FANDOM



"マッチガールは人々の暖かさや明るさ、喜びをとても嫌っています。しかし同時に彼女は、それらに憧れてもいるのです。"
- Angela

"Scorched girl detest people's warmth, light and happiness. But at the same time, she admires them."
- Angela

Scorched Girl (F-01-02-T、Scorched Girl/焦がれた少女) は炭化した少女の姿をした アブノーマリティ です。 白い目、白く開いた口、2本の細い脚、焼け焦げたポニーテール、そして火の灯ったマッチが胴体を貫通しています。

The Scorched Girl (F-01-02-T) is an Abnormality with the form of a charred figure resembling a young girl. She has white eyes, a white open mouth, two thin legs, scorched ponytails, and the burnt tip of a lit match penetrating her torso.

特殊能力/Ability 編集

彼女の特殊能力は「Why is my Story the Only Tragedy?(なぜ私の童話は悲劇しかないの? )」です。マッチガールのマッチは、不機嫌状態が一定時間続くとより強く燃え上がり、「BIGGEST MATCH LIGHT」の警告文が彼女の部屋に表示されます。警告メッセージ中に職員が入室すると、致死的な物理ダメージを与える爆発が起こります(ナビボックス上でほぼ即死とみなす理由はこれです)。これが同日に二度発生すると、彼女は脱走し、近くの職員に精神ダメージを、彼女の鎮圧を試みるエージェントに物理ダメージを与えます。マッチガールのHPを削ることで倒すことが可能ですが、彼女は素早く移動します。彼女は攻撃者から逃れると主要部門へ走り、部署へ到達した瞬間に爆発を起こし、物理と精神ダメージの回復を試みる他の職員に強力な物理ダメージを与えます。爆発後は気分ゲージが最高の状態で収容室に戻り、二つの爆発サイクルはリセットされます。

Her special ability is "Why is my Story the Only Tragedy?". Scorched Girl's match will start to burn more strongly after remaining in a bad mood for a set amount of time. The warning 'Biggest Match Light' will appear flashing in her room. When an employee enters her room with the warning message flashing, an explosion will occur, dealing strong physical damage, almost enough to be lethal (this is why it's counted as near-instadeath in the Navbox). If this happens twice in the same day, she will escape, dealing mental damage to nearby employees and physical damage to agents trying to subdue her. It is possible to defeat Scorched Girl by depleting her health bar, but she is somewhat fast. If she manages to evade her assailants, she will run to the main department room and will explode upon reaching it, dealing strong physical damage to any employees trying to recover physical and mental health. After the explosion, she will return back to her containment room with her mood gauge at its best, and the cycle for two explosions to happen will reset.

起源/Origin 編集

マッチガールは元々、マッチを売っていた少女でした。彼女の人生は惨めなものでしたが、灯したマッチの温もりの中でよりよい人生を夢見ていたのです。しかし、その夢を切望するが余り妄想に取り憑かれた彼女は、誤って自身に火を付け、焼死してしまいました。このアブノーマリティは彼女の魂そのものであり、火の灯ったマッチと共にあることで、いつか見たよりよい人生への憧れを体現しているのです。

Scorched Girl is essentially a girl who sold matches. She had a somewhat miserable life, but in the lit matches, she saw visions of a better one in the warmth provided by them. It is most likely that in her obsession with her longing for a better life, she accidentally started a fire and was burned to death. The Abnormality in itself is her soul, and it lives on with a match infused with it as a representation of her longing to be a part of the better life she saw.

管理方法/Caretaking 編集

マッチガールは、暴力に最も強い反応を示します。彼女は栄養が好きで、交渉や娯楽を嫌い、清潔であることに関心を持ちません。

彼女は他のアブノーマリティと同様、気分に応じてエネルギー放出量が変化します。 彼女は上機嫌な時に最もエネルギーを放出し、平常時には中程度エネルギーを放出、不機嫌時は中程度のエネルギーを吸収します。

マッチガールの気分ゲージは、不機嫌、平常、上機嫌の3つのセクションに分かれています。 彼女は30%以下で不機嫌になり、30%から90%の間で平常に、90%を超えると上機嫌になります。

  • 「マッチガールが不機嫌になるにつれ、炎は大きくなりました。<they>がマッチガールの部屋に入ったとき、職員<name>は炎による深刻な熱傷を負いました」
  • 「マッチガールは彼女の部屋を2度焼くと、部屋から脱走しました」
  • 「脱走後、マッチガールは廊下をうろつき、主要部門に到達後爆発しました。その時そこにいた多くの職員は、爆発により火傷を負いました」
  • 「脱走後、マッチガールは近くの職員に火傷を負わせ、しばらくして爆発したようです」

Scorched Girl responds best to violence. She likes nutrition work, and hates consensus and amusements. She doesn't care for cleanliness work.

Like all Abnormalities, her energy output changes depending on her mood. She produces the most energy when she's at her happiest. She produces a moderate amount of energy when neutral, and drains a moderate amount of energy when distressed.

Scorched Girl's mood gauge is divided into 3 sections, distressed, neutral and happy. Under the 30%, she will feel distressed, between 30% and 90%, she will be neutral; and above 90%, she will feel happy.

  • "Scorched Girl's flame grew bigger as got condition to worse. Employee <name> got a serious burn from the flame when <they> entered Scorched Girl's room."
  • "Scorched Girl escaped her room after burning her room twice."
  • "After escaping, Scorched Girl wandered around the corridor and exploded after reaching the main department. Many employees who were there at the time got burned from the explosion."
  • "It seems that after escapement, Scorched Girl seemed to explode after some time which inflict burns on nearby employees."

最終観測/Final Observation 編集

::Dialogue::
寒いと思ったの。

でも気付いたら暖かくなっていた。

私の心に打ちつけられたマッチは尽きることなく燃え続けている。

今まで一度も火のついたことのないマッチは、灰にならんばかりに燃えている。

ここまで明るく燃え盛るのは、おそらく、私の体を奪った対価として。

走ろう、燃えていられるうちに。

私は今までも、そしてこれからも苦しむのだろう。

なのに、どうしてあなたは幸せでいられるの?

私は恐ろしいものになってしまったのに。

何も変わらないなら、せめてあなたが苦しむところを見せて。

I thought it was cold.

It got warm before I even realize it.

A match nailed to my heart doesn't stop blazing.

The match that never caught a fire before now burns as it became an ash.

Maybe is a price for taking my body, to burn so bright and fiery.

Let's run when I can burn.

I have been suffering and will suffer.

But why you are still happy?

I know the menace I have become.

If nothing will change, at least I want to see you suffering.

Go to you(あなたの元へ行く) Don't go to you(あなたの元へ行かない)
私はあなたの元へ行く。

私と同じように、灰と散るあなたの元に。

I go to you. To you who will soon become ashes like me.

私は立ち止まった。

あなたが遠くに見える。

きっとあなたは私を灯台か何かだと思っているのでしょう。

せめて私だと気付いて欲しい。炎に焼き尽くされ、灰しか残らないとしても。

I stopped.

I can see you in the distance.

Maybe you are thinking I am some kind of lighthouse.

At least, I hope you realize my ash after this flame consumes the all of me.

OBSERVATION FAIL OBSERVATION SUCCESS

エンサイクロペディア 説明 /Encyclopedia Description編集

ScorchedGirlSpritePortrait.png

Scorched Girlの肖像
Scorched Girl's encyclopedia portrait

  • これは黒く炭化した物体です。近くで見ると、人間のような形をしていることが分かります。
  • 何らかの理由でマッチ棒が胴体部を貫通していますが、一般的なマッチ棒と違って、その周りの焦げた物体には何の変化も見られませんでした。この為、職員の中にはこの焦げた物体はマッチ棒の覆いではないかと提唱しています。
  • 最近、焦げた物体に泣くような仕草が見られたという報告がありました。
  • 気分値が増加すると爆発が起こりました。爆発サイクルの予測は、マッチの炎のサイズにより判断することが可能です。
  • アブノーマリティの専門家█████の研究用資料からの抜粋:"子供の焦げた体は壊れた希望を表し、燃え続ける炎は愛情への強い渇望を表しているようだ。彼女の心は、現在でもこの二つに振り回されていることは明白である。したがって、性急な「会話」活動に移行することは推奨しない。"F"
  • その。君に莫大な資金を投じたはずだが、出した結論が「性急な『会話』活動に移行することは推奨しない」だけなのか?
  • 職員の話:「彼女は時限爆弾のようです。彼女の気分を読むことは決して容易ではありません。彼女がいつ爆発するかと警戒しつつ、作業をすすめなければならないのです。彼女の様子が改善することはないでしょうが、少なくともこれ以上落ち込ませることがないようにすべきです」
  • <職員M-3923のインタビューログ>『まさかアブノーマリティが脱走するとは思いませんでした。私たちの怠慢が原因であればともかく、アレはただ胴体に刺さったマッチを燃やすだけの力しか持っていないと思っていたのです。対応が遅れたことは認めますが。(省略)脱走を試みるアブノーマリティの大半は、目の前にいる職員達を攻撃します。しかし、アレは近くの職員達には何の攻撃的な反応は見せず、代わりに最も人が集まっていたセピラに向かいました。私たちの到着が少しでも遅ければ、ここいた半数の人が真っ二つにされていたでしょう。』
  • "Figure is that of blackened char. Upon closer look, human-like shape was observed."
  • "For whatever reason, a matchstick is penetrating its torso area. Unlike the generally lit matchstick, the char surrounding it does not show any signs of activity. Because of this, a few employees suggest that the char is a sort of casing for the matchstick. Recently, there was a witness stating that the char has been seen in a crying motion."
  • "An explosion occurs when the mood rating number increases. Predictions on explosion cycle can be made according to the size of the match flame."
  • "Excerpt from Abnormality specialist, <Omitted>'s research materia: "Child's charred body represents its broken hopes and the fire that still burns represents its obsessive hunger for affection. Continued inner conflict of the two is obvious. Therefore, rash attempts to engage in 'talking' activities are not recommended." "F"
  • "it. With all that money we throw at you, 'Rash attempts to engage in 'talking' activities are not recommended' that's all you can say?"
  • "Employees' Tale: "She is like a ticking time bomb. It is really difficult to read her mood. We need to keep the work going, knowing that she might explode at any moment. She isn't going to get better, but at least try not to upset her more."
  • "<Employee M-3923 Interview Log> "I never thought that the Abnormalities could ever escape. I have nothing to say if it was due to our complacency, but that thing looked as if all it could do is burn the matches stuck in their body. It's true that we reacted a little late. (Omitted) Most of the Abnormalities trying to escape would attack the employees in front of them. But it didn't show any aggression to the employees near them. Instead, they headed towards Sepira, the most populated place. If we were late just a little, half of the people in here would have been sliced in half.""

観察 /Flavour Text 編集

  • 幸福まで達したマッチガールの気分値は、もうすぐ最大まで引き上げられる。細心の注意を払って、作業を完了しよう。
  • マッチガールの観測記録は削除されず、何が起こるのか我々には予想もつかない。
  • 少女は部屋の隅に隠れて <name>の顔色をうかがっている。
  • 少女は部屋の隅に立ったまま独り言を呟いている。
  • <Name>は近づいてマッチの長さを測った。
  • 焼け焦げたマッチの灰の塊りが、少女の周りに積もっていく。
  • 少女は<Name>の反応をうかがいつつ、壁際へと後退していく。
  • マッチの炎とは違い、少女は変わらず部屋に佇んでいる。
  • 炎の中に誰もいない、何もない
  • ほとんど燃え尽きているということは、いろんな意味で危険な予兆だ。<Name>は、少女を緊張して見ている
  • 職員<name>はマッチガールへの<work>を終了した。炎が軽く燃え上がり、不安定に揺れ動いている。
  • "Mood rating of Scorched girl who should be happy is almost completed. With caution, completion is expected."
  • "Observation record of Scorched girl is not deleted and we can't be sure what is going to happen."
  • "The girl hides in a corner, reading <name>'s face."
  • "The girl is talking to herself in the corner, standing still."
  • "<Name> closely observes length of the match."
  • "Burnt match falls in drops of ashes around the girl."
  • "The girl withdraws to back of the wall as she was checking <name>'s reaction."
  • "Unlike the burning light of the match, the girl is standing still in the room without change."
  • "There is no one inside of the flame, nothing."
  • "If it is almost burn out, it is a risky omen in many ways. <Name> is nervously watching the girl."
  • "Employee <name> has finished <work> on Scorched girl. Flames lightly flare up and then precariously waver."

豆知識/ Trivia 編集

  • マッチガールは、非常に寒い大晦日にマッチを売ろうとしている貧しい女の子を題材にした『マッチ売りの少女』という物語を参考にしています。主人公の少女は、彼女の父がひとつもマッチを売っていないことを理由に彼女を殴ることを避けるため、路地裏で隠れていました。彼女は暖かくなるためにマッチを灯し、その炎の中にクリスマスツリーや彼女に唯一優しくしてくれた祖母との素敵な幻を見ました。少女は現れた幻を保つため、マッチをなくなるまで燃やし続けました。 彼女はその後、幸せそうな表情で凍え死んだのです。
    • この情報は、エンサイクロペディアの第4項目でも言及されています。
  • マッチガールのマッチは常に燃えており、その火は決して消えることはないでしょう。
  • Scorched Girl is a reference to a short story named 'The Little Match Girl', about a poor girl trying to sell matches in a cold New Year's Eve. She took shelter in an alley to avoid her father beating her for not selling any matches. She lit the matches to warm herself, but she saw lovely visions in the fire, like a Christmas tree and her grandmother, the only person who treated her nicely. The girl kept burning matches to keep the visions alive, until there were no more matches left. She then froze to death happily.
    • This reference is pointed out in the fourth Encyclopedia entry.
  • Scorched Girl's match is always burning, and the fire on it will never go out.

Gallery 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki