FANDOM



"少女は泣きながら訴えた。
「おじさん、私の足を切り落としてください……」"

- Red Shoes

"言ったでしょ、この靴はあげられないって。"
- 赤い靴を履いた職員


Red Shoes(O-04-08、赤い靴)は、ペアの光沢のある赤いエナメルレザーハイヒールです。

白い台の上にあるライラックの枕に座っています。年月にかかわらず、靴に異常な光沢があるようです。

靴には、靴を物理的な力だけでは脱ぐことができないように、足に置いたときに驚くべき強さで肌に噛み付く歯がその境界に隠れていることが暗示されています。


特殊能力 編集

自制のランクが2以下の職員で作業を行ったとき、特殊能力が発動します。

能力の発動後、作業の終了とともに職員は赤い靴を履き、武器を赤い斧に持ち替えます。
このとき、赤い靴を履いた職員のHPは大幅に増加します。

赤い靴を履いた職員はすぐに収容室を離れて施設内を移動し、他の職員とアブノーマリティを攻撃します。
それは他の職員を殺したとき、その死体に襲い掛かってさらに数回切り刻みます。

職員を鎮圧する際の防御属性は、その職員が装備している防護服の耐性が適用されます。

作業結果が普通または悪かった場合に、赤い靴のクリフォトカウントが減少することがあります。
クリフォトカウンターが0になったとき、赤い靴は部門内の自制ランクが低い職員を魅了します。
魅了された職員は赤い靴の収容室に向けて移動し、入室して赤い靴を着用しようとします。
魅了された職員は、収容室に入るまでに何度かクリックをすることで、魅了を解除することができます。

由来 編集

赤い靴の詳しい由来は明らかになっていませんが、とあるおとぎ話で語られている赤い靴と同じものであることが示唆されています。

詳細 編集

赤い靴は、上から本能、洞察、愛着、抑圧の作業が効果的です。

愛着作業が最も効果的のように見えますが、作業反応が最高になるのは作業レベルが2以下の場合のみで、それを実行することができる職員に作業を行わせると、特殊能力を発動させてしまいます。

他のアブノーマリティと同様に、エネルギー生成量は作業終了時のPE-BOXの数によって決まります。

赤い靴の作業結果は、悪い、普通、良いの3つのセクションに分かれています。
作業終了時のPE-BOXが0~7個だと悪い結果になり、8~11個だと普通、そして12~16個だと良い結果になります。 作業終了後の待機時間は約10秒で、最大作業回数は3回です。


開放可能な情報/アップグレード 編集

基本情報 (Cost: 16 PE Boxes)

アブノーマリティの名前、オブジェクトクラス、リスクレベル (HE)、肖像、攻撃タイプ(Red 4 - 6)、
E-Boxeの容量 (16)と彼らの気分の状態を解放し、表示します。


本能/洞察/愛着/抑圧 作業方法リスト (Cost: 5 PE Boxes)

各作業のレベルごとの成功確率をアンロックします。


管理方法 1/2/3/4/5 (Cost: 6 PE Boxes)

  • <管理方法 1>
    • 赤い靴の収容室に入った職員<name>が狂気に囚われた。それは自分の本来の持ち主を記憶していた。自制がランク2以下の職員は赤い靴の収容室への入室を控えるべきだ。
  • <管理方法 2>
    • 作業結果が普通な場合、中確率で赤い靴のクリフォトカウントが減少した。
  • <管理方法 3>
    • 作業結果が悪い場合、高確率で赤い靴のクリフォトカウントが減少した。
  • <管理方法 4>
    • 赤い靴のクリフォトカウントが0になると、自制のランクが低い職員<name>が何かに導かれるように赤い靴の収容室に入っていった。我々はこの現象を「魅了」と命名した。
  • <管理方法 5>
    • 赤い靴により魅了された職員に声をかけ続けると正常に戻ることが確認された。


適切な防衛 (Cost: 16 PE Boxes)

アブノーマリティが脱走可能かどうかの情報:"脱走しないオブジェクトです"
脱走しないアブノーマリティとして分類されていますが、職員を支配することで収容室から脱走します。
その際の防御属性は、支配された職員が装備している防護服と同じものになります。


作業 レベル 1
成功率
レベル 2
成功率
レベル 3
成功率
レベル 4
成功率
レベル 5
成功率
Instinct
"普通" "普通" "普通" "普通" "高い"
Insight
"普通" "高い" "普通" "普通" "普通"
Attachment
"最高" "最高" "普通" "普通" "低い"
Repression
"最低" "最低" "最低" "最低" "最低"

観測レベル 編集

レベル 1 (1 セクション開放): 作業成功率 +4%

レベル 2 (2 セクション開放): 作業速度 +4

E.G.O. Traitのロックを解除します。
これは赤く厚い首紅のような形で、作業終了時に3%の確率で付与されます。
身に着けたエージェントはHPが6、攻撃速度が10上昇し、作業成功率と作業速度が10減少します。

レベル 3 (3 セクション開放): 作業成功率 +4%

武器 「Type A-01 Bloody Desire」の開放
防護服「Type B-01 Bloody Desire」の開放

レベル 4 (すべての詳細の開放): 作業速度 +4

ストーリー 編集

RedShoesSpritePortrait

赤い靴の肖像

  • このアブノーマリティは、エレガントな女性に相応しいペアの赤い靴である。
    それがどこでどのように作られたのかは不明だが、デザインから推測すると、最近作られたものではない。
  • 靴は「それを履いてみたい」という強い欲求を引き起こす。
    このアブノーマリティを「履いた」時、履いた者に変化が生じた。
    最初に、その者の目つきや焦点が正気のものではなくなった。
  • 第二に、靴を脱ぐことを拒否し、すべての潜在意識の欲望を満たそうとする。
    誰かが靴を脱がそうとするか、邪魔をしようとすると、靴は持ち主をコントロールして、その人物を殺そうとするかもしれない。
  • 着用者の欲望がこれらの行動に関与しているかどうか判断する方法はないが、イド(フロイトによる定義)は攻撃性の増加によって表される。


  • <カウンセリング記録#043_3>
職員F1230:
彼女はいい人でした。彼女は……アイドルのようでした。
彼女はいつも私たちがやっている仕事を誇りに思うべきだと言っていました。
彼女は様々な種類のアブノーマリティを扱うことができました。
しかし、その部屋に入ることが最大の間違いでした。
私たちに靴が何かをすることができると思ったでしょうか?
彼女はその奇妙な笑いを浮かべながらその靴を履いていました。
その声……その笑い……それは奇妙だった……それは笑いではなかった、それは……
(省略)
私が来たとき、辺り一面血まみれでした。
恐ろしい靴のカチャカチャという音がホールの中を満たしていました。
私は死んだふりをするために目を閉じました。
私は友人の頭がどこかで転げまわっているのを見ました。
靴が私の方へ音をたてて歩いてきたとき、私は再び気を失いました。
(省略)
私は、彼女が足を切断しなければならなくなったと聞きました。
その後、彼女の姿を見た者は誰もいませんが、古参の者は多分その事件をよく覚えているでしょう。


  • <廊下監視映像からの抜粋Z3_493>
職員[削除済1]:
 作業は終わったか?こっちは今終わったよ。マッチガールはめちゃくちゃだよ。
 ああ、彼女はとても大変だ。コーヒーを飲みに休憩室へ行かないか?
職員[削除済2]:
 ねえ、[削除済1]。私は思っていたの……
職員[削除済1]:
 うん?休憩室で話そうか、とても疲れてるんだ。
 君はヒールを履いているのか?勤務時間中は作業靴しか着用してはいけないのを忘れたのか?
職員[削除済2]:
 [削除済1]、そんなことは重要じゃないわ。見て、私たち二人きりよ……
職員[削除済1]:
 何を言ってるんだ?聞いてくれ、僕は少し休むために休憩室に行くつもりなんだ。
 ……ちょっと待って、君は何を履いてるんだ?君は「その靴」を履いているのか?
職員[削除済2]:
 [削除済1]、私は長い間あなたが好きだったの。
職員[削除済1]:
 なんてことだ!今すぐ取り外すんだ!自分が何をしているのか分かっているのか?
職員[削除済2]:
 私、なぜあなたが私を好きになってくれないのか考えたの。
 エミリーのため?エミリーがいるから今も私にかまってくれないのよね?
職員[削除済1]:
 君はアブノーマリティ調整装置を持っているか?お願いだ[削除済2]、足から出血している。
職員[削除済2]:
 私たちに必要なのはエミリーとの関係を絶つことよね。
 ちょっと待っていてね、すぐに戻ってくる。長くかからないわ、約束する。
 少しだけそのままじっとしていてね。
職員[削除済2]:
 頼む、正気に戻ってくれ、僕は君を止めなければならない。
職員[削除済2]:
 私を止めるのなら、私が入社したときに止めなければいけなかったわ。


職員[削除済2]は[削除済1]を攻撃して気絶させた後、彼女は休憩室に向かった。
幸いにも死傷者はなく「エミリー」も安全だった。
[削除済2]の情報は会社のファイルから編集された。彼女は自分の行動を完全に把握していた。
彼女は赤い靴が自身の気持ちをより正直にしたという事実を認めた。
彼女が緊急対応部に鎮圧されたとき、靴は彼女の足首を折って逃げだした。
そしてちょうど23分後、再び捕獲され元の収容室に送られた。[削除済2]は大量出血で死亡した。
[削除済1]は身体的害を最小限に抑えたが、ショックにより彼は会社を退職することになった。


  • <インタビューログX3-39>
私たちは赤い靴に魅了された職員F4002が、廊下をさまよっているという報告を受けた。
直ちに、私たちは職員F3054に拘束を命じた。彼女は観測経験が豊富で、熟練した経営者だった。
したがって、誰も1人の女性職員を捕らえる際に危険はないと考えていた。
しかし、拘束には予測よりも時間がかかった。
別の職員が彼女を捕らえに行ったとき、職員F4002は足首が切れて意識不明の状態だった。
しかし、切断された足から靴を脱がすとき、彼女は目を輝かせながらこちらを睨みつけていた。

フレーバーテキスト 編集

  • "赤い靴の中に歯があるように見えるのは、妄想にちがいない。"
  • "少女は泣きながら訴えた。「おじさん、私の足を切り落としてください……」"
  • "<name>は均一に並べられた赤い靴に作業を行う。"
  • "まるで多くの事件を象徴するかのように赤い靴のかかとはすり減っている。"
  • "<name>は作業を中断させ、赤い靴を見直す。"
  • "赤い靴は生物ではないが、独特の雰囲気は古い悲劇を思い起こさせる。"
  • "職員<name>は赤い靴の作業を終えた。赤い靴は、<name>の潜在的な欲求に気付いている。"
  • "赤い靴は、特に女性に対して着用したいと言う強い誘惑と衝動を与える。"
  • "赤い靴はじっとして、<name>の作業を見ている。"
  • "精神を圧迫され、<name>は作業に集中できず赤い靴をチェックしている。"
  • "職員<name>は赤い靴の清掃作業を終えた。赤い靴は眩いほどに輝いている。"
  • "<name>は別の場所を一生懸命に見て、赤い靴を見ようとしない。"
  • "先ほど誰かがそれを置いたかのように赤い靴は散らかっている。"
  • "赤い靴のエナメル革が太陽の光を受けて静かに輝く。"

余談 編集

  • 赤い靴は、The Red Shoes という題のやや宗教的なおとぎ話がモチーフである可能性が高いです。
    <物語のあらすじ>
    ある日、母親が買ってきた赤い靴に夢中になった一人の少女がいました。
    その靴を履いた少女は、死ぬまで踊り続ける「呪い」にかかってしまいます。
    物語の途中で少女は死刑執行人の男性に出会い、自らの足を切り落とすよう懇願します。
    願い通り少女の足は切り落とされ、赤い靴は切り落とされた足で踊り続けます。
    最終的に少女は慈悲深い天使によって天国へと連れていかれます。
    • 赤い靴の特殊能力「墓へのダンス」は、まさにこの物語から名付けられたのでしょう。
    • さらに、赤い靴のストーリーでは、持ち主を失った靴が施設内を走り続ける様子が語られています。これは物語終盤の状況と一致します。

ギャラリー 編集

記事 "Red Shoes"についてのお知らせ:
古いバージョンのこのページを探していますか?: Red Shoes (Legacy)


"Red Shoes" は最新版のゲーム(v0.1)の情報を取り扱っています。

ここの情報は新しいバージョンのゲームからのものです。最新のゲームプレイの変更を含みます。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。