FANDOM



誰一人として彼の遺体を取り戻すと願い出なかった。

Unsurprisingly, not a single employee volunteered to retrieve the corpse of their cocooned colleague.

- Spider Bud

Spider Bud、または Brood Mother(T-02-43、母なるクモ)は、蜘蛛の母親の形をしたアブノーマリティです。

彼女はストーリーでは赤い目がたくさんある巨大な蜘蛛と言われていますが、天井から垂れ下がった、大きさの違う赤い目がいくつかある暗い袋のように見えます。
彼女は体に目に見える脚を持っていませんが、彼女が従業員をつかんだときに見られるように、彼女の足が天井から来ているようです。

彼女の収容室では子蜘蛛が床を這いまわってます。


特殊能力 編集

「どうぞ召し上がれ」

"Bon Appetite"
以下の条件を満たすと、特殊能力が発動します。
  • 洞察作業を終える
  • 慎重ランク1の職員が作業を終える

作業途中で職員が死亡した場合、能力は発動しません。
職員は子蜘蛛を踏み潰し殺すことで彼女の怒りを買います。

特殊能力が発動すると、天井から降りてきた母なるクモは糸で職員を包み込んで繭にします。
繭になった職員は死亡したとみなされます。

繭はPE-BOX生産性を高め、作業終了時に得られるPE-BOXの量は繭の数だけ増加します
収容室には繭が5つまで吊らされます。
6人目以降の繭は表示されませんが上述のPE-BOX生産量にきちんと加算されます。

由来 編集

彼女の詳しい由来は明らかになっていませんが、その全体像から、以前は暗い森に住んでいたようです。

蜘蛛は飢えているときつがいを食べることが知られています。
また、つがいはそのパートナーのために喜んで犠牲になります。
それで空腹を満たすことができるなら問題ないことだと思います。

Spiders are known to eat their spouse when it is hungry. Or, the spouse willingly sacrifice for its partner. It's okay as long as it can fill its empty stomach, I guess.

- Angela (Legacy)
最終観測
私は蜘蛛。

網にかかった物はなんでも食べる。

私はお腹を空かせてる。

何日も何も食べてない。

大きな獲物が網に引っかかった。

このまま何も食べなければ飢えて死んでしまうわ。
獲物を食べる。 獲物を食べない。
私は獲物を貪り食った。

考えるより早く、体が動いた。

私は蜘蛛。

網にかかった物は何でも食べる。
私は目の前の獲物を食べる事ができなかった。

ゆっくりと飢えが私を蝕んでいく。

獲物は逃げようと、生き延びようと抵抗する。

しかしその努力は網を空しく僅かに揺らすだけだった。

私は獲物を見つめている。
OBSERVATION FAIL OBSERVATION SUCCESS


詳細 編集

SB

繭にされた職員

母なるクモは、本能愛着抑圧洞察の順に作業を好みます。

本能には作業レベルに関わらず高い反応を示します。
愛着抑圧には作業レベルに関わらず普通の反応を示します。
洞察には作業レベルに関わらず最低の反応を示します。

エネルギー生成量は作業終了時のPE-BOXと繭の総数によって決まります。

その作業結果は、悪い、普通の2つのセクションに分かれています。
作業終了時のPE-BOXが0~6個だと悪い、7~14個だと普通の結果になります。
作業終了後の待機時間は約10秒で、クリフォトカウンターの値はありません。


開放可能な情報/アップグレード 編集

基本情報 (Cost: 12 PE Boxes)

アブノーマリティの名前、オブジェクト分類、危険レベル (TETH)、肖像、攻撃タイプ (RED 2 - 3)、
E-Boxeの容量 (12)、気分状態、クリフォトカウンターをアンロックします。


本能/洞察/愛着/抑圧 作業方法リスト (Cost: 4 PE Boxes)

各作業のレベルごとの成功確率をアンロックします。


管理方法 1/2/3 (Cost: 4 PE Boxes)

  • <管理方法 1>
    • 慎重のランクが1の職員たちは、収容室の床にいる子グモたちを踏み殺してしまう傾向がある。母なるクモは子グモを踏み殺した者を捕らえ繭に変えた。
  • <管理方法 2>
    • 彼女に洞察作業を行ってはならない。収容室で洞察の作業を行うと、母なるクモが収容室内部を清掃していた職員を即座に捕らえ、繭に変えた。
  • <管理方法 3>
    • 母なるクモの繭からもPE-BOXが生産された。繭の数が多いほど、より多くのPE-BOXが生産された。


脱走情報 (Cost: 12 PE Boxes)

脱走可能であるかの情報と属性耐性、クリフォトカウンターの最大値 (X) をアンロックします。
:脱走しないオブジェクトです


作業 レベル 1
成功率
レベル 2
成功率
レベル 3
成功率
レベル 4
成功率
レベル 5
成功率
本能
Instinct
高い 高い 高い 高い 高い
洞察
Insight
最低 最低 最低 最低 最低
愛着
Attachment
普通 普通 普通 普通 普通
抑圧
Repression
普通 普通 普通 普通 普通

観測レベル 編集

レベル 1 (1 セクション開放): 作業成功率 +4%

レベル 2 (2 セクション開放): 作業速度 +6

ギフト「Red Eyes」をアンロックします。
これは黒縁のメガネのようなアクセサリーで、作業終了時に5%の確率で付与されます。
身に着けたエージェントは作業速度と成功率が2増加します。
防護服「Red Eyes」をアンロックします。

レベル 3 (3 セクション開放): 作業成功率 +6%

武器 「Red Eyes」をアンロックします。

レベル 4 (すべての詳細の開放): 作業速度 +4

ストーリー 編集

SPIDERBUD

母なるクモの肖像

  • 闇に隠れ自らのテリトリーを見張る、巨大なクモのアブノーマリティ。
    床上には足の速い子グモが多数うろちょろしている。
    天井には正体不明のクモの糸が互いに絡み合っていた。
    我々は肉眼でアブノーマリティを見ることができなかった。
    収容室の天井の電線が一部壊れて停電状態になっている。
  • 我々の自慢の職員ピーターがアブノーマリティの収容室に入った。
    懐中電灯を点灯させると、子グモが光から逃げるのを見た。
  • 職員がクモの1匹を踏んだとき、恐ろしいことが起こった。
    多数の赤い目を持つ巨大なクモが天井から降りてきて彼を見た。
    またたく間に職員が天井まで引き上げられ、糸で包まれた。
    吊り下げられた職員は子グモの食べ物になるだろう。
  • 誰一人として、彼の遺体を取り戻すと願い出なかった。


  • <資料:赤目毒グモの記事から抜粋>
多くの人が知らない事実だが、繭の中の餌は鮮度を保つために徐々に死んでいくと推測される。
特に、赤目毒グモの毒は除去された後も心臓病を引き起こす。
獲物は日々小さくなる自分の鼓動を聞いて、死を待つだけである。


  • <手紙からの抜粋>
記事を拝見させていただきました。
しかし、問題のアブノーマリティと赤目毒グモとの類似点を証明するには、有効な根拠がほとんど存在していないことを伝えなければなりません。また、エンジニアは、拘束された職員が収容室にいるときにエネルギー生産率が █ %増加することを発見しました。
従って、あなたが提案された「収容室の中の繭が職員であると特定された場合、救助活動を開始しなければならない」という意見は棄却します。しかし、あなたの意見を尊重するために、私たちはアブノーマリティ『Brood Mother』の研究をより徹底的に行うことを約束します。
なお、根拠の無い噂で他の職員を不安にして会社の雰囲気を乱す行為は、企業内の規定により辞職対象となることがありますので、是非注意お願いいたします。ロボトミーは、職員の福祉のために最善を尽くしており、職員の意見にいつも耳を傾けます。
― ロボトミー社 福祉部門長官


  • 職員の間でグロテスクな噂が広がっている。
    この会社に1つや2つの噂があるのは不思議ではないが、目撃者が現れ始めると好奇心は強くなった。
「夜の収容室から呻き声が聞こえる」
「声は数日前に行方不明になったアレックスのものだった」
「ここは暗すぎる!怖い、助けて!助けて!」

フレーバーテキスト 編集

  • "母なるクモのは冬の食べ物を求めている。子グモはいつも空腹だ。"
  • "収容室自体は巨大なクモの巣である。職員が足を踏み入れた瞬間に獲物を見る。"
  • "天井のワイヤーが長くなっているようだ、職員<Name>はその内の1つが動くのを見た。"
  • "クモには、強い母性愛がある。子グモを守るためにどんな犠牲でも払う。"
  • "<Name>は、彼女の目に触れないように作業中は天井を見ない。"
  • "<Name>は収容室を出る前に、忘れずに服を叩いて子グモが乗っていないかどうかを確認する。"
  • "時々、子グモが天井から落ちるが、気にしなくてよい。"
  • "床は黒く見えないが、<Name>はゆっくりと動いていることに気づいた。"

余談 編集

  • ストーリーの内容から分かるように、繭にされた職員はまだ生きている可能性がある。彼らは生きたまま子グモの餌になる。
  • 彼女には「Brood Mother」という別名があるようだ。この名はストーリーで登場する。
  • 分類は「T(トラウマ)」であり、arachnophobia(クモ恐怖症)から生まれたアブノーマリティである可能性を示している。

要検証 編集

以下の項目について情報が不足しています。また、記載情報に誤りの可能性があれば、コメントしてください。

※ 各ステータス/特殊能力の仕様はver0.3.1.1bのもの

ギャラリー 編集

管理人、貴方にとって 母なるクモ はどのような存在ですか...?
 
34
 
31
 
46
 
1
 
0
 
5
 

この投票は 2018年4月5日 18:07 に作成され、これまでに117人が投票しました。

『 盲愛 』の感情を示す場合、管理人は精神汚染されています。精神治療の効果がない場合、処分も考慮すること。
他のアブノーマリティとの投票比較とそれに関するコメントはこちらから編集タブ横のコメントへ。


記事 "Spider Bud"についてのお知らせ:
古いバージョンのこのページを探していますか?: Spider Bud (Legacy)


"Spider Bud" は最新版のゲーム(v0.1)の情報を取り扱っています。

ここの情報は新しいバージョンのゲームからのものです。最新のゲームプレイの変更を含みます。