FANDOM



"There is a universe inside of the pebble. When the boy cries, A star borns in it. Am I part of your universe?"
- Angela

『小石の中に宇宙があります。子供が泣けば星が生まれます。あなたの宇宙に私はいますか?』

-Angera

The Child of Galaxy (O-01-55-H) is an Abnormality with the appearance of a small boy who is always sobbing. He is wearing a dark grey sleeveless shirt and gray pants. His skin and hair resemble the stars in the sky or a galaxy. The child seem to know everything that is happening about the ones holding his pebbles.

『銀河の子』(O-01-55-H)はいつも憂鬱そうに見える小柄な少年の外見をしたアブノーマリィティです。彼はダークグレーのノースリーブシャツとグレーのズボンを着ています。彼の肌や髪は、空や銀河の星に似ています。『銀河の子』は自身の小石を通じて、小石の所有者が何をしているかなどを知ることができるようです。

Ability 編集

The Child of Galaxy's special ability is "Your Universe". When an employee enters his containment room again after previously finishing an action, the employee will receive a 'pebble', which is visible through its effect. The pebble will grant constant healing of both Health and Mental gauge, as though the employee is always in the main department room. This effect will continue to appear on the employee even after fully healing. Multiple employees can have this effect.

『銀河の子』の特殊能力は『キミの宇宙』です。同じ従業員が二回続けて彼の観測を行うと、そこらへんで見かけるような『小石』を受け取ります。小石の所有者はメインルームにいるときのように、体力と精神が絶え間無く回復するようになります。また、複数の職員が小石を受け取ることも可能です。

When an employee holding a pebble enters a containment room which is not The Child of Galaxy's room, or dies due to another abnormality, his mood will be reduced. The effects of the pebble will only last the same day the employee received it.

小石の所有者である職員が他のアブノーマリィティの観測を行ったり、脱走したアブノーマリィティなどによって死亡したりすると、彼のムードゲージは低下します。小石の効果は貰ったその日限りです。二回続けて観測を行えば、また貰えます。

When The Child of Galaxy's mood is totally depleted, his room become covered with violet mist and he will drain a large amount energy at a high rate. This effect prevents the player of entering in the energy refining process or reduce it when is already happening. Any employees holding pebbles will get killed when this effect is triggered. If you send an employee to him at this state, The Child of Galaxy will kill the employee after the work is completed and the mist will be removed.

『銀河の子』のムードゲージが完全になくなった時、収容室全体を紫色のモヤが覆い、大量のエネルギーが消費されます。かなりの量が消費され続けるため、大抵の場合、エネルギーやエネルギー精製プロセスのゲージは減ることになるでしょう。紫色のモヤが出ると、小石の所有者は全員死亡します。『銀河の子』の収容室に職員を送り込めば、『銀河の子』は元の状態に戻りますが、送り込んだ職員は死にます。

Origin 編集

彼の起源は不明です。

Caretaking 編集

The Child of Galaxy likes all the types of work. Thanks to his effect, employees have a better chance to survive when trying to perform actions to other Abnormalities, or subdue Abnormalities which deal heavy damage.

『銀河の子』は全ての観測方法が好きです(エンサイクロペディアだと暴力と遊ぶが中立のように見えますが、きちんと好き判定が出ます)。また、彼のムードゲージにさえ気をつければ、彼の特殊能力はアブノーマリィティの鎮圧や被ダメージの多いアブノーマリィティの観測などで大いに役に立ってくれるでしょう。

The Child of Galaxy produces a large amount of energy when happy, a moderate amount when neutral, and does not produce or drain any energy at all when distressed.

『銀河の子』は、幸福なときには大量に、通常時にはそれなりにエネルギーを生産します。苦しんでいるときには全く生産しません。

The Child of Galaxy's mood gauge is divided into 3 sections, distressed, neutral and happy. Under the 10%, he will feel distressed, between 10% and 35%, he will be neutral; and above 35%, he will feel happy.

『銀河の子』のムードゲージは、苦痛、通常、幸福の3つです。10%以上で通常に、35%以上で幸福になるでしょう

  • "If the child and an employee reaches a certain level of intimacy, he gives the employee a pebble, calling it the sign of friendship. - The pebble makes the employee happy and vigorous."
  • "If the employee enters other containment chambers, the child will be depressed. -  The pebble will make the employee sick and tired when the child is depressed."
  • "If the child is depressed, energy is reduced."
  • "The pebble goes back to the child when the day is over."
  • "- If the employee in possession of the pebble dies, not by the child himself but by any other abnormality, his mood status will largely decrease."

子供と職員が一定の友情を築くと、彼は職員に友情の証として小石を渡す。小石は職員を幸福かつ活発にする。

職員が他の収容室に入ると、子供は落ち込んでしまう。子供が落ち込んだとき、小石は所有者を疲労させる。

『銀河の子』の気分が悪くなるとエネルギーが減少する。

日が変わると小石は子供の元に戻る。

小石を所有している職員が子供以外のアブノーマリィティによって死亡すると、『銀河の子』の気分値は大きく低下する。

Final Observation編集

::Dialogue::
あなたは収容室に入った。

そこには子供が立っている。

「ボクはキミを知っている」

「そう、ボクたちはお互いから生まれた」

あなたは……

「留まる」 「収容室を出る」
「ボクと一緒にここに残ってくれるの?」

「そうじゃなきゃ、君はいらない」

あなたは子供に背を向けて歩き出す。

あなたの手の中の小石は輝き、揺れ、くすぐる。

そしてそれは宇宙になる。

「さよなら。もう二度と来ないでね」

彼は冷たい別れを告げた。彼は笑っていた

OBSERVATION FAIL OBSERVATION SUCCESS

Encyclopedia Entries 編集

The Child of Galaxy

The Child of Galaxy's encyclopedia portrait

  • "It was a middle of the night when fog was gracefully covering the world.
    A child with bare feet was gazing me without a word.
    I stopped, because I saw the sadness hanging on his face.
    He was crying, with his dreamy eyes filled with sorrow and grace.
    I gave him my help.
    He smiled, and his sorrow melt.
    The child's tear dropped, as a star cam down from the sky.
    The world fell into a sleep, as it was trapped in ecstatic lullaby.
    The night, when the galaxy descended with bare feet.
     - An excerpt from the diary of employee <REDACTED> who committed suicide."

真夜中に霧が世界を優雅に覆っていた。裸足の子供がじっと私を見つめていた。彼の顔に悲しみが浮かんだのを見て私は立ち止まった。彼は泣いていた。夢のような目には麗しくも悲しい涙が溢れていた。私は彼に救いの手を差し伸べた。彼は微笑み、悲しみえは和らいだ。空から降り注ぐ星のように涙が落ちた。恍惚な子守唄に包まれて、世界は眠りに落ちた。銀河が裸足で降りてきた夜にて。 -自殺した職員[編集済み]の日記より抜粋。

  • "A boy with big eyes and a skin that resembles starry night sky. He is fairly shy, but doesn't show any fear or hostility towards others. He become very friendly after forming a certain level of friendship with someone. Some employees have purely favorable impression on this abnormality."

大きな目と夜の星空に似た肌の男の子。彼はとても恥ずかしがり屋だけど、他人に対する恐怖や敵意は見られない。誰かとある程度心を通わせれば、彼はとても親切になる。一部の職員は彼に純粋に好感を抱いている。

  • "He largely favors consensus and amusement. He shows a strong attachment towards act of contacting with others."

彼は主に交信と娯楽が好きだ。彼は他人と接触する行為に対して、強い愛着を示している。

  • "If the boy and an employee reaches a certain level of intimacy, he gives a small pebble to his friend. The employee feels happiness and vigor while in possession of the pebble. However, it will do something else other than good, if the employee enters any other containment chamber than his. If an employee with the pebble, which is the sign of his friendship, dies, the abnormality shows deep grief to his or her death."

少年と職員が一定の友情を築くと、彼は小さな小石を与える。職員は小石を所有している間、幸福感と活力を感じる。しかし、職員が自分以外のアブノーマリィティの収容室に入ると、小石は悪影響を与える。友情の証である小石の所有者が死亡したとき、アブノーマリィティは所有者の死に深い悲しみを示す。

  • "The diary of employee <REDACTED>"
    0th, XX
    I looked into his eyes for a long time. I spaced out a little bit because his eyes were so dreamy. I wanted to pet him, but my co-workers told me not to have personal feeling towards the abnormalities.
    0th, XX
    I told him my name. He repeated it with his eyes bigger than usual as if he found out a big secret. When he called my name, it felt like it became something more than just a familiar thing that I had been living with.
    0th, XX
    When someone else entered his chambe, he did not follow that employee and looked for me. I felt somewhat basely victorious after hearing that news. He likes me, not you.
    0th, XX
    The moment I entered the boy's room, he jumped into my arms while crying. I had to keep telling him that I will come back regularly from now on. When I finally put him out of my arms with a little bit of struggle, a small, white pebble dropped into my hand. "Please don't lose it, and don't give it to anyone else." The boy mumbled.
    0th, XX
    "Do you like that bird mor than me?" The boy quietly asked after seeing me who just finished a work on Big Bird. I asked him how did he find out what I was doing. "I know, I know everything. Whatever you do, wherever you go." His gaze lied on the pebble, and he smiled. His eyes gave me goosebumps.
    0th, XX
    I tired to throw away the pebble but it was not something I could do. I don't even understand what is going on...... "You still love me, right?" The boy smiled at me. He smiles, smiles, smiles, smiles......
    0th, XX
    I can't get this pebble off of my body. My only hope is that someday the boy will get tired of me. I'm waiting for that day......but will it ever come? People tell me I am an excellent employee. You idiots don't know anything, shut up.
    The Final Entry
    I can't take it anymore. I can't escape from him. I thought I was in charge but the truth is that I was just a plaything in the boy's hand the whole time. Whatever I do, wherever I go, I hear his whispers. I will end it. But I am not even sure if I can end it or not.
    -- "I came from afar. I am so glad to meet you. Become a pebble, and let's walk the galaxy with me......" I hear his whispers and breath. What follows is a pitch black darkness. Like the night when I met him."

職員[編集済み]の日記

XX月0日

長い間、私はその子の目を見ていた彼の瞳は夢のようで、私はしばらく放心していたようだ。どういうわけか彼の頭を撫でたいという気持ちが湧いたが、アブノーマリィティに個人的な感情を抱いてはいけないという先輩の言葉を思い出した。

XX月0日

私はその子に自分の名前を教えた。彼はまるですごい秘密でも聞いたように目を丸くして私の名前を何度も呼んだ。その子が私の名前を呼ぶ度に、一緒に暮らしていたような、単なる親しみ以上の何かを感じた

XX月0日 

他の職員がその子の部屋に入ったとき、その子はその職員に従わずに私を探したという。その報せを聞いて、私は醜い優越感に浸った。その子が好きなのは私であって、あいつではない。

XX月0日

その子の収容室に行ったとき、私の足音を聞いたのか扉が開くとすぐに泣きながら抱きつかれた。私は彼に今後は定期的に戻ってくると説得し続けた。ようやく泣き止んで、彼がもぞもぞと私の腕の中から出てきたとき、私は小さな白い小石を握っていた。「それをなくさないで。誰にも渡さないで」

XX月0日

「ボクよりあの鳥のほうがいいの?」『ビッグバード』の観測を終えて、帰ってきたとき、子供は静かにそう尋ねた。私は彼に、私が何をしていたかを知っているのかどうかを尋ねた。「知ってるよ。ボクはなんでも知っている。どこにいても、何をしていても」その子は静かに視線を小石に向けて、微笑んだ。私は鳥肌がたった。

XX月0日

小石を捨てようとしたが、私にはできなかった。私には何が起こっているのかわからない……「まだ、ボクのことは愛しているよね?」子供が私を見て笑う。笑う。笑う。笑う。笑う……

XX月0日

私は小石を手放すことができない。唯一の希望は、あの子が私のことを飽きてくれることだけだ。私はその日を待っている。……しかし本当にその日は来るのだろうか? 周りは皆、私のことを優秀な職員だと言っている。愚かな奴らだ。何も知らないくせに喋るのではない。

XX月0日

耐えられない。逃げることなどできない。私にはこの子を制御することができると思っていた。しかし本当は、私はあの子の手のひらの小石に過ぎなかったのだ。私が何をしても、どこに言 行っても、あの子の囁きが聞こえて来る。私は終わりだ。しかし終わることができるかも分からない。「ボクは遠くから来た。キミに会えて嬉しいよ。キミも小石になって、一緒に銀河を歩こう……」子供の囁きと息が聞こえる。暗闇が後に続く。あの日の夜のように。 

Flavour Text 編集

  • "The Child of Galaxy knows everything about <name>."
  • "The remnants of longing blossom on the sorrowing heart."
  • "The night when the stars showered down from the sky, a child walked."
  • "The longing becomes a tear, and drops like a star."
  • "The Child of Galaxy sobs He doesn't seem to like that employee <name> is leaving."
  • "The Child of Galaxy is making employee <name> to promise to come back again tomorrow."
  • "Employee <name> can't take a step after seeing The Child of Galaxy's sobbing face."

『銀河の子』はXXXXのことをすべて知っています。

憧れの残滓は悲しみの胸の上に開く。

流星が降り注ぐ夜に、子供は歩いた。

憧れは涙になり、星のように落ちる。

『銀河の子』は職員XXXXと明日またここにやって来ることを約束しています。

『銀河の子』はすすり泣いています。彼は職員XXXXと離れたくないようです。

職員XXXXは、『銀河の子』のすすり泣いている顔を見て、なかなか去ることができません。

Trivia 編集

  • The Child of Galaxy seems to share the same subject number of The Silent Orchestra, but with changed origin and risk level.
  • The Child of Galaxy's skin showing the universe may be inspired by SCP-134's eyes.

『銀河の子』は分類番号が『静寂交響曲』と同じです。しかし、起源とリスクレベルは違います。

『銀河の子』の肌はSCP-134の目から発想を得ているのかもしれません。

Gallery 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki