FANDOM



記事 "Poor Screenwriter's Note (Legacy)"についてのお知らせ:
最新版のこのページを探していますか?: Poor Screenwriter's Note
"Poor Screenwriter's Note (Legacy)" は、ゲームのLegacy版(v0.0.2.2b)の情報を使用しています。ここの情報は、最新のゲームプレイが変更される前の古いバージョンのゲームからのものです。



"罪を犯した者が演劇を見ている途中、奇妙な表現に心の奥深くが揺れ、その場で自分の罪を告白しました。演劇には本音を暴き出す力があるのでしょう。"
- Angela

"'The sinner was shaken to the bizarre atmosphere of the stage, and confessed his sins. A screenplay is what makes people more honest'"
- Angela

Poor Screenwriter's Note (O-05-31-W、貧しい脚本家の手帳)は、 木製のテーブルに置かれている開いた手帳の姿をしたアブノーマリティです。手帳には、ある演劇のシナリオが書かれています。その大まかな内容は、仮面を見つけた一人の男がその周囲の人々を次々と殺し、最終的に主人公は見知らぬ人に撃ち殺される。というものです。

Poor Screenwriter's Note (O-05-31-W) is an Abnormality resembling an open notebook that rests on a wooden table. The notebook contains a script intended to be used in a play. The notebook tells the story of a person who found a mask and started to murder nearby people after putting it on. At the end of the story, the protagonist is shot by a stranger, which stops the killings.

特殊能力 / Ability編集

貧しい脚本家の手帳の特殊能力は、「As Written in the Scenario(シナリオ通り)」で、不機嫌状態が長時間続くと発動します。

他のアブノーマリティと違い、貧しい脚本家の手帳は自身のシナリオに応じて、求める作業内容がランダムで変わります。どの作業を求めているのかは、手帳から出る吹き出しを見れば判断することができます。貧しい脚本家の手帳が望む作業をエージェントが行うと、気分値が少し上昇します。

貧しい脚本家の手帳が望んでいない作業を実行すると、大量のエネルギーが生成されますが、気分値が少し低下します。その時収容室内に天幕が形成されます。天幕は最初、透明に近い状態で表示されますが、不機嫌状態が続くと、天幕が目立つようになっていきます。

天幕が完全に降りたとき、収容室に入室したエージェントは演劇の主人公になり、「A」という名前になります。その時同じ部門から4人の職員が選ばれて(エージェント優先)殺人の犠牲者となります。

役者に選ばれた職員の頭上にはそれを示すシンボルが表示され、プレイヤーはそれらの職員を制御することができなくなります。彼らは鎮圧も治療もできません。

「主人公」はパニック状態になって他の役者を順番に探し始め、その全てを殺すまで物理ダメージを与えます。

「犠牲者」に選ばれた職員たちは、現在行っている行動をすべて停止します。たとえ彼らが別のアブノーマリティの作業を行っていても、彼らはその場に留まり、自分を守ることはありません。

演劇が進むにつれて、シナリオと各キャラクターの対話について語る「台本」を現すテキストが表示されます。全ての犠牲者が死亡したとき、プレイヤーは1発の銃弾を受け取り、10秒の制限時間で主人公を殺すか、銃を外すか、他の人を殺すかのいずれかの選択を迫られます。制限時間が無くなったときに「主人公」が死亡していない場合、彼らは再び支配下に置かれます。

演劇が終了すると「Continue」メッセージが画面に表示され、アブノーマリティは通常の状態に戻ります。演劇が終了する前に中断された場合、役者として選ばれたすべての職員は生きており、制御することができます。次の日が始まると「Continue」メッセージはまだそこにありますが、何の影響もありません。

Poor Screenwriter's Note's ability is 'As Written in the Scenario', which will trigger if it remains in a bad mood for too long. Unlike other Abnormalities, Poor Screenwriter's Note will choose its own work preferences randomly depending on its own scenario. A bubble with a picture of what work it wants at the moment will be appear next to it. When the employee does the work that the notebook wants, it will increase its mood by a small amount. If the employee performs an action that the Abnormality doesn't want, it will generate a large amount of energy but its mood will drop by a small amount. A curtain will then appear in the room. The curtains will start out mostly transparent, but become more visible the longer it stays in a bad mood.

Once the curtain is at maximum visibility, any employee that enters its containment room in this state will become the protagonist of the script, named 'A'. Four other employees (Priority to agents) in the same department will become the murder victims. The employees playing in the current scenario will have scrolls with symbols above them, and the player will no longer have any control over them. They cannot be suppressed or healed, either. The 'protagonist' will enter a panicked state and start to seek the other characters in order, dealing physical damage to them until they are all dead. The employees playing the parts of the 'victims' will stop any action they were currently doing. They will stand still in their current position, even if they were working on another Abnormality, and will not defend themselves at all. As the scenes progress, some text representing the 'script' will appear telling about the scenes and character's dialogue. When all the other characters are dead, the player will get a single shot and 10 seconds to either kill the protagonist, miss the shot, or kill someone else. If the 'protagonist' isn't dead when time runs out, they will be under control again.

Once the scenario ends, a 'Continue' message will appear on the screen and the abnormality will return to its normal state. If the scenario is interrupted by the day ending, all the employees with a role in the play will be alive and able to be controlled. When the next day starts, the 'Continue' message will still be there, but will not affect anything.

由来 / Origin 編集

起源の詳細は現在不明です。

Its origin is currently unknown.

管理方法 / Caretaking 編集

他のアブノーマリティとは異なり、貧しい脚本家の手帳の好みは、その時どの作業を求めているかによって常に変化します。

上機嫌時にはエネルギーを生成も消費もせず、不機嫌時に大量のエネルギーを消費します。エネルギーを生み出す唯一の方法は、アブノーマリティが望んでいない「間違った」作業を行うことです。これにより大量のエネルギーが生成されますが、気分値はわずかに低下します。

貧しい脚本家の手帳の気分ゲージは、不機嫌、上機嫌の2つのセクションに分かれています。 それは30%以下で不機嫌になり、それを超えると上機嫌になります。

  • 貧しい脚本家の手帳はすべてが自身のシナリオ通りに進むことを好む。作業も例外ではない。
  • 職員<name>は シナリオに記載されていない作業を貧しい脚本家の手帳に行った。貧しい脚本家の手帳の気分値はわずかに減少し、エネルギーの生成を確認した。貧しい脚本家の手帳の収容室にはかすかな 天幕が形成されていた。
  • 収容室の天幕が完全に降りたとき職員<name>が収容室に送られると貧しい脚本家の手帳の特殊能力が 発動した。私たちは天幕を薄くする方法を見つけなければならない。

Unlike other Abnormalities, the work preferences of Poor Screenwriter's Note depends on what action it prefers at the moment, and its preference is constantly changing.

It doesn't produce energy when happy and drains a large amount of energy when distressed. The only way to make it produce any energy is by performing an 'incorrect' work that the Abnormality doesn't want. This will produce a large amount of energy, but slightly reduce its mood.

Poor Screenwriter's Note's mood gauge is divided into 2 sections, distressed and happy. Under the 30%, it will feel distressed and above it, will be happy.

  • "Poor Screenwriter's Note prefers that everything goes according to its own scenario. Work will also not be an exception."
  • "The <name> employee went to Poor Screenwriter's Note for a job that was not listed in the scenario. Poor Screenwriter's Note's mood value was reduced by a small amount, confirming that energy was produced. It was found that a faint curtain was formed in the Poor Screenwriter's Note's containment room."
  • "When the curtain was completely drained at the containment room, a special ability of Poor Screenwriter's Note was activated when a <name> employee was sent to the containment room. We must find a way to make the curtain faint."

最終観測 / Final Observation 編集

1回目の観測で、すぐに最終観測が行えます。

The final observation is available immediately.

::Dialogue::
演劇はずいぶん昔に始まっていた。

ここに多くの人々を殺した男がいる。

あなたは銃を持っている。

The play started long ago.

Here is the man who killed many.

And you are holding a gun.

Shoot the man(男を撃つ) Wait and see(静観する) Shoot someone else(誰か他の人を撃つ)
あなたはその男を撃つことに決めた。

幕はついに落ちる。

You decided to shoot the man. The curtain finally falls.

銃口はその術を失った。

演劇は悲劇として終わる。

The gunpoint lost its way. The play ends with tragedy.

罪のない人が死ぬとき、

演劇は喜劇として終わる。

When innocents die, The play ends as a comedy.

OBSERVATION SUCCESS

エンサイクロペディア / Encyclopedia Description 編集

Poor Screenwriter&#039;s Note Encyclopedia

貧しい脚本家の手帳のエンサイクロペディア画像<br>Poor Screenwriter's Note's encyclopedia portrait

  • それは、手のひら大の手帳である。あらゆるページに手書きによる乱文が埋め尽くされている。分析によると、文章は演劇で使われるようなシナリオであることが明らかになった。それがいつ、誰によって書かれたかは不明である。シナリオは、平凡な家庭に育った男がある日通りで仮面を拾い、衝動的にすべての知人を殺害し続けるというものである。
    被験者がアブノーマリティと接触すると、前述のシナリオの人物と全く同じ行動を示す。物語のように、周囲の知人を殺そうとする。また、被験者は自分自身が物語の主人公であると思い込んでいる。

タイトル:罪の性質

今日、我々は王のために遂行する。
登場人物:A、失敗した者、棄てられた者、壊れた者、臆病者、そして……。

第1幕

ステージの中央に仮面がある。これは柄のない地味な仮面だ。道行く人々は目もくれず仮面を通り過ぎる。あたかもそれが見えないかのように。しかし、Aは最初から仮面を見つめていた。最終的に彼はそれを拾い上げ、彼の顔に着ける。驚くことに仮面は彼の顔に嵌まる。(背景音楽の変更)
A:(自らの姿に酔うように)私はなんと愚かで哀れなのだ。幸福とは何だったのか?私は何をしていたのだろうか?
失敗した者:私たちは素晴らしい未来を夢見ていたが、すべてが無駄だった。だから私は自分自身を「失敗した者」と呼ぶ。
A:(傍白)彼は自分自身を思うだけの傲慢な愚か者だ。(仮面を撫でる)私は最初からそれを知っていた。苦難は無限に繰り返される。(武器で失敗した者を攻撃する)
失敗した者:ああ、憧れの安寧!ついに来た!(倒れる)
(A 退場)(省略)
第3幕
A:(信じられないというように)私はこの仮面の持つ力が、私を殺人者にしていると考えていた。(起立して仮面を拾う)しかし、臆病者は私に言った、それは単なる仮面だ。(仮面を持ったまま座る)私は殺人者だった。死に際の呼吸の音に合わせて爽快に笑ったのは私だった。服の血を洗い流しながら罪悪感に身悶えていたのは私だった。(すすり泣いて手の中に顔を沈める)(ケタケタと笑いながら)否、否。確かにただの仮面だが私にとってはそうではない。愚か者め!私は最初からこの仮面が持つ力を知っていた!(省略)
第6幕
A:これを過ちと呼ぶにはあまりにも無残だ。私は汚く卑劣な殺人者だった。どのように罪を仮面のせいにすることができるのか?ああ、痛みが私をバラバラに引き裂く。私は一生のうちにこれほど神の存在を望んだことはない。神が私を罰するならそれを受け入れよう。彼が私を消えない地獄の業火に投げ込んでも、私はそれに従うだろう。
(遠くからの銃声、Aは倒れる)
A:死とは眠りだ。ただそれだけだ。
(Aは誰かが彼に銃を向けているのを見ている。彼は驚き息を呑む。すぐに彼は地面に倒れて狙撃者を見る。すべてが止まっているようだが、彼は目が閉じる直前にその人物の顔を見る。観客が退場するまで沈黙を続ける。最後に幕が落ちる。)

  • [編集済]部門で死体が発見された。犯人はすぐに見つかり犯行を認めた。奇妙なことに、目撃者の一人は犯行の発生を止めようとせず、被害者が死亡した時に当局に電話さえしなかった。犯人と被害者は同じ部門の友人で、互いに悪い感情はなく、これと言った動機はなかった。犯人の証言もまた奇妙だった。犯人はその犯行が殺人だと認識していなかった。それは演劇の行為としか考えていなかったと主張した。目撃者の証言では、被害者が犯人によって殺されることを認識していたが、演劇を止めることはできなかったと主張した。一方は、神秘的な宗教儀式を演じていると主張し、他方は、精神的障害に苦しんでいると主張した。カウンセラーの「あなたはそれが演劇だと思ったのですね?その演劇は誰に見せるためにしていたのですか?」という質問に対して、彼らは両方同時に顔を見合わせた。これは事実の証言にはならないため、公式に記録されなかった。
  • "It is a palm-sized notebook. Every page is filled with handwritten scrawls. Analysis determined that the writings are a script used in a play. By who or when it was written is undetermined. The scenario is about a guy who was raised in a normal family. One day, he picks up a mask from the street and goes on to impulsively murder all the people that he knows. When a subject comes into contact with the creature, the person shows the exact same behavior as the guy from the aforementioned scenario. Like the story, the afflicted individual may attempt to kill those around him/her. The subject believes him or herself to be the protagonist of the story."
  • "Title: Peccatum Proprium
    Today, we perform for the king.
    Characters : A, The failed, The Abandoned, The Broken, The Coward, and......."
  • "ACT 1
    A mask is lying in the middle of the stage. It is a modest mask, without any pattern. People walk past the mask without giving it a look. As if it is not seen by them. However, A is staring at the mask form the beginning. Eventually he picks it up and put it on his face. The mask suprisingly fits into his face. 
    (Background music transition)
    A: (Rapturously) How foolish and pathetic I was. For what had I talked about happiness? For what had I put up with all the meretriciousness?(Exit)
    The Failed: We dreamed of wondrous future but everything turned out to be in vain. Thus, I call myself "The Failed"
    A: (Stage whisper) He is an arrogant fool who only thinks for himself. (Strokes the mask) I knew it from the beginning. The calamity will repeat itself endlessly. (Strikes The Failed with a weapon)
    The Failed: Ah, the rest I yearned! It has finally come! (Collapses)
    (Exit A) Omitted"
  • "ACT 3
    A: (Refusing to believe) I have been thinking that some sort of power this mask possesses was turning me into a killer. (Stands up and picks up the mask) But The Coward told me it is merely a mask. (Sits down while holding the mask) Then it is I who has been the killer. It was me who exhilaratingly laughed to the sound of dying breath. It was me who was shaking the body in guiltiness while washing blood off of a cloth. (Sinks his face into his hands, sobbing) (Manically laughs) No, no. It is just a mask, but not for me. Fools! From the beginning, I knew the power that this mask has! Omitted"
  • "ACT 6
    A: It is too terrible to be a mistake. I was the dirty, vicious killer. How could I blame it on the mask? Ah, the pain is tearing me into pieces. I have never wished for the existence of god this much in my entire life. If the god wills to punish me, I shall accept it. Even if he throws me into unquenchable hellfire, I will succumb to it.
    (Gunfire from a distance, A collapses)
    A: A death is nothing but a sleep. That is all. (A sees someone pointing a gun at him. He gasps in surprise. Soon, he collapses to the ground and looks at the shooter. Everything seems to be stopped. In his fading consciousness, just before his eyes close, he sees the shooter's face. The silence continues until the audiences exit. When no one is left, the curtain finally falls. )"
  • "A body was found in the [Redacted"

フレーバーテキスト / Flavour Text 編集

  • "注意深く扱わないとカバーが破れそうになる本だ。"
  • "その古い外観にもかかわらず、まるでそれが絶えず管理されているかのように、ほこりは無い。"
  • "<name>は読書家だがこれは人が読むべき本ではないと感じている。"
  • "それは少なくとも数十年は経過したようだが、少しもカビていない。"
  • "<name>は図書館に行かない人だ。しかし、<name>は奇妙な衝動にかられてページをめくった。"
  • "それはかなり厚いが、本のページは全て白紙だ。"
  • "There is a book which seems like the cover is going to be torn if handled thoughtlessly."
  • "Despite its old appearance, there are no dust on it as if it's managed constantly."
  • "<Name> is a person who often reads, but <name> feels that this is not the kind of book that one should read."
  • "It seems it aged at least several decades, but it didn't mold a bit."
  • "<Name> is a person who would not go to library, but strange urge caught <name> to turn the pages."
  • "It is quite thick, but the book's every single page is blank."

余談 / Trivia 編集

  • それはゲーム内に実装される前から、ゲームの公式ウェブサイトに掲載されていた。そのエンサイクロペディア画像、危険度、名前は現在のものと異なっていた。
  • Its was shown on the official website for the game before it was released. Its portrait picture, risk level, and name have changed since its first appearance.

ギャラリー / Gallery 編集


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。