FANDOM




"機械の鍵穴から何者かの粘り強い視線を感じる。"
- Schadenfreude


Schadenfreude(O-05-76、シャーデンフロイデ)は、鋼鉄製の機械的な箱の姿をしたアブノーマリティです。

その正面には鍵穴があり、その穴からは瞬きをしながら前方を凝視する灰色の虹彩を持つ目が確認できます。

機械には2つのレンズが付いており、その1つは箱の左上に、もう1つは右下に付いています。


特殊能力 編集

クリフォトカウンターが0になると、特殊能力が発動します。

作業中のシャーデンフロイデを視界に入れていると、5秒毎にカウンターが1ずつ減少します。
対象は収容室ではなく、シャーデンフロイデ本体のみです。

特殊能力が発動すると、収容違反を起こします
脱走時、シャーデンフロイデの姿は変形します。

脱走中のシャーデンフロイデは、4本の機械的な脚を用いてそこそこの移動速度で施設内を徘徊します。
箱の底部には肉の塊があり、動く度に血液が垂れ落ちます。
高いHP、WHITE属性耐性、BLACK属性耐性を持ちます。

シャーデンフロイデは2種類のRED属性攻撃を行います。

  1. 脚を使って近くの攻撃対象に中程度のダメージを与える
  2. 丸鋸を展開して左右範囲に連続でダメージを与える

いずれの攻撃も高いREDダメージを与えます。

シャーデンフロイデがゲーム画面外にいる場合、攻撃も移動も行わずにその場で停止します
丸鋸で職員を攻撃している最中であろうと動きを中断し、一切のダメージを与えなくなります。
画面内に再びシャーデンフロイデの姿を入れた瞬間、攻撃や移動を再開します。

由来 編集

その由来は現在明らかになっていません。

詳細 編集

シャーデンフロイデは、抑圧洞察愛着本能の順に作業を好みます。

抑圧には作業レベル5で高い反応を示し、それ未満だと普通の反応を示します。
洞察には作業レベル2以上で普通の反応を示し、作業レベル1だと低い反応を示します。
愛着には作業レベル3以下で普通の反応を示し、それ以外だと低い反応を示します。
本能には作業レベルに関わらず最低の反応を示します。

作業内容に関わらず、作業風景を視界内に留ていると、その最中の作業はずべて失敗し、5秒ごとにクリフォトカウンターが1つずつ減少するため注意が必要です。

他のアブノーマリティと同様に、エネルギー生成量は作業終了時のPE-BOXの数によって決まります。

シャーデンフロイデの作業結果は、悪い、普通、良いの3つのセクションに分かれています。
作業終了時のPE-BOXが0~5個だと悪い、6~10個だと普通、11~20個だと良い結果になります。
作業終了後の待機時間は約15秒で、クリフォトカウンターの初期値は2です。

開放可能な情報/アップグレード 編集

基本情報 (Cost: 16 PE Boxes)

アブノーマリティの名前、オブジェクト分類、リスクレベル (HE)、肖像、攻撃タイプ (RED 3 - 6)、
E-Boxeの容量 (16)、気分の状態、クリフォトカウンターをアンロックします。


本能/洞察/愛着/抑圧 作業方法リスト (Cost: 5 PE Boxes)

各作業のレベルごとの成功確率をアンロックします。


管理方法 1/2/3 (Cost 6 PE Boxes)

  • <管理方法 1>
    • シャーデンフロイデの作業は、収容室が監視カメラの視界から外れている間に進めなければならない。
  • <管理方法 2>
    • シャーデンフロイデの収容室を5秒以上視界に入れていると、クリフォトカウンターが減少する。
  • <管理方法 3>
    • カメラの視界から外れている間、シャーデンフロイデは動きを停止する。鎮圧時にはこの性質を考慮すると良いだろう。


脱走情報 (Cost: 16 PE Boxes)

脱走可能であるかの情報と属性耐性、クリフォトカウンターの値(2)をアンロックします。
収容違反時の耐性:
RED:弱点 - WHITE:抵抗 - BLACK:耐性 - PALE脆弱
※ゲーム内で開放される情報では、すべての属性耐性が『不明』とされています。


作業 レベル 1
成功率
レベル 2
成功率
レベル 3
成功率
レベル 4
成功率
レベル 5
成功率
本能
Instinct
最低 最低 最低 最低 最低
洞察
Insight
低い 普通 普通 普通 普通
愛着
Attachment
普通 普通 普通 低い 低い
抑圧
Repression
普通 普通 普通 普通 高い

観測レベル 編集

レベル 1 (1 セクション開放): 作業成功率 +4%

レベル 2 (2 セクション開放): 作業速度 +4

レベル 3 (3 セクション開放): 作業成功率 +4%

防護服「Gaze」の開放

レベル 4 (すべての詳細の開放): 作業速度 +4

ストーリー 編集

SchadenfreudePortrait

シャーデンフロイデの肖像

  • 自立歩行が可能な、機械型のアブノーマリティ。
  • 機械の鍵穴からは、何者かの絶え間ない視線を感じます。
    その目は瞬きこそしますが、決して閉じません。
    目の目的、及び視線の観察対象は不明です。


  • 何度かの実験の結果から、アブノーマリティを見つめる職員が1人以上いる場合、気分状態が極端に悪化することが確認された。
  • 実験_D-002
目隠しをした職員を派遣。目隠しの素材は、光を通さない厚く黒い生地とする。何度か反応を確かめ、視界が遮断されたことを確認。アブノーマリティの収容室に入室後、10秒間アブノーマリティの方向を向き続ける。アブノーマリティは何の反応も示さなかった。
 実験_D-003
実験_D-002と同様、目隠しをした職員を派遣。しかし今回の実験は、形状はD-002のものと酷似しているが、物体の形状が確認できるほど視界が良好な目隠しを使用する。アブノーマリティの収容室に入室後、10秒間アブノーマリティの方向を向き続ける。5秒後、アブノーマリティは攻撃的な姿勢を示し職員に接近した。実験中断。
 実験D_004
目隠しは使用せず、盲目の職員を派遣。30秒が経過したが何の反応も示さなかった。
  • ※実験D_004に使用した職員を直ちに処分すること。


  • 連絡票
    :初めてこのアブノーマリティに作業する職員を教育する際、直視しないように必ず警告してください。もし、疑問を申し立てる愚か者がいた場合、マニュアルをよく理解せず直接アブノーマリティを見つめた職員「ユミ」がどうなったかを話すこと。

    連絡票2
    :このアブノーマリティを担当した「ユミ」はもう仕事を続けることができないでしょう。彼女は絶えず監視されていると主張していましたが、あまりに突飛な発言だったため我々は彼女が重度の妄想性障害を患っていると判断していました。食事中や用を足している最中、誰かに執拗に監視されていると彼女は言い張っていたんです。裂け目や鍵穴のような隙間をドアに発見した場合には、異常に不安がってそれらすべてを塞ごうとしていました... そして、たちの悪いことに彼女の精神汚染値は正常の値を示していたんです! 彼女は働ける状態などではありません。しかし、精神汚染値が正常だとシステム的に処置を施すことはできません... どうか、直ぐに担当を交換したほうがいいかと...

    連絡票3
    :あぁ、以前提示していた案件は解決しました。行方不明になっていた職員「ユミ」は彼女の部屋で見つかりました。我々がドアをこじ開けた時、通気口を含む穴という穴すべてが黒いテープで塞がれていたんです。彼女は自分の目をペンで潰していましたが、同時に妄想性障害も解消されていました。もはや、彼女は突飛なことを言い張ることもない状態です... しかし、なぜ目の見えなくなった職員をあのアブノーマリティの収容室に送ろうとしているのか、私には甚だ疑問です。実験_D-004がどのようなものかは知る由もありませんが、有益な情報をもたらすとはとても思えません...

フレーバーテキスト 編集

  • "「シャーデンフロイデを見てはいけない」という警告は多くの職員の好奇心を駆り立てましたし、その好奇心は恐ろしい結果を招きました。"
  • "貴方が一人でいるにもかかわらず執拗な視線を感じた時は、もう既に手遅れです。"

余談 編集

  • シャーデンフロイデと地中の天国は、その管理に監視カメラの視界を考慮する必要がある初のアブノーマリティである。
    • この特性はそれぞれのE.G.O.装備にも適応されており、カメラの視界によりその性能が向上する。
  • Schadenfreude(シャーデンフロイデ)」とはドイツの言葉であり、他者の不幸や失敗から喜びや満足を得る感情を意味する。
    • 所謂「他人の不幸は蜜の味」に近い言葉である。

要検証 編集

以下の項目について情報が不足しています。また、記載情報に誤りの可能性があれば、コメントしてください。

ギャラリー 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。