FANDOM



記事 "Singing Machine (Legacy)"についてのお知らせ:
最新版のこのページを探していますか?: Singing Machine
"Singing Machine (Legacy)" は、ゲームのLegacy版(v0.0.2.2b)の情報を使用しています。ここの情報は、最新のゲームプレイが変更される前の古いバージョンのゲームからのものです。


"あなたは機械の電源を切りましたが、誰かがこの機械の歌を望む限りそれは動き続けます。あなたの選択は何も変えません。"
- Angela
"You turned off the machine but as long as someone wants this machine to sing, it will continue to operate. Your choice doesn't change anything."
- Angela
歌う機械 (O-05-30-H)は巨大な工業用肉挽き機です。エンサイクロペディアでは歌う機械 (O-05-30-H)を長い円柱型のものとして説明していますが、ゲーム内スプライトとエンサイクロペディアの画像では角柱型のものとして描写されています。

The Singing Machine (O-05-30-H) is a large industrial meat grinder. Even though the encyclopedia describes it as a long cylindrical machine, both the in-game sprite and encyclopedia image portray it as a prism.

特殊能力 / Ability編集

その特殊能力は「Rhapsody of Machine(機械の協詩曲)」です。これは、作業中のエージェントの精神ゲージが0になった場合、エージェントの作業により気分値が枯渇した場合、歌う機械が不機嫌な時にエージェントが入室した場合に発動します。特殊能力が発動したら、歌う機械は収容室内のエージェントを殺し、同じ部門の別の職員を魅了します。魅了された職員は、歌う機械の歌を聴くために他の職員を襲います。同時に複数の職員を狙うこともあります。

Its special ability is "Rhapsody of Machine", which activates when the employee performing a task on it is drained of all their mental health or if its mood is depleted with an agent inside its room. The machine will kill the handler, and another random employee in the same department will become bewitched by it. Once bewitched, they will begin hunting down other staff members to feed the Singing Machine. Multiple employees can be bewitched at the same time.

由来 / Origin 編集

歌う機械の由来は現在明らかになっていません。

The details of its origin are currently unknown.

管理方法 / Caretaking 編集

歌う機械は栄養作業に最も強い反応を示します。それは清掃が好きで、交信と暴力には反応を示しません。そして娯楽作業は大嫌いです。与える精神ダメージが大きいため、観測レベルが最大になるまでは、管理人は細心の注意をはらい、精神力が完全に回復したエージェントのみを作業に送る必要があります。しかし歌う機械の気分値があまりにも低くなった場合、作業内容や精神力にかかわらず、入室したエージェントを虐殺します。緊急時には、低レベルのエージェントを犠牲にすると、歌う機械の気分値を高めるのに役立ちます。

他のアブノーマリティと同様、気分に応じてエネルギー放出量が変化します。 それは上機嫌時に膨大なエネルギーを生成し、平常時には中程度エネルギーを生産、不機嫌時は中適度のエネルギーを消費します。

歌う機械の気分ゲージは、不機嫌、平常、上機嫌の3つのセクションに分かれています。 それは30%以下で不機嫌になり、30%から90%の間で平常に、90%を超えると上機嫌になります。

  • 歌う機械の作業中にパニックになった職員<name>は、歌う機械に吸い込まれ跡形もなくなった。
  • 職員<name>が歌う機械の中に姿を消した後、付近の職員の一人がどこからともなくメロディーが聞こえてくると訴えた。私たちはこの現象を「魅惑」と呼ぶことにした。
  • 「魅惑」にかかった職員は他の職員を攻撃し始めた。
  • 職員<name>は職員<name>によって攻撃された後に気絶した。攻撃の後、職員<name>は意識のない<name>を歌う機械に飲み込ませた。
  • 相次いで他の職員が「魅惑」に取り憑かれた。これは「魅惑」にかかった最初の職員を「魅惑」から元の状態に戻さないためである。歌う機械は複数の職員を魅了することができると判明した。

The Singing Machine responds best to nutrition work. It likes cleanliness, hates amusement work, and is neutral towards violence and consensus work. Due to the heavy psychological damage it can inflict, the player should only send in a max level, completely sane employee to perform tasks until maximum observation levels have been achieved. However, if the Abnormality's mood drops too low, it will devour any employee who enters, regardless of task or mental health. In an emergency, sacrificing a low level employee through nutrition work will help to satisfy the Singing Machine's mood.

Like all Abnormalities, its energy output changes depending on its mood. It produces a large amount of energy when its happy, supplies a moderate amount when neutral, and drains a moderate amount of energy when upset.

Singing Machine's mood gauge is divided into 3 sections, distressed, neutral and happy. Under the 30%, it will feel distressed, between 30% and 90%, it will be neutral; and above 90%, it will feel happy.

  • "Employee <name> who panicked while managing Singing Machine got sucked in to Singing Machine without a trace."
  • "After employee <name> disappeared into Singing Machine, one of the nearby employee complained that <they> can hear continuous melody from nowhere. We have decided to call this phenomenon 'bewitched'"
  • "Employees who got 'bewitched' started to attack other employees.
  • "Employee <name> fainted after being attacked by employee <name>. After the attack, employee <name> made unconscious <name> get sucked into Singing Machine."
  • "One after another, other employees started to get 'bewitched'. It seems that this was due to us not turning the first employee who got 'bewitched' back to normal. We've realized that Singing Machine can 'bewitch' and manipulate many people at the same time."

最終観測 / Final Observation 編集

::Dialogue::
あなたは、機械が歌うたびに人が死ぬことを知っている。

あるいは、人々が死ぬときに機械は歌う。

無数の人々の血が流れ、歌はあなたを歓喜へと誘った。

You know that people die every time this machine sings. Or perhaps this machine sings when people die.

Though it has spilled blood of uncountable people, the song put you in rapture.

音楽を聴く

Listen to the music

機械の電源を切る

Turn off the machine

音楽は暖かな居心地のよさと緩和の感覚を与える。

The music gives you sense of warm coziness and relaxation.

あなたは、機械の電源を切った。

静寂が空気を満たす。

You turned the machine off. Silence fills the air.

OBSERVATION FAIL OBSERVATION SUCCESS

エンサイクロペディア / Encyclopedia Description 編集

TheMachine

Singing Machine's encyclopedia portrait

  • 機械は、長いシリンダーの形をしている。
  • 一見「粉砕機」としての機能を有している作業用機械に見えるが、自らの「意志」が存在することから、アブノーマリティの条件に適合している。
  • 接近するか(正確には何メートル接近する必要があるかさらなる実験が必要である)触れるとき、アブノーマリティは強力な吸収力で近くにある対象を引き寄せて、本体の中に引きずり込む。
  • その後、蓋が閉まりアブノーマリティは作業に取り掛かる。作業にはおよそ5分かかる。
  • いくつかの実験の後、アブノーマリティが最終的に得ようとするのは「音楽」であると判断された。一定周期ごとに職員を投入させその特殊な要求を満足させないと、ストレスが上昇するので定期的な管理が必要である。
  • <インタビューログからの抜粋>元々は私一人でする作業でした。アブノーマリティはかなりおとなしく見えました。それは何の反応もなく、工場で使われている機械のようなものでした。けれどその日[削除済]は私たちはそこに行かなければならないと主張してきました。「ペイル・ホース」は、彼が言ったことに明確に反応していました。私は「ペイル・ホース」が反応したときに[削除済]を考えているとは思いませんでした。私が世話をしているアブノーマリティの大部分はおとなしかったです。それに、私はとても幸運だった。その日も同じように過ごせるだろうと思いました。(省略)
  • [削除済]はアブノーマリティを詳細に観測しました。私は速くレポートを書きあげてすぐに出たかった、しかし、彼の考えは違いました。彼は理解していたんです、特別な力がないアブノーマリティなどないと。私はアブノーマリティにあまり近づかないように警告しました、しかし[削除済]が一歩近づいた時、突然、アブノーマリティが起動して蓋が開き、彼をまるごとのみこみました。文字通り彼をのみこんだのです。蓋が閉じると大きな音が内部から聞こえました、何が起こったのかわからなかった。何かをするにはあまりにも恐ろしかった。(省略)
  • 暗闇の中で、私はアブノーマリティが楽器を演奏していることに気付きました。[削除済]の身体を磨り潰し切断することで、メロディーを奏でていました。私がおぞましい事実を考えていたときに、蓋が再び開きました。[削除済]の肉片と残骸がそこにありました。どうすればこれだけしか残らなかったのか、と思えるほど(省略)
  • <必読:「歌う機械」による中毒症状> 1.他の職員を「歌う機械」の収容室に連れて行こうとする。 2.瞳孔の拡大。 3.集中力と認識能力が大幅に低下する。 4.他の音楽を聴こうとしない。上記の症状が疑われる場合は、見つかった症状を追加してすぐに報告してください。
  • <インシデントログからの抜粋>XX月XX日、職員M1840失踪事件がありました。 2日後のXX日に、身体の一部が「歌う機械」の中で発見された。DNA鑑定の結果、死体は職員M1840であることが判明した。職員M1840は入社して約3ヶ月が過ぎた新入社員であり、アブノーマリティを担当した記録も無かった。容疑者は「歌う機械」担当の[削除済]だった。徹底した真相究明の末に[削除済]は、犯行を自白した。「自分が狂っている、そんなことは分かっているんだ。ただ、どうしてももう一度あの音楽を聞きたかった。何ヶ月も頭の中であの曲が離れなかった。自分はいろんな実験を行った。機械が猫を飲み込むと1分間再生された。大型犬なら2分30秒の[削除済]した音楽が再生された。けれど人間の時のような音は出なかった。ばかげて聞こえるかもしれないが、自分はもう一度あの音楽を聞けて満足しているんだ」
  • "The machine takes the shape of a long cylinder."
  • "By the look of it, it may look like a simple grinder but the existence of the thing's own 'will' fills the criteria of Abnormality."
  • "When approached (extra experiments are needed to determine how many meters the perimeter actually is) or touched, the Abnormality 'operates' and with a strong suctioning power, pulls in a nearby subject inside its body."
  • "Afterwards, the body's fan shuts and the Abnormality works on the task. The task takes approximately 5 minutes."
  • "After a few experiments, we have concluded that the Abnormality desires the result of 'music' from this interaction. Employees are needed to fulfill that specific need every once in a while in order to prevent the creature's stress levels from rising."
  • "<Excerpt from Interview Log> I was supposed to be sent in alone. The Abnormality looked rather unassuming. Something like a machine used in a factory, as it didn't even react to anything. But that day, <Redacted> insisted that we had to go there. The 'Pale Horse' had responded to something specifically that he had said. he repeated that a lot. I didn't think 'Pale Horse' was thinking about <Redacted> when it responded. Most of the Abnormalities that I take care of are tame. Also, I'm very lucky. I thought that day would be the same. (Omitted)"
  • "<Redacted> closely observed the Abnormality. I just wanted to write the report quickly and get out but he was thinking differently. He was sure; there wouldn't be an Abnormality that doesn't have special powers. I warned him not to get too close, but <Redacted> took one step closer. And suddenly, the thing came to life, opened its lid and swallowed him whole. Literally swallowed him. The lid closed and a loud noise came from the inside of the creature, there was no way of knowing what was happening, but I was too terrified to do anything. (Omitted)"
  • "In the dark, I realized that the thing was playing an instrument. By crushing and cutting <Redacted>'s body, it was creating a melody. As I was contemplating my horrific realizations, the lid opened again. Bits and pieces of <Redacted> were in there. So little that you had to wonder as to what happened to the rest. (Omitted)"
  • "<MUST READ: Symptoms of intoxication by 'Singing Machine'> 1. Attempts to take other employees to containment room of 'Singing Machine' by using physical force. 2. The size of the pupils are larger than usual. 3. Concentration and cognitive ability is greatly reduced. 4. Does not try to listen to other music. Please add any additional symptoms that are found and immediately report the case if any employees are suspected of the above symptoms."
  • "<Excerpt from Incident Log> XXXX XXth, there was a disappearing incident of employee M1840. 2 days later on the XXth, part of the body was found inside the 'Singing Machine'. DNA analysis has found the corpse to be of employee M1840. Employee M1840 was a new hire who had worked in the company for only 3 months, the employee had no record of an assignment with the Abnormality. The employee assigned to the 'Singing Machine', <Redacted> was the suspect. After an extensive investigation, <Redacted> confessed to the crime. "I know it's crazy, but I had to hear that music again. It wouldn't get out of my head for months. I performed all kinds of experiments. When the machine takes in a cat, it plays for 1 minute. A large dog, 2 minutes and 30 seconds, <Redacted> music came from it. But nothing was like a human's music. It might sound ridiculous but I feel satisfied after having heard it once more.""

フレーバーテキスト / Flavour Text 編集

  • "あなたの血と肉にハーモニーを加え旋律を生み出す。"
  • "歌う機械に電源スイッチがあれば、<name>は快適に作業できただろう。"
  • "<name>は細心の注意を払って歌う機械に作業している。"
  • "歌う機械が動いていない間に<name>は作業に取り組んでいる。"
  • "<name>は細心の注意を払っている。歌う機械はいつでも起動できるのだから。"
  • "<name>には歌う機械の次の起動を確認するために蓋を開ける勇気はない。"
  • "<name>は歌う機械の音色に取りつかれている。<name>はどんな命令も聞かない。"
  • "歌う機械は残留物の処理を終えていないので反応していない。"
  • "それが発する音楽は、恐ろしくも美しいことが知られている。"
  • "歌う機械は以前のカスを内部で消化させるように<name>には何の反応も見せていない。"
  • "平凡な粉砕機に見えるが注意が必要だ。あらゆるアブノーマリティは存在する理由が無くても、存在しようとする意思があるかもしれない。"
  • "実は歌う機械の内部は精巧にできていると知られているが、どの職員も自分の目でそれを確認しようとしない。"
  • "今日歌う機械が動作をしていないのは、<name>にとって幸いなことだが、次の作業を行う職員に哀悼の意を表さなければならない。"
  • "職員<name>は歌う機械に<task>作業を終えた。穏やかな機械音が聞こえる。"
  • "<name>がこの収容室に入るまで、歌う機械は電源の切れた普通の機械以外の何物でもない。"
  • "それは非常に強力な吸引力を持っている。"
  • "誰も近くにいなければ歌う機械は動作しない。"
  • "歌う機械がいつ起動するかを知る方法は簡単である。ただその蓋を上げて前のカスがどれくらい消化されたかを確認すればいい。"
  • "Your blood and flesh, shall we harmonize and melodize."
  • "If Singing Machine had a power switch, <name> might have been more comfortable working."
  • "<Name> is working on Singing Machine with extreme caution."
  • "<Name> is working on Singing Machine while it is not in motion."
  • "<Name> is always cautious since Singing Machine can be activated at any time."
  • "<Name> does not enough guts to open the lid to check Singing Machine's next activation."
  • "<Name> is possessed by the timbre of Singing Machine. <Name> will not listen to any command."
  • "Singing Machine is not responding as it is still finishing up what its leftover."
  • "Music that it emits is known to be terribly beautiful."
  • "Singing machine is not responding to <name> as if it is digesting prior grounds internally."
  • "Ordinary grinder maybe in front of you, but please be careful. Every Abnormality may not have reason to exist, but have intention to exist."
  • "Actually, the insides of Singing Machine is known to be sophisticated but no employee dares to check it with their own eyes."
  • "For <name>, they are thankful that Singing Machine is not active. But condolences to whichever employee is going to work there after."
  • "Employee <name> finishes <task> to Singing Machine. There seems to be a gentle sound of machinery."
  • "Until <name> enters this containment room, Singing Machine is nothing more than a normal machine that's turned off."
  • "It has an extremely powerful suction force."
  • "Singing Machine is not in motion if anyone isn't nearby."
  • "It is simple to figure out when Singing Machine activates; just open its lid and check how much leftover grounds are digested."

余談 / Trivia 編集

  • 歌う機械は、肉を粉砕する時に音楽を作り出すことからその名前がついた。その曲は職員を魅了する能力を持ち、もう一度その音楽を聴くことに夢中になる。
  • ゲーム内テキストによれば、「人間を粉砕した時に奏でられる音楽と似た曲は無い」と言われている。
  • 歌う機械はSCP-882: "A Machine"をモデルにしている可能性が最も高い。
  • The Singing Machine gets its name from the tune it produces when grinding meat. The song it plays has the ability to enchant employees, and cause them to become obsessed with hearing the music again.
  • According to in-game text, there is "no song quite like the sound of a human's body".
  • The Singing Machine is most likely based off of SCP-882: "A Machine", in that it essentially possesses people upon activation to bring it more sustenance, eventually eating people.

ギャラリー / Gallery 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。