FANDOM



言葉通りの「地球で一番安全な場所」になっていくことでしょう。

It literally becomes, "The safest place on Earth.

- Shelter from the 27th of March

The Shelter from the 27th of March(T-09-82、3月27日のシェルター)は、特定の硬質材料により形成されており、内部にぼんやりとした明かりの灯った避難シェルターのような形状をした、HEクラスのツール型アブノーマリティです。

避難所には大きな柱が二本存在し、左の柱には「01」、そして右の柱には「A02」という文字が書かれています。

その奥には、「P」と書かれた円形のロゴがある金属製のコンテナが積み上げられています。

内部の物体や床は血のようなもので染まっています。

収容室への入り口は、通常と同じように右側にあります。

カメラが正面で固定されているため内部の詳細な構造は不明ですが、シェルター内には様々な物資が格納されており、複数人を収容することが可能な構造に見えます。

情報 編集

特殊能力 編集

3月27日のシェルターは、使用することで一人の職員を避難させることが出来ます。

避難した職員は5秒ごとにHPとMPを8ポイント回復し、あらゆるダメージを防ぎます
ただし、別の世界の肖像によって肩代わりしたダメージを防ぐことはできません。

何者かに追われているときにシェルターに入れば、その職員は追跡者から認識されなくなります。


職員が30秒以上避難を続けると、特殊能力が発動します。

特殊能力が発動すると、施設内のいずれかのアブノーマリティのクリフォトカウンターが0に減少します。
以降この能力は職員がシェルターから出るまで、5秒ごとに繰り返し発生し続けます

使用中はいつでも中断することができ、その場合特殊能力発動までの時間はリセットされます。


基本情報 編集

Shelterfromthe27thofMarchPortrait

3月27日のシェルターの肖像

3月27日のシェルターの基本情報は、ツールを30秒間使用すると開放されます。 開放される情報は以下の通りです。

  • アブノーマリティの名前
  • 分類番号
  • 危険レベル(HE
  • 肖像
  • 使用タイプ(継続使用)


由来 編集

その由来の詳細は殆ど明らかになっていませんが、記録の内容から、戦争による「悲鳴と血の海」から選ばれた避難民たちを保護するために使用されたシェルターであることが分かります。

P社は「地球上で最も安全な場所」を目指してシェルターを建設し、人々が長期間生き延びることが可能な避難物資を提供しました。避難という目的が達成された後でも、シェルターは避難民たちに異常な影響を与え始め、シェルター外部に対する認識をより危険なものへと変えていきました。

アブノーマリティの名が示す、『3月27日』に何かが起こりました。
施設に収容された今でも、それはシェルター外部の状況を絶望的なものへと変化させます。
まるでその日の出来事を想起させるかのように。

シェルターが持つ異常な能力がどのように発現したのか、またロボトミー社に発見され、施設に収容されることになった経緯は現在明らかになっていません。

記録と使い方 編集

開放条件
記録
使い方
30秒使用
外の世界の環境全て、光さえも遮断するシェルターです。
3月27日のシェルターの内部に入った職員は全てのダメージに対して免疫を持つ。
(ただし、O-09-91によるダメージはこれに該当しない)
また、3月27日のシェルターの内部に到達した直後から、職員の体力と精神力が少量ずつ回復していく。
1分使用
シェルターはその日の記憶を今でも大切にしています。
別のオブジェクトに追われていた職員が3月27日のシェルターの内部へ到達すると、職員はそのオブジェクトの認識範囲から外れる。
2分使用
P社は、世界で最も安全な場所を作ろうとしました。その内部には大量の保存食量が備蓄されており、非常に長い年月の間、内部に滞在することができます。
職員が30秒間以上3月27日のシェルターの内部へ留まった際、施設内のアブノーマ リティのクリフォトカウンターが0になる現象が発生した。職員が3月27日のシェルターの外へ出るまで、クリフォトカウンターの減少が定期的に繰り返された。
3分使用
そのおかげで、選ばれた避難民たちは後を絶たない悲鳴と血の海から逃れることができました。
内部は完全に安全であるシェルターは、外部の現実に対する認識をより絶望的なものにします。内部は、言葉通りの「世界で一番安全な場所」になっていくでしょう。

余談 編集

  • 3月27日のシェルターは収容室全体を変化させ、自らが収容室として機能する初のアブノーマリティである。
  • 肖像はグレースケールで表示されている。
  • 分類は「T(トラウマ)」であり、agoraphobia(広場恐怖症)から生まれたアブノーマリティである可能性を示している。

要検証 編集

以下の項目について情報が不足しています。また、記載情報に誤りの可能性があれば、コメントしてください。

ギャラリー 編集

管理人、貴方にとって 3月27日のシェルター はどのような存在ですか...?
 
12
 
18
 
15
 
102
 
2
 
5
 

この投票は 2018年4月5日 18:06 に作成され、これまでに154人が投票しました。

『 盲愛 』の感情を示す場合、管理人は精神汚染されています。精神治療の効果がない場合、処分も考慮すること。
他のアブノーマリティとの投票比較とそれに関するコメントはこちらから編集タブ横のコメントへ。