FANDOM



"The redemption is not something that changes for you. It is something that happens inside of you."
-- Angela

「王子の救いはあなたを変えるものではありません。救いはあなたの中で起こるものです」

--Angela

Snow White's Apple is a humanoid Abnormality with an apple for a head. She is incredibly tall, with a neck and arms that appear to be made of thorned flower stalks. She wears a long red dress with white puffed sleeves and a white waist apron, and what appears to be a large dress collar of wilted leaves. The head has hollow eye sockets and nasal apertures that were said to have been eaten in by worms and birds.






『白雪姫の林檎』 (F-04-42-W)は頭部が林檎に置き換えられた人型のアブノーマリィティです。彼女は信じられないほど背が高く、首や腕は茨でできているように見えます。彼女は白いパフスリーブやウェストエプロン、萎れた葉でできた大きなドレスカラーのようなものが付いた赤くて長いドレスを着ています。頭部の林檎にはがらんどうの眼窩や鼻孔があり、それらは虫や鳥に食べられてできたものと言われています。

Ability 編集

Her special ability is "Where is Him?". Snow White's Apple will escape once her mood became bad. She will disappear of her room and appear in a random hallway or small room of the current department, and root, to sprout vines on the floor. Employees will have reduced movement speed and Snow White's Apple will attack them with sharp vines, dealing strong physical damage, as long they are still on the vines and she is still in the same room. Once the room's floor is covered by vines, Snow White's Apple will disappear from it and appear in other zone of the department, repeating the same actions until is subdued or the day end. The vines will be removed in the next day.

彼女の特殊能力は『彼はどこ?』です。彼女のムードゲージが悪くなった瞬間、彼女は収容室から脱走し、その部門の廊下や部屋にランダムに出現します。出現した彼女はそのフロアの床から無数の根やつるを発芽させます。根やつるは職員の移動速度を低下させる効果があり、また彼女と同じフロアにいて、なおかつ根やつるの上を歩いた職員は鋭いつるに攻撃され、物理的ダメージを受けます。フロアの床が根やつるに完全に覆い尽くされると、『白雪姫の林檎』はその部門の別のフロアへと移動します。彼女はそれを鎮圧されるか一日が終了するまで繰り返します。根やつるは翌日までは消えません。

Origin 編集

Snow White's Apple is the apple from "Snow White and the Seven Dwarves". Created by the witch's rage and curse, it was thrown away after a single bite from Snow White which poisoned her. The apple became lonely, and developed a deep hatred for her. It waited and waited to rot, but never decomposed at all. As time passed, birds and worms took bites of it, leaving holes in the apple. All died soon afterwards due to its poison, and their corpses began piling around it. The apple constantly thought about its own existence. After a long time, a dried, dead stem sprouted. Lifeless leaves grew from and around it, which continued to grow every day. One afternoon, the apple was finally able to move. It thought about Snow White who was lying for a long time and the prince who came to wake her up. The princess which was no longer an apple began to search for her prince.

『白雪姫の林檎』の正体は童話『白雪姫と七人の小人』に登場する毒林檎です。林檎は魔女の怒りと呪いによって創られ、白雪姫に一口かじられた後に、白雪姫を毒に侵し、地面に落ちました。白雪姫が小人や王子様と共にその場を去った後も、林檎はずっと森に捨てられたままでした。林檎は孤独になり、白雪姫に深い憎しみを募らせました。それと同時に林檎は自身が腐り、母なる大地に還るのを待ちました。しかし魔女の呪いか、もしくは白雪姫への憎しみによってか、林檎は決して腐ることはありませんでした。時が経つにつれて、鳥や虫に食べられ、林檎は穴だらけになりました。しかし、鳥や虫たちは林檎の毒によって次々と死んでいき、林檎の周りには死体が積み重なるようになりました。その中で林檎は常に自身の存在について考えるようになりました。月日は流れ、ある日、乾いて死んでしまった茎が発芽しました。さらに生気のない葉っぱたちがそこから生えてきました。そしてそれらは毎日成長し続けました。ある日の午後、林檎はようやく自由に動くことができるようになりました。林檎は自分のように長い間横たわっていた白雪姫と自分を目覚めさせてくれる王子様のことを思いました。そして『彼女』は王子様を探しに旅に出ました。

In the last observation, Snow White's Apple realizes that her 'prince' doesn't exist. She simultaneously realizes that she will never stop existing, and that there is no point in waiting around for nothing.

最終観測では、彼女は自身には王子様などいないということを悟ります。しかし同時に彼女は不幸から解放されるために何処かへと行かねばならず、また腐ることのない自身の存在は誰にも止めることはできないと認識しているようです。

How Snow White's Apple arrived in the facility or where she was found is still unknown.

彼女がどのようにして施設に来たのか、またはどこで収容されたのかは不明です。


Caretaking 編集

SW2.png

Snow White's Apple responds best to violence work. She likes nutrition, and hates cleanliness, consensus, and amusement works. It's recommended that the player always keeps a close eye on her mood, as she only needs to fall a little into the red zone for her to attempt an escape.

彼女は暴力(Violence)が大好きであり、食事(Nutrition)が好きです。掃除(Cleanliness)コミュニケーション(Consensus)、遊ぶ(Amusement)は大嫌いです。彼女はムードゲージが少しでも赤いゾーンに達したら、即座に脱走するため、プレイヤーは常に彼女のことを注意深く観察するべきです。

Snow White's Apple drains a moderate amount energy when she's happy, supplies a large amount of energy when neutral, and doesn't provide any energy output when upset. However, thanks to what may be a bug, her happiness currently does not drain the facility of energy, and instead supplies it.

彼女は幸福であるときは中程度のエネルギーを消費し、通常時には大量のエネルギーを生産します。苦しんでいるときは全くエネルギーを生産しません。しかし、現在、バグか仕様かは分かりませんが、幸福のときでも彼女はエネルギーを消費せず、逆に生産します。

『白雪姫の林檎』のムードゲージは3つの状態に分かれます。30%以下では彼女は苦しみ、80%以上で幸福になります。

In order to complete the final observation, the player must answer 'Doesn't exist' when the prompts arise.

  • "Snow White's Apple escaped from the quarter at the moment her status became bad."
  • "After the escape, Snow White's Apple moved to an aisle inside of a department and sprouted roots and vines."
  • "Snow White's Apple's vines hindered employees' walk, causing them to be slower than usual."
  • "Snow White's Apple attacked employee <name> when <they> walked on a vine that is connected directly to itself."
  • "When an aisle was completely covered with vines, Snow White's Apple moved to another aisle and started sprouting vines again."
  • "Snow White's Apple was subdued and transported back to the quarter. However, its vines did not die until the next day."

『白雪姫の林檎』の状態が悪くなった瞬間、収容室から脱走した。

逃げた後、『白雪姫の林檎』は部門内の通路に移動し、根やつるを発芽させた。

『白雪姫の林檎』のつるは職員の歩行を妨害し、通常よりも遅くした。

『白雪姫の林檎』はつるの上を職員XXXXが歩いたときに職員XXXXを攻撃した。

通路がつるで完全に覆われたとき、『白雪姫の林檎』は別の通路に移動し、再びつるを発芽させた。

『白雪姫の林檎』は鎮圧され、収容室に戻った。しかし、つるは翌日まで枯れなかった。

Final Observation編集

::Dialogue::
(あなたは何かを見て、感じる)

固い土。

小鳥がそばにいました。

いいえ、それは鳥ではありません。

それは鳥の腐った死骸です。

私のそばには誰もいない。

眠っていた白雪姫は王子様のキスで目覚めた。

骨をも溶かす毒は役に立たなかった。

なぜ誰も私のことを訪ねてきてくれないの?

なぜ誰も私の痛みを分かち合ってくれないの?

なぜ誰も私のことを好きになってくれないの?

私に足があれば、いえ、足である必要はありません。私が望むのは動くことだけです。

ああ、王子様、私を……

「私で見つけよう」 「存在しない」
ある瞬間から、私は歩けることを実感しました。

光が見える。人々の声が聞こえる。

私はこの苦しみから解放される。

王子様に会った時、私は解放されます。

不公平です。

私は幸せになりたい。

待つのはあまりにも苦痛です。

私の周りに誰もいないことが苦しい。

私は惨めさに押しつぶされて、消え去りたい。

足が私から芽吹きましたが、私には行くところがありません。

けれど、私は腐らない。私の存在を止めることはできない。

行く場所はなくとも、私は行かなければならない。

私は行く。

行かなければ。

OBSERVATION FAIL OBSERVATION SUCCESS

Encyclopedia Entries 編集

Screen Shot 2017-01-26 at 12.33.35 AM.png

Snow White's Apple's encyclopedia portrait

  • "......with the prince's kiss, thee apple that was blocking Snow White's throat came out of her mouth. Elves shouted with delight. Snow White and the prince walked on the flowery road to their kingdom and they lived happily ever after."
  • "However, there was an apple, molded with the witch's rage and curse. It was also part of the witch herself. Thrown on the ground after Snow White's single bite, the apple was not happy. The apple waited to be rotten, to go back to the mother nature, feeling nothing but hatred against Snow White and loneliness."
  • "Was it because of the enchantment? Or had its rage overcome the law of nature? Time had far passed the point where the apple's seeds are supposed to sprout. However, the apple did not rot a bit. Some parts of it completely crushed by someone's foot, the others were full of holes made by worms and birds."
  • "Dead worms and birds piled up around the apple. Among the rotting corpses, the apple constantly thought about its existence. One day, the stem has sprouted out of it. All dried up, the stem and the leaves seemed lifeless, but it continued to grow on."
  • "Some afternoon, the apple finally moved. It thought about Snow White and the prince. Snow White, just like the apple, was lying for a long time and the prince came, woke her up. The princess who was no longer an apple, set out to find her prince. - Excerpt from 'Fairy tales no-one knew, and could not' (Authorless)"

……王子様のキスで白雪姫の喉を塞いでいた林檎が口から出てきた。小人たちは喜び、叫びました。白雪姫と王子様は王国への花道を歩き、ずっと幸せに暮らしました。

しかし、魔女の怒りと呪いがかけられた林檎はそのままでした。それは魔女自身の一部でもありました。白雪姫に一口かじられた後、地面に落ちた林檎は幸せではありません。林檎は白雪姫と孤独に対して憎しみを募らせました。そして、母なる自然に還るために腐るのを待ちました。

呪いのためでしょうか? あるいはその憎しみが自然の法則を克服したのでしょうか? 林檎の種子が芽吹くはずの時間は訪れませんでした。さらに林檎は少しも腐っていませんでした。林檎は誰かの足に踏み砕かれ、他の部分は虫や鳥に食べられて穴だらけでした。

林檎の周りには呪いで死んだ虫と鳥の死骸がたまっていきました。自分の代わりに腐っていく死骸の山の中で林檎は絶えず自分の存在について考えました。ただし、乾いて枯れてしまった茎と葉は生気のないまま成長し続けました。

ある日の午後、林檎はようやく動けるようになりました。林檎は白雪姫と王子様について考えました。白雪姫もまた林檎のように長い間横たわっていました。林檎は自分の王子様を見つけるために旅に出ました。

-『誰も知らなかった童話』(著者不明)から一部抜粋

Flavour Text 編集

  • "The witch gave up on everything and casted the strongest spell on the apple."
  • "The day when an apple fell in the garden of the princess and the king, the witch's heart collapsed."
  • "Quiet rustle of leaves is heard in Snow White's Apple's containment room.
  • "If you look closely, you will realize these vines are already dead."
  • "Snow White's Apple was alone for a long time. Dead worms and birds were the only things that kept its company."
  • "Snow White's Apple was cursed by the witch. The fairy tale ended with the princess who passed out because of Snow White's Apple being blessed by everyone."
  • "Vines are entangling vicinity of Snow White's Apple's containment room."
  • "Stems are lifeless, it would crush with a single tip of a finger. Such creeping view can be hardly called as a plant."
  • "Snow White's Apple's empty eye sockets are were worms and birds bit on. Snow White's Apple consumed the dead bodies around it."
  • "Snow White's Apple grew while feeling dreadful jealousy, rage against itself, and loneliness."
  • "'Mirror, mirror. Who is the most beautiful woman in the world?' The witch asked in the room where no-one visits anymore."
  • "Of course, the mirror did not answer. However, the witch got her answer."
  • "Vines are entangling the vicinity of Snow White's Apple's containment room."
  • "Vines and leaves are lifeless. However, they keep on growing."

魔女は全てを諦め、林檎に最も強い呪いをかけた。

王子様と白雪姫の庭に林檎が落ちた日、魔女の心は砕かれた。

葉が動く静かな音が収容室から聞こえてくる。

よく見れば、これらのつるは全て死んでいることがわかる。

『白雪姫の林檎』はずっと一人でいた。虫と鳥の死骸だけが唯一の仲間であった。

『白雪姫の林檎』は魔女に呪われた。彼女のおとぎ話は倒れた白雪姫と共に終わった。

つるは『白雪姫の林檎』の収容室内でもつれあっている。

つるは死んでいる。それは指で少し押すだけで潰れてしまう。もはや植物と呼ぶことはできない。

空っぽの眼窩は鳥や虫に食べられたできた。一方で、彼女は彼らの死骸を消費し、育った。

恐ろしいまでの嫉妬、怒り、孤独を感じながら、『白雪姫の林檎』は成長した。

「鏡よ、鏡、世界で一番美しい女性は誰ですか? 」魔女はもう誰も訪れない部屋で訪ねた。

当然鏡は答えない。だが魔女は望んだ答えを得た。

つるは『白雪姫の林檎』の収容室の周辺でもつれあっている。

つるも葉も死んでいる。なのにそれらは成長し続ける。

Trivia 編集

  • Snow White's Apple is a reference to the German fairy tale Snow White written by the Brothers Grimm.
  • Even though her encyclopedia says she drains energy while happy, Snow White's Apple actually produces it instead. It's highly probable that this is a bug of some kind.
  • Snow White's Apple will always face the right side of the screen, even when escaping.

・『白雪姫の林檎』はドイツのグリム兄弟によって書かれた『白雪姫』がモチーフとなっています。

・エンサイクロペディアでは彼女は幸福時はエネルギーを消費すると書かれていますが、実際は生産します。おそらくバグである可能性が高いです。

・『白雪姫の林檎』は常に画面の右を向いています。

・『白雪姫の林檎』はトレーラー動画にも登場しています。落下するエレベーターの中、怯えている二人の職員を前に、片目に一人の職員が突っ込んでいる状態で立つその姿は、信じられないほどの背の高さも相まって、かなりインパクトがあります。しかし、実際の彼女はエレベーターには乗りませんし、片目に職員を突っ込ませることもありません。

Gallery編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki