FANDOM




"けれど、人間を食べた時のような音楽は出なかった。"
- Singing Machine


Singing Machine(O-05-30、歌う機械)は巨大な工業用肉挽き機の姿をしたアブノーマリティです。

それは4本の小さな脚で支えられており、機械の正面には蓋を開けるための黒い円形の接合部が存在します。蓋の上には、機械によって生み出された音楽を奏でる小さなパイプが付いています。

機械の内部には、投入された物体を粉砕するための、鋭い棘が付いた円筒型の部品が一面に敷き詰められています。


特殊能力 編集

以下の条件のいづれかを満たすと特殊能力が発動します。

  • 勇気ランクが4以上の職員で作業を終える
  • 自制ランクが2以下の職員で作業を終える
  • クリフォトカウンターが0のとき、収容室に入室する

カウントの値は、作業結果が悪いと減少します。

特殊能力が発動すると、収容室内の職員は自ら機械の中に飛び込んで粉砕され、音楽に変わります。
その後、同じ部署内の職員が優先され、ランダムな職員が音楽によって『魅惑』されます
特殊能力発動後に減少していたカウントの値は回復します。

魅惑された職員は、他の職員に襲い掛かります。
一人の職員を集中して狙い、遅い攻撃速度で強いREDダメージを与えて殺害しようとします。
彼らの攻撃によってHPが尽きた職員は意識を失い、黒い袋に詰め込まれて歌う機械の収容室へ運ばれます。
収容室に運び込まれた職員は、機械に投入されて死亡します
歌う機械が作動するたびに、ランダムで選ばれた別の職員が魅惑に掛かります。
魅惑された職員がすべて鎮圧されるまで、一連の行動を繰り返します。

正常な職員たちは、魅惑された職員から直接攻撃を受けるまで彼らを鎮圧することはありません。
魅惑された職員をクリックして選択することで、鎮圧の指示を出すことが可能です。

由来 編集

歌う機械の由来は現在明らかになっていません。

詳細 編集

歌う機械は、上から本能、洞察と抑圧、愛着の順に作業を好みます。
洞察と抑圧作業に対しては普通の反応を示し、愛着作業には悪いまたは最悪の反応を示します。
本能作業に対しては作業レベルが3以上の場合に良い反応を示しますが、4以上の勇気ランクを持つ職員が作業を行った場合、即座に特殊能力が発動するため注意する必要があります。

他のアブノーマリティと同様に、エネルギー生成量は作業終了時のPE-BOXの数によって決まります。

歌う機械の作業結果は、悪い、普通、良いの3つのセクションに分かれています。
作業終了時のPE-BOXが0~7個だと悪い結果になり、8~14個だと普通、そして15~18個だと良い結果になります。 作業終了後の待機時間は約10秒で、クリフォトカウンターの初期値は1です。


開放可能な情報/アップグレード 編集

基本情報 (Cost: 16 PE Boxes)

アブノーマリティの名前、オブジェクトクラス、リスクレベル (HE)、肖像、攻撃タイプ(White 4 - 6)、
E-Boxeの容量 (18)と彼らの気分の状態、クリフォトカウンターを開放して表示します。


本能/洞察/愛着/抑圧 作業方法リスト (Cost: 5 PE Boxes)

各作業のレベルごとの成功確率をアンロックします。


管理方法 1/2/3/4/5/6 (Cost: 3 PE Boxes)

  • <管理方法 1>
    • 勇気ランク4以上の職員は、作業完了時に自ら飛び込んで歌う機械を作動させた。
  • <管理方法 2>
    • 自制ランク2以下の職員は、作業完了時に自ら飛び込んで歌う機械を作動させた。
  • <管理方法 3>
    • 作業結果が悪い場合、クリフォトカウントが減少した。
  • <管理方法 4>
    • クリフォトカウントが0のとき、収容室に入室した職員は自ら飛び込んで歌う機械を作動させた。
  • <管理方法 5>
    • 歌う機械が作動した時に収容室の外にいた職員の一人が、どこからともなくメロディーが聞こえてくると訴えた。私たちはこの現象を「魅惑」と呼ぶことにした。
  • <管理方法 6>
    • 魅惑された職員<Name1>の攻撃によって、職員<Name2>が攻撃され気絶した。
      その後、職員<Name1>は意識のない<Name2>を歌う機械に飲み込ませた。


脱走情報 (Cost: 16 PE Boxes)

脱走可能かどうかの情報と、クリフォトカウンターの値(1)を開放します。
魅惑された職員を鎮圧する際は、彼らが着用している防護服の耐性が適用されます。


作業 レベル 1
成功率
レベル 2
成功率
レベル 3
成功率
レベル 4
成功率
レベル 5
成功率
本能
Instinct
普通 普通 高い 高い 高い
洞察
Insight
普通 普通 普通 普通 普通
愛着
Attachment
最低 最低 最低 低い 低い
抑圧
Repression
普通 普通 普通 普通 普通

 観測レベル 編集

レベル 1 (1 セクション開放): 作業速度 +4

レベル 2 (2 セクション開放): 作業成功率 +4%

レベル 3 (3 セクション開放): 作業速度 +4

レベル 4 (すべての詳細の開放): 作業成功率 +4%

武器「Harmony」の開放

ストーリー 編集

SingingMachinePortrait

歌う機械の肖像

  • "The machine takes the shape of a long cuboid."
  • "By the look of it, it may look like a simple grinder but the existence of the thing's own 'will' fills the criteria of Abnormality."
  • "When approached (extra experiments are needed to determine how many meters the perimeter actually is) or touched, the employees put their bodies into the Abnormality. Afterwards, the machine's fan shuts and the abnormality works on the "task". The task takes approximately 5 minutes."
  • "After a few experiments, we have concluded that the Abnormality desires the result of 'music' from this interaction."
  • "There is no detailed research of the ' Music '. However, there is a hypothesis that the music has a special characteristic that attracts people based on the specific behavior of some employees or the psychological counseling record. If an employee is determined to be addicted to the music, there will be need to treated quickly to prevent any secondary damage that the employee may cause."
  • "<Excerpt from Interview Log>
    I was supposed to be sent in alone. The Abnormality looked rather unassuming. Something like a machine used in a factory, as it didn't even react to anything. But that day, <Redacted> insisted that we had to go there. He kept on saying that "The Pale Horse" has responded t him. I didn't think 'Pale Horse' was thinking about me when it responded. Most of the abnormalities that I take care of are safe. Also, I'm very lucky. I thought that day would be the same. (Omitted)"
  • "<Redacted> closely observed the abnormality. I just wanted to write the report quickly and get out, but he was thinking differently. He was sure; there wouldn't be an abnormality that doesn't have special powers. I warned him not to get too close, but <Redacted> took one step closer. And suddenly, the thing came to life, opened its lid and swallowed him whole. Literally swallowed him. The lid closed and a loud noise came from the inside of the creature, there was no way of knowing what was happening, but I was too terrified to do anything. (Omitted)"
  • "In the dark, I realized that the thing was playing an instrument. By crushing and cutting <Redacted>'s body, it was creating a melody. As I was contemplating my horrific realizations, the lid opened again. Bits and pieces of <Redacted> were in there. So little that you had to wonder as to what happened to the rest. (Omitted)"
  • "<MUST READ: Symptoms of intoxication by 'The Singing Machine'>
    1. Attempts to take other employees to containment chamber of 'The Singing Machine' by using physical force.
    2. The size of the pupils are enlarged.
    3. Concentration and cognitive ability is greatly reduced.
    4. Does not try to listen to other music.
    Please add any additional symptoms that are found and immediately report the case if any employees are suspected of the above symptoms."
  • "Excerpt from Incident Log
    XXXX XXth, there was a disappearing incident of employee M1840. 2 days later on the XXth, part of the body was found inside the 'The Singing Machine'. DNA analysis has found the corpse to be of employee M1840. Employee M1840 was a new hire who had worked in the company for only 3 months, the employee had no record of an assignment with the abnormality. The employee assigned to the 'The Singing Machine', <Redacted> was the suspect. After an extensive investigation, <Redacted> confessed to the crime.
    "I know it's crazy, but I had to hear that music again. It wouldn't get out of my head for months. I performed all kinds of experiments. When the machine takes in a cat, it plays for 1 minute. A large dog, 2 minutes and 30 seconds, <Redacted> music came from it. But nothing was like a human's music. It might sound ridiculous but I feel satisfied after having heard it once more.""

フレーバーテキスト 編集

  • "あなたの血と肉にハーモニーを加え旋律を生み出す。"
  • "歌う機械に電源スイッチがあれば、<Name>は快適に作業できただろう。"
  • "<Name>は細心の注意を払って歌う機械に作業している。"
  • "歌う機械が動いていない間に<Name>は作業に取り組んでいる。"
  • "<Name>は細心の注意を払っている。歌う機械はいつでも起動できるのだから。"
  • "<Name>には歌う機械の次の起動を確認するために蓋を開ける勇気はない。"
  • "<Name>は歌う機械の音色に取りつかれている。<Name>はどんな命令も聞かない。"
  • "歌う機械は残留物の処理を終えていないので反応していない。"
  • "それが発する音楽は、恐ろしくも美しいことが知られている。"
  • "歌う機械は以前のカスを内部で消化させるように<Name>には何の反応も見せていない。"
  • "平凡な粉砕機に見えるが注意が必要だ。あらゆるアブノーマリティは存在する理由が無くても、存在しようとする意思があるかもしれない。"
  • "実は歌う機械の内部は精巧にできていると知られているが、どの職員も自分の目でそれを確認しようとしない。"
  • "今日歌う機械が動作をしていないのは、<Name>にとって幸いなことだが、次の作業を行う職員に哀悼の意を表さなければならない。"
  • "職員<Name>は歌う機械に<Task>作業を終えた。穏やかな機械音が聞こえる。"
  • "<Name>がこの収容室に入るまで、歌う機械は電源の切れた普通の機械以外の何物でもない。"
  • "それは非常に強力な吸引力を持っている。"
  • "誰も近くにいなければ歌う機械は動作しない。"
  • "歌う機械がいつ起動するかを知る方法は簡単である。ただその蓋を上げて前のカスがどれくらい消化されたかを確認すればいい。"

余談 編集

  • The Singing Machine has been reworked from Legacy to the actual version. It no longer have an animation when idle and not working and its artwork and portrait has been remade and polished.
  • The Singing Machine gets its name from the tune it produces when grinding meat. The song it plays has the ability to enchant employees, and cause them to become obsessed with hearing the music again.
  • According to in-game text, there is "no song quite like the sound of a human's body".
  • Singing Machine's weapon is the first E.G.O. weapon that reduce an amount of HP of the user for more attack power.

ギャラリー 編集

記事 "Singing Machine"についてのお知らせ:
古いバージョンのこのページを探していますか?: Singing Machine (Legacy)


"Singing Machine" は最新版のゲーム(v0.1)の情報を取り扱っています。

ここの情報は新しいバージョンのゲームからのものです。最新のゲームプレイの変更を含みます。


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。