FANDOM


RabbitTeamIcon

ウサギチームのアイコン

"ウサギが草を食べに来たぞ!"
- マオ

Rabbit Team(ウサギチーム)は、危険生物の鎮圧を得意とする傭兵の団体です。
彼らと契約を結ぶためには、懲戒チーム研究を進める必要があります。

契約を結ぶと、ゲーム画面下部に表示された弾丸タブの右側に四角いアイコンが出現します。
アイコンをクリックすることで、彼らを出動させることが可能です。

ウサギの傭兵達は、チームのリーダーである『マオ』の指揮の下に動きます。
彼らは全員、オレンジのラインが入った黒いガスマスクと防護服を着用しています。
ガスマスクの形状はウサギの頭部に似ており、目に当たる部分はガラス状の素材で出来ています。
目のデザインは、メンバーによって異なることがあります。

弾丸タブ横のウサギアイコンをクリックすると、出動指示を行うためのメニューが起動します。
メニュー中央には、施設内の簡易地図が表示されます。
左側にはマニュアル、右側には警告メッセージ、右上には出動費用が表示されます。

プレイヤーは、1~4つの部門を選択して依頼を行うことができます。
彼らを出動させると、画面に「Rabbit Protocol」というメッセージが表示されます。

メニュー情報 編集

RabbitTeamInformationWindow

メニュー

メニューに表示される情報は以下の通りです。

  • 簡易地図
    出動可能な部門と、各部門内に存在するエージェント・事務員・敵対個体(試練もしくはアブノーマリティとその眷属)の数を確認することができます。
    最大で4つの部門を選択することが可能です。
    開放度が低い部門はロックされ、選択することができません。
    依頼のためには、最低でも1つの部門を選択する必要があります。
  • 出動費用
    メニュー右上に表示されます。
    出動費用は、現存エネルギーから一定の割合が支払われます。
    割合は部門を1つ選択するごとに25%ずつ、最大で100%まで増加します。
  • マニュアルと警告:ウサギチームを出動させる際の注意事項
    • ウサギチームは1日に1回のみ出動させることが可能である
    • ウサギ達は1部隊に4人ずつ編成され、指示された部門内に合計で7つの部隊が配置される
    • 指示された部門は封鎖され、オレンジ色に光る画面エフェクトがかかる
      部門内の扉の前にバリケードのようなものが出現し、通過すると同部門内の別の部屋に移動する
      (バリケードによる封鎖は、扉を利用して移動するアブノーマリティに対してのみ有効であり、テレポートを使用するアブノーマリティの移動を防ぐことはできない)
    • ウサギチームが出動した部門内に存在するすべての職員は、即座にパニックに陥る
      封鎖部門内の部屋に対して移動指示は出せず、アブノーマリティへの作業を命令することもできない
      部門内のウサギチームが帰還すると封鎖が解除され、再度指示を出すことが可能になる
    • 一度封鎖部門内に侵入した職員を退避させることはできない
    • ウサギの部隊は、指示された部門の中からランダムに選ばれた廊下や部屋に出現する
    • 部門内のすべての戦闘が完了または中断するか、鎮圧対象が検出されなくなるまで活動を続ける
      活動が終了すると、ウサギ達はテレポートして帰還する

ウサギ達の情報と行動 編集

RabbitTeamGroup

ウサギチームの傭兵

前述の傭兵部隊は、出動開始時に4人組の部隊で現れます。
彼らは十分な耐久を持ちますが、過度なダメージを受けると死亡します。
傭兵たちはすべて、ランク4として設定されています。
弾丸で彼らを狙撃しても、効果を与えることはできません。

彼らは団体で行動し、プレイヤーによって制御することは不可能です。
ウサギ達は、移動中に遭遇したすべての対象に攻撃を仕掛けます。

彼らは二種類の武器を用いて鎮圧を行います。
攻撃対象との距離に応じて、武器を使い分けます。

  • 近接用の剣:連続で斬り付け、並あるいは強いダメージを与える
  • 遠隔用の自動小銃:約2~4ポイントの弱いダメージを素早く連続で与える

どちらの武器も、対応する全属性のダメージを与えます。

彼らは最初に出現した部門から移動することはありません。
彼らが封鎖部門内の扉を通ると、同部門内の別の部屋へと移動します。

対象部門からすべての鎮圧対象が消えると、テレポートして帰還します。
出動部門内のウサギ達がすべて死亡するとウサギチームの活動は終了し、封鎖は解除されます。

ギャラリー 編集