FANDOM



安全のために新入社員を訓練させ、各種の緊急事態を予測したり備えて計画を策定する部門です。
アブノーマリティらの脱走、職員のパニック、セキュリティ違反など危機的な状況に備えて、作戦を樹立し各種指針を制定します。
少々厳しい人間ばかりが集まっているので、遅刻は最も嫌われています。
The Security Team trains new employees and responds to potential threats to the company. They deal with escaped Abnormalities, panicking employees, or security breaches. They are meticulous and punctual.
- 部門説明


安全チームは、ゲームを始めたプレイヤーが3番目または4番目に管理することになる部門です。
ゲームを11日目まで進行させることで、部門の管理が可能になります。

メインルーム、3つのエレベーター、2つの廊下の計6部屋で構成されています。
この部門は、情報チームの左側に位置します。
2つの部門は繋がっており、互いに移動することが可能です。

部門の担当セフィラはネツァクです。


メインルームは部門上部にある最も大きな部屋です。
一日を始めたとき、職員たちはここから行動を開始します。
エージェントは傷の治癒とプレイヤーの指示を待つために、基本的にメインルームで待機します。

安全チームのエージェントは、「N」という文字が書かれた緑色の腕章を着用しています。
オフィサーはワイシャツの上に明るい緑色のスーツを羽織り、黒いズボンとネクタイ、緑色の靴を着用しています。

チームのメインカラーは緑色です。

部門研究は、職員の生存能力を強化するものが主です。

 部門機能 編集

安全チームの部門機能は、職員たちの生存能力向上に役立ちます。

オフィサー生存効果

施設内の全職員の回復効率を強化します。
回復効率とは、再生リアクターによる自動回復の効果の高さを指します。
効果は、安全チームのオフィサーの生存割合によって変動します。
部門の全オフィサーが死亡またはパニックに陥った場合、オフィサー生存効果は無効になります。

  • レベル 3(生存割合 100%~80%):回復効率 +50%
  • レベル 2(生存割合 79%~50%)  :回復効率 +30%
  • レベル 1(生存割合 49%~30%)  :回復効率 +10%


部門勤続効果

対象エージェントが安全チームに割り当てられている間、勇気慎重が向上します。
効果は、部門の勤続日数に応じて強化されます。
エージェントを安全チームから外すと、部門勤続効果はレベル1にリセットされます。

  • チーフ(7日以上)  :勇気慎重 +10
  • レベル 3(7日以上)  :勇気慎重 +7
  • レベル 2(3日~6日):勇気慎重 +5
  • レベル 1(1日~2日):勇気慎重 +3

チーフになれるエージェントは、部門ごとに1名のみです。
チーフが死亡あるいは部門から外れると、別のエージェントが新たなチーフとなります。

ミッション 編集

ミッション1:無気力空間

説明
「俺は安全チームから来た。俺たちは施設の安全を担当している。
 ……実のところ、この施設に安全な場所はないがな……」

達成条件:死亡者を出さずにクリアする

アドバイス
このミッションの場合、オフィサーの死亡はカウントされません。
一日の終了時にパニックに陥っていたエージェントは死亡するため、注意する必要があります。


ミッション2:どうせならビール自販機でも

説明
「ここの職員は生死の危険をともなう状況に晒されている。多くの職員は命か正気を失っている。
 俺に言わせれば正気を失うことは命を失うことよりも悪い。」

達成条件:パニックを出さずにクリアする

アドバイス
このミッションの場合、オフィサーのパニックはカウントされません。


ミッション3:ありえない事

説明
「誰も死なずに、狂いもしない日が続くなんて驚いたな……なら今まで出来なかったのはわざとか?
 まぁいい……次の仕事だ。」

達成条件:死亡/パニックを出さずにクリアする

アドバイス
このミッションの場合、オフィサーの死亡/パニックはカウントされません。


ミッション4:効率的に

説明
「大勢が死ぬのなら、そもそも仕事する人を減らせばいいんじゃないか?これで被害も減るだろうな。」

達成条件:各部門の職員を3名以下でクリアする

アドバイス
各部門に3名以下のエージェントを配備した状態で一日を終える必要があります。

研究 編集

安全チームでは、再生リアクターによる自動回復機能を強化する研究が可能です。

再生リアクター Mk2:メインルーム滞在時のHP回復量増加

「再生リアクターの強化により、部門で待機状態の職員の体力を早く回復させます。」

精神汚染中和ガス:メインルーム滞在時のMP回復量増加

「精神汚染中和ガスを注入して、待機中の職員の精神力を急速に回復させます。」

再生リアクター 認識基準修正
試練や収容違反中のアブノーマリティがメインルームに入室している場合でも、
自動治癒機能が停止しなくなる

「仲間と敵対生物の認識基準を改め、再生リアクターが常に稼働するようになります。」

余談 編集

  • 一部のゲームプレイヤーの間では、安全チームの見た目や雰囲気は保育園に似ていると言われている。
  • 部門説明には「遅刻を嫌う厳しい人間」が集まると記載されているが、部門の担当セフィラであるネツァクは「怠惰で無気力」な性格で、時間にルーズである。

ギャラリー 編集


記事 "Security Team"についてのお知らせ:
古いバージョンのこのページを探していますか?: Safety Team (Legacy)


"Security Team" は最新版のゲーム(v0.1)の情報を取り扱っています。

ここの情報は新しいバージョンのゲームからのものです。最新のゲームプレイの変更を含みます。