FANDOM




"人々は大昔から罪を犯してきた。
『なぜ彼らはそのようなことをするのだろう? それが悪いことだと知っているのに。』"

- Punishing Bird

"アブノーマリティ「罰鳥」が施設内を疾走しているのが見えますね?あなたは、破壊された施設の補償をする必要はありません、しかしあなたが考える以上に費用がかかることを心に留めておいてください。"
- Angela


Punishing Bird(O-02-56、罰鳥)は「小鳥」とも呼ばれる、小さい羽根のある白い羽の鳥で、胸には赤い模様があります。その収容室でそれは黒い止まり木で休んでいます。鎮圧している間、罰鳥は全身が赤色になり外見が変化します。


特殊能力 編集

クリフォトカウンターが0になると、特殊能力が発動します。

カウントは、部門内の職員がパニックに陥った瞬間に減少します。
また、罰鳥の作業中以外のタイミングで、罰鳥以外のアブノーマリティの作業を開始した瞬間にも減少する可能性があります。
(罰鳥への作業数が上限に達している場合でも、カウントが減少する可能性があります。)
カウントが0になった瞬間、罰鳥は収容室から脱走します。

脱走後はいずれかのエージェントの元へ飛んでいき、くちばしでつついて少量のREDダメージを与えます。
一人のエージェントをつつき終わった後は、また別のエージェントの元へ飛んでいきます。
パニック状態のエージェントがいた場合は、そのエージェントを優先して狙います。
それはしばらくエージェントをつついて回った後、収容室へ戻ります。

エージェントによる鎮圧で罰鳥がダメージを受けた場合、その体色が赤に変わります。
それは攻撃したエージェントに致命的なREDダメージを与えます。
事務員のピストルで撃たれた場合は、この現象は発生しません。

由来 編集

罰鳥は黒い森の中で、大鳥審判鳥と暮らしていました。
ある日、恐ろしい怪物が森を滅ぼすという預言を聞いてから、森を守るために悪い生き物をそのくちばしで
『処罰』することに決めました。

しかし、誰かが言ったのです。「君の小さなくちばしじゃ誰も痛がらないよ!」と。
不安になった罰鳥は、その『くちばし』をどんな生き物でも一口で食べられる大きさまで裂きました。

しかし時が経つにつれ、森は暗闇や悪い噂、日々の諍いに満ち始めました。
解決のために、三羽の鳥は森を守ろうと力をあわせ、新たなとなりました。
それは新たな混沌を引き起こし、すべての生き物はそれを恐れて逃げ出しました。
彼らがいつ、また三羽に別れることにしたかは分かりません。

その後、罰鳥は森から去り、二度と戻ってきませんでした。

罰鳥がどのように発見され、どのように施設に到着したのかは不明です。

詳細 編集

罰鳥は、上から洞察、本能と愛着、抑圧の順に作業を好みます。

洞察作業はその作業レベルに関わらず、良い反応を示します。
本能、愛着作業はその作業レベルに関わらず、普通の反応を示します。
抑圧作業に対しては、悪いまたは最悪の反応を示します。

他のアブノーマリティと同様に、エネルギー生成量は作業終了時のPE-BOXの数によって決まります。

審判鳥の作業結果は、悪い、普通、良いの3つのセクションに分かれています。
作業終了時のPE-BOXが0~4個だと悪い結果になり、5~8個だと普通、そして9~12個だと良い結果になります。 作業終了後の待機時間は約15秒です。最大作業回数は3回で、クリフォトカウンターの初期値は1です。


開放可能な情報/アップグレード 編集

基本情報 (Cost: 12 PE Boxes)

アブノーマリティの名前、オブジェクトクラス、リスクレベル(TETH)、肖像、攻撃タイプ(Red 2 - 3)、
E-Boxeの容量 (14)と彼らの気分の状態、クリフォトカウンター(1)を解放し、表示します。


本能/洞察/愛着/抑圧 作業方法リスト (Cost: 4 PE Boxes)

各作業のレベルごとの成功確率をアンロックします。


管理方法 1/2/3/4 (Cost: 3 PE Boxes)

  • <管理方法 1>
    • 他のアブノーマリティの収容室に職員が入ると、中程度の確率で罰鳥のクリフォトカウントが減少した。
  • <管理方法 2>
    • 職員<name>がパニックに陥ると、罰鳥のクリフォトカウントが減少した。
  • <管理方法 3>
    • 罰鳥はパニックを起こした職員が正気を取り戻したり、脱走から一定時間を過ぎると、自ら収容室へと戻っていった。
  • <管理方法 4>
    • 職員<name>に罰鳥の鎮圧を指示し、該当職員が罰鳥に攻撃を行うと、罰鳥の腹部が裂けて[編集済]になった。その後、職員<name>の死亡が確認された。鎮圧は失敗した。


適切な防衛 (Cost: 12 PE Boxes)

収容違反時の耐性:
Red: 脆弱 (2.0) - White: 脆弱 (2.0) - Black: 脆弱 (2.0) - Pale: 脆弱 (2.0)


作業 レベル 1
成功率
レベル 2
成功率
レベル 3
成功率
レベル 4
成功率
レベル 5
成功率
Instinct
"普通" "普通" "普通" "普通" "普通"
Insight
"高い" "高い" "高い" "高い" "高い"
Attachment
"普通" "普通" "普通" "普通" "普通"
Repression
"低い" "低い" "最低" "最低" "最低"

 観測レベル 編集

レベル 1 (1 セクション開放): 作業速度 +5

レベル 2 (2 セクション開放): 作業成功率 +5%

防護服「Beak」の開放

レベル 3 (3 セクション開放): 作業速度 +5

武器「Beak」の開放

レベル 4 (すべての詳細の開放): 作業成功率 +5%

ストーリー 編集

Punishing Bird

罰鳥の肖像

  • 弱者、罪人、不敬者を罰する自信に満ちた小鳥。
    一部の職員は小さな翼で羽ばたくのを見て、かなりかわいいと述べた。
  • 人々は大昔から罪を犯してきた。
    『なぜ彼らはそのようなことをするのだろう? それが悪いことだと知っているのに。』小鳥は不思議に思っていた。
    『悪いことをする人を罰する人がいないからだ。私がその役割を果たせば、悪いことは起こらない!』と小鳥は考えた。
    小鳥は生涯住んでいた森から離れ、二度と戻ってこなかった。

フレーバーテキスト 編集

  • "罰鳥が退屈そうに見えたので職員は止まり木をその収容室に設置した。"
  • "罰鳥は止まり木に止まっていると以前住んでいた森に戻ったように感じる。"
  • "実際にはその止まり木の目的は、その小ささのために罰鳥を踏みつけることを防ぐためだ。"
  • "ほとんどの場合、罰鳥は通常の鳥と同じように振舞い収容室の中であちこち飛んでいる。"
  • "罰鳥の隠された歯を知っている者は少ない。"
  • "罰鳥は決して鳴かない。しかし時々その腹をついばむ。"
  • "罰鳥の複数に分けられた不気味な肉はおよそどの位知っていますか?"

余談 編集

  • 罰鳥はエレベーターで移動することなく、複数回エレベーターに入ることがある。
  • 罰鳥は逃亡する可能性が最も高いアブノーマリティで、他の何よりも頻繁に脱出する。
  • 罰鳥の最終観測は、全アブノーマリティの中で最短である。
  • 一定以上の観測が進むまでは、「小鳥」という名で呼ばれる。

ギャラリー 編集


記事 "Punishing Bird"についてのお知らせ:
古いバージョンのこのページを探していますか?: Punishing Bird (Legacy)


"Punishing Bird" は最新版のゲーム(v0.1)の情報を取り扱っています。

ここの情報は新しいバージョンのゲームからのものです。最新のゲームプレイの変更を含みます。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。