FANDOM



"この肖像画は、この瞬間の本質を捉えています。
何を失う必要がありますか?"

- Abnormality Log


Portrait of Another World(O-09-91、別の世界の肖像)は、埃を被った大きなキャンバスの形状をしたHEクラスのツール型アブノーマリティです。

キャンバスには何も描かれておらず、その本体は黒い色をした金属製の台によって支えられています。

情報 編集

特殊能力 編集

別の世界の肖像の特殊能力は、職員が使用することで発動します。

ツールを使用した職員はキャンバスにその姿が描かれ、頭上に奇妙なマークが現れます。
このマークは虚ろな目と口を持つ、くすんだ色をした丸い頭部のような外見で、目と口からは黒色の液体が滴り落ちています。それは常に職員の頭上で浮遊しており、煙や埃のようなものを散らします。
マークは使用した職員だけではなく、施設内からランダムで選ばれたもう一人のエージェントにも現れます。

キャンバスに姿が描かれた職員はどんなダメージも受けず、受けたダメージはマークされたもう一人のエージェントがすべて肩代わりします。受け渡されたダメージに対しては、肩代わりしたエージェントが持つ属性耐性が作用します。
マークされたもう一人の職員が死亡すると、別のエージェントへとマークが移動します。マークできるエージェントが一人も居なくなった場合は、最初にマークされた職員が死亡します。
最初にマークされた職員が肖像画に関わらない別の要因で死亡した場合、キャンバスは空になり、再び使用することが可能になります。

肖像画に既に職員が描かれている状態で、別の職員が別の世界の肖像を使用したとき、肖像画に描かれていた職員は全身が溶けて死亡します。
キャンバスには新たに使用した職員の姿が上書きされて、通常通りマーキングが行われます。

最初にマークされた職員が何度もダメージを受けると、キャンバスに描かれたその姿は醜く変わっていきます。
キャンバスは、一日の初めに何も描かれていない状態に戻ります。


基本情報 編集

PortraitofAnotherWorldPortrait

別の世界の肖像の肖像

別の世界の肖像の基本情報は、ツールを2回使用すると開放されます。
開放される情報は以下の通りです。

  • アブノーマリティの名前
  • 分類番号
  • リスクレベル(HE)
  • 肖像
  • 使用タイプ(単発使用)

由来 編集

その由来は現在明らかになっていません。

記録と使い方 編集

開放条件
記録
使い方
1回使用
時間が経つにつれて、私たちは変わります。私たちは身体障害者になったり、心を失い、圧倒的な暴力によって消滅したり消えたりして再び見つからないこともあります。
アブノーマリティを見る最初の職員はキャンバスに肖像画を描くだろう。
3回使用
この肖像画は、この瞬間の本質を捉えています。何を失う必要がありますか?
肖像画の中に自分自身を見る職員は、健康を願うでしょう。人生がいつもこのようになることができるなら、私はいつも肖像画のように明るい笑みを浮かべます。
職員に与えられたすべての損害は、施設内の他の職員によって奪取される。彼らは大きな被害を受けるだろう。破損した職員が死亡すると、別の職員がその場に出る。
5回使用
職員は不思議に感じるでしょう。職員はいかなる被害や攻撃によっても傷つきません。しかし他の職員は、代わりに苦しみのすべてを取ります。
これ以上職員がいなくなると、肖像画に描かれた職員は死亡するだろう。
7回使用
絵画はますます恐ろしくて醜いものになり始めるでしょう。職員はやがて絵を見なくなり、予期せぬ幸運を楽しむことができます。
新しい職員がキャンバスに表示された場合、前の職員は殺害される。
10回使用
しかし、奇跡は永遠に続くことはありません。彼の痛みや傷害を負った職員全員が死亡したとき、職員は死ぬことになりました。一度死ぬと、肖像画は黒くなりました。
肖像画にいる職員が肖像画以外に殺害された場合、肖像画は元の状態に戻る。

余談 編集

  • 別の世界の肖像は、受けたダメージを肩代わりさせる能力を持つ初のアブノーマリティである。
  • 別の世界の肖像は、オスカー・ワイルドの小説作品「ドリアン・グレイの肖像」を参考にした可能性がある。

ギャラリー 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。