FANDOM



"プレゼントをあげよう。果てない憎しみでいっぱいの。"
- Rudol-Ta of Sled


Rudol-Ta of Sled(F-02-49、そりのルドル・タ)はルドルフ、サンタ、そりの三つの部品で構成されたアブノーマリティです。

ルドルフは長い首、丸く膨らんだ目、黒い蹄、彼の足を繋ぐ銀の足かせを付けた、角のないトナカイです。
それの体は赤、白、緑の素材を乱雑に縫い合わせて作られており、首には赤、緑、黄のクリスマスの電飾でできた、二つの首輪をつけています。ルドルフは血まみれで、膨らんだ目は荒々しくその顔に縫い付けられており、白いひげと丸い鼻を持ち、唇はなく、歯はむき出しです。エンサイクロペディアの記載によれば、それはしばしば胃に穴をあけています。

サンタは、まだ機能していると考えられる、血液や人間の器官の透き通った袋の中にある、ルドルフの背中の赤い像です。それは腸でできたクリスマスハットをかぶっています。

そりはルドルフの首に提げられた電飾に繋げられています。それは茶色く、さらにたくさんの刺繍で縫い合わせられています。それは白いランナーを二つ、そりの前側に乗せられた二本の緑色の腕を持ちます。このそりには、ゲーム内のスプライトで動く黄色いリボンで結ばれた黒い荷物が載せられています。


特殊能力 編集

クリフォトカウンターが0になった瞬間、特殊能力が発動します。
作業結果が普通の場合は中確率でカウントが減少し、悪い場合は高確率でカウントが減少します。

特殊能力が発動すると、ルドル・タは収容室から脱走してゆっくりと部門内をさまよい始め、移動するたびに雪を滑った痕跡を残します。ルドル・タに遭遇した職員は皆、ルドル・タと同じ部屋に居た長さだけ、絶えずWHITEダメージを受けます。それは鎮圧されるか、一日が終了するまで続きます。

由来 編集

彼の詳しい由来は明らかになっていませんが、最終観測の内容から以下のような説が推測されています。

「サンタ」がバラバラになるところを見たいという願望を持つ一人の子供がいた。
バラバラになったサンタの遺体から、ルドル・タという怪物を創り出した。
ルドル・タは贈り物を与える。差別することなく、すべての人々に平等に。

詳細 編集

ルドル・タは、上から洞察、愛着、本能、抑圧の順に作業を好みます。
洞察作業は作業レベルが2または3の場合に良い反応を示し、それ以外だと普通の反応を示します。
愛着作業はその作業レベルにかかわらず、普通の反応を示します。
本能作業にはあまり良い反応を示さず、抑圧作業には最悪の反応を示します。

他のアブノーマリティと同様に、エネルギー生成量は作業終了時のPE-BOXの数によって決まります。

ルドル・タの作業結果は、悪い、普通、良いの3つのセクションに分かれています。
作業終了時のPE-BOXが0~5個だと悪い結果になり、6~11個だと普通、そして12~18個だと良い結果になります。 作業終了後の待機時間は約10秒です。最大作業回数は4回で、クリフォトカウンターの初期値は2です。


開放可能な情報/アップグレード 編集

基本情報 (Cost: 16 PE Boxes)

アブノーマリティの名前、オブジェクトクラス、リスクレベル (HE)、肖像、攻撃タイプ(White 3 - 4)、
E-Boxeの容量 (18)と彼らの気分の状態を解放し、表示します。


本能/洞察/愛着/抑圧 作業方法リスト (Cost: 5 PE Boxes)

各作業のレベルごとの成功確率をアンロックします。


管理方法 1/2/3 (Cost: 6 PE Boxes)

  • <管理方法 1>
    • 作業結果が普通な場合、中程度の確率でルドル・タのクリフォトカウントが減少した。
  • <管理方法 2>
    • 作業結果が悪い場合、高確率でルドル・タのクリフォトカウントが減少した。
  • <管理方法 3>
    • そりのルドル・タは脱走すると、施設をゆっくりと徘徊しながら周辺職員に持続的にWHITE属性のダメージを与えた。


適切な防衛 (Cost: 16 PE Boxes)

収容違反時の耐性:
Red: 弱点 (1.5) - White: 耐性 (0.5) - Black: 普通 (1.0) - Pale: 脆弱 (2.0)
作業 レベル 1
成功率
レベル 2
成功率
レベル 3
成功率
レベル 4
成功率
レベル 5
成功率
Instinct
"低い" "普通" "普通" "低い" "最低"
Insight
"普通" "高い" "高い" "普通" "普通"
Attachment
"普通" "普通" "普通" "普通" "普通"
Repression
"最低" "最低" "最低" "最低" "最低"

観測レベル 編集

レベル1 (1 セクション開放): 作業速度 +4

レベル2 (2 セクション開放): 作業成功率 +4%

防護服「Type B-2 Christmas」が開放されます。

レベル3 (3 セクション開放): 作業速度 +4

武器「Type A-2 Christmas」が開放されます。

レベル4 (すべての詳細の開放): 作業成功率 +4%

ストーリー 編集

Rudol

そりのルドル・タの肖像

  • 擦り切れたカードがそれに添付されていた……
    『メリークリスマス!サンタクロースが、幸せなこどもたちに贈り物を届けるため、夜空を駆けるよ。真っ赤な鼻のルドルフが、プレゼントでいっぱいのそりを引きながら、その赤い鼻で暗い夜を照らすんだ。世界中、幸せなこどもはみんな、贈り物を受け取れるんだ!』


  • 遠目には、そりに乗ったサンタクロースのように見える。
    しかしながら、近づいて見ると、あなたはこのアブノーマリティが、少しもおとぎ話の幸せな老人のようには見えないことを実感する。
    そのおとぎ話のような愉快なものとは違い、そりがルドルフとサンタを引っ張っている。我々はこのアブノーマリティを以下の三つの部品に分類した。
【ルドルフ】
緑、赤、白のたてがみを持つ、トナカイや馬に似た生物。
筋肉の動きは見られないが、多数の職員がその目が動いた、あるいは目が合ったと報告した。
胃には30㎝の穴が見つかった。武装した職員がこの穴を観察したが、何も見つからなかった。
【サンタ】
ルドルフに乗った、未知の透き通った器官。
これは人間の器官と見られる有機物で満たされている。
これらの器官は機能していることが確認されている。
【そり】
子供用の大きさのそり。 ボードは生き物の肌に似ている。ボードの下には白い色のランナーがある。
堅い緑色の手は、それが装飾であったかのように、ボードの前部に置かれている。
袋の内容は不明だが、丁寧に包装されていることが確認できた。
多くの職員が袋を開こうとしたが、試みはすべて失敗した。
噂によると、袋はクリスマスにしか開けないという。


  • これらの三つの部分は互いに縫い合わされている。
    ████████博士は、このアブノーマリティは人間の変異であると推測している。
    彼は「これを作った者はクリスマスに対して想像もできないほど深い悪意を持っているにちがいない」と付け加えた。

フレーバーテキスト 編集

  • "<name>は意味もなくさまよう。彼は人々に贈り物をしたいと思っている。”
  • "錆びた鐘が鳴った時、クリスマスが始まります。"
  • "ポカンと開いた口、口の外へ垂れた舌。言うべき言葉はたくさんあるが、私はそれを空の喉へと飲み込んだ。"
  • "雑な刺繍、しかし私は、ひどくそれの虜になっている。"
  • "プレゼントをあげよう。果てない憎しみでいっぱいの。"
  • "<Name>は生きているようには見えない。しかし自身で生み出したエネルギーで動いている。"
  • "鮮やかでカラフルな灯りはクリスマスほどに明るく、すべての子供の生き地獄のように暗い。"

余談 編集

  • コンピュータのカレンダーがクリスマス(12月25日)に設定されている場合、上記の袋は開封可能らしい。

ギャラリー 編集


記事 "Rudol-ta of Sled"についてのお知らせ:
古いバージョンのこのページを探していますか?: Rudol-ta of Sled (Legacy)


"Rudol-ta of Sled" は最新版のゲーム(v0.1)の情報を取り扱っています。

ここの情報は新しいバージョンのゲームからのものです。最新のゲームプレイの変更を含みます。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。