕食行動を一度避けてしまえば、周囲にエージェントを集めて集中攻撃を仕掛けることができます。
それが優秀なエージェントの集まりならば、生成された食物連鎖たちの鎮圧も難しくありません。

緑青の深夜 編集

GreenMidnightLastHelixMessage

Last Helix

"塔は天に届き、地には何も残らぬであろう。"
- イベント開始

緑青の深夜の試練は、Last Helix(終わりの螺旋)としても知られる、深夜の時間帯で最初に実装されたイベントです。

イベントが始まると画面にメッセージが表示されます。
同時に、外殻を閉じた巨大な機械がコントロールチームまたは情報チームのメインルームに出現します。

外殻はゆっくりと開き、攻撃のための準備を開始します。

しばらくすると2本の緑色のビームが機械から展開され、本当の戦いが始まります。
ビームは直線上に放たれ、施設全体を横切って画面外まで伸びています。
最初のビームは常に上を向いています
第二のビームは同位置から開始しますが、時計回りにゆっくりと移動します。

ビームに接触した職員は、約15ポイントのBLACKダメージを連続で受けます。
この攻撃はBLACKシールド弾では防ぎきれず、低レベルあるいはBLACK耐性の低い職員はほぼ即死します。
ビームによって死亡した職員は全身が溶け、緑色の液体と化します。

終わりの螺旋は自ら移動することはありませんが、膨大な量のHPを持ちます。
ある程度のダメージを与えると、終わりの螺旋は短時間故障してビームの動きが遅くなります
この故障は、一日の間に何度でも発生する可能性があります。

第二のレーザーが一周して元の位置に到達すると、終わりの螺旋は短時間動作を停止します。
このとき鎮圧が完了していた場合、メッセージと共にイベントが終了します。


終わりの螺旋の属性耐性
RED:耐性 (0.5) - WHITE:耐性 (0.8) - BLACK:弱点 (1.2) - PALE:普通 (1.0)


攻略情報

緑青の深夜は、最も危険で堅牢な試練と言われています。
一度レーザーが展開されると、低レベルのエージェントたちの生存は厳しいものになります。

ビーム以外の攻撃方法を持たないとはいえ、ビームが一周するまでに鎮圧することはほぼ不可能です。
この試練が発生してしまった場合は、エージェントたちをより安全な場所へと移動させ、できる限り早く鎮圧を完了させるのが最善の方法です。

展開したBLACKシールドが数秒で破壊されたとしても、十分なレベルとBLACK耐性を持つエージェントならば攻撃を耐えることが可能です。

射程が「超近距離」の武器で鎮圧を行うと、ビーム射出部に直接接触してダメージを受ける危険性があります。(要検証)

ビームの回避は、情報チームの廊下を利用すると比較的安全に行うことができます。
対角線の部分はビームの通過がやや速く、わずかに受けるダメージを抑えることができます。


記事 "Ordeals"についてのお知らせ:
古いバージョンのこのページを探していますか?: Random Event


"Ordeals" は最新版のゲーム(v0.1)の情報を取り扱っています。

ここの情報は新しいバージョンのゲームからのものです。最新のゲームプレイの変更を含みます。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。