FANDOM



新しい管理人たちの教育用に作られた
疑似アブノーマリティです。

A dummy abnormality used to train soon-to-be managers.
- Training Standard Dummy Rabbit

Training standard Dummy Rabbit(0-00-00、教育用 ウサギロボ)は、ウサギ型の標的人形のような姿をしたアブノーマリティです。

その体は白色で丸みを帯びており、底部は黒色です。
中央には黒い紐と、訓練用の円形の的が付いています。
頭部には、ウサギの耳に似た一対の突起、小さな2つの目、黄色い頬、ライン状の口を持ちます。

教育用 ウサギロボは、ゲームのチュートリアル専用のアブノーマリティです。


特殊能力 編集

クリフォトカウンターが0になると、特殊能力が発動します。
抑圧作業を行うと、カウンターが1つ減少します。

特殊能力が発動すると、収容違反を起こします
脱走時、教育用 ウサギロボは移動することなく収容室の扉の前に留まります。

脱走中の教育用 ウサギロボは100ポイントの体力を持ちます。
脅威となる特殊能力は何も使用せず、鎮圧は非常に容易です。
鎮圧が完了すると、教育用 ウサギロボは上下逆さまにひっくり返ります。

由来 編集

このアブノーマリティは従順で無害であるため、新米管理人の訓練に利用されています。
「ウサギロボ」と呼ばれているにもかかわらず、ニンジンは嫌いです。
人間と一緒にいることが大好きで、自分がロボトミー社の職員であると思い込んでいます。

その起源と、どのようにして作られたのかは明らかになっていません。
実は本物のアブノーマリティであるとストーリー内で噂されていますが、その真偽は定かではありません。

詳細 編集

教育用 ウサギロボは、愛着本能洞察抑圧の順に作業を好みます。

愛着には作業レベルに関わらず最高の反応を示します。
本能洞察には作業レベルに関わらず高い反応を示します。
抑圧には作業レベルに関わらず普通の反応を示しますが、作業後にクリフォトカウンターが減少します。

他のアブノーマリティと同様に、エネルギー生成量は作業終了時のPE-BOXの数によって決まります。

教育用 ウサギロボの作業結果は、悪い、普通、良いの3つのセクションに分かれています。
作業終了時のPE-BOXが0~3個だと悪い、4~6個だと普通、7~10個だと良い結果になります。
作業終了後の待機時間は約10秒で、クリフォトカウンターの初期値は1です。


開放可能な情報/アップグレード 編集

基本情報 (Cost: 1 PE Boxes)

アブノーマリティの名前、オブジェクト分類、危険レベル (TETH)、肖像、攻撃タイプ (RED 1 - 2)、
E-Boxesの容量 (10)、気分状態、クリフォトカウンターをアンロックします。


本能/洞察/愛着/抑圧 作業方法リスト (Cost: 1 PE Boxes)

各作業のレベルごとの成功確率をアンロックします。


管理方法 1 (Cost: 1 PE Boxes)

  • <管理方法 1>
    • 教育用 ウサギロボに抑圧作業をすると、作業完了時にクリフォトカウンターが減少した。


脱走情報 (Cost: 1 PE Boxes)

脱走可能であるかの情報と属性耐性、クリフォトカウンターの最大値 (1) をアンロックします。
収容違反時の耐性:
RED:耐性 (0.5) - WHITE:弱点 (1.5) - BLACK:普通 (1.0) - PALE:普通 (1.0)


作業 レベル 1
成功率
レベル 2
成功率
レベル 3
成功率
レベル 4
成功率
レベル 5
成功率
本能
Instinct
高い 高い 高い 高い 高い
洞察
Insight
高い 高い 高い 高い 高い
愛着
Attachment
最高 最高 最高 最高 最高
抑圧
Repression
普通 普通 普通 普通 普通

観測レベル 編集

レベル 1 (1 セクション開放): 作業成功率 +5%

レベル 2 (2 セクション開放): 作業速度 +5

レベル 3 (3 セクション開放): 作業成功率 +5%

レベル 4 (すべての詳細の開放): 作業速度 +5

ギフト「Training standard E.G.O」をアンロックします。
これは教育用 ウサギロボの腹部の的に似た髪飾りで、作業終了時に100%の確率で付与されます。
身に着けたエージェントは、HPとMPが2ずつ増加します。

ストーリー 編集

TrainingStandardDummyRabbitPortrait

教育用 ウサギロボの肖像

  • 新しい管理人たちの教育用に作られた疑似アブノーマリティです。
  • 本当はアブノーマリティなのに、あまりにも無害でなおかつ人懐こい性格のため教育用にされてるという噂があります。
    名前に「ウサギ」が 付いていますが、ニンジンは嫌いです。
    たまに脱走しますが、それは大好きな人と一緒いたいがためです。

フレーバーテキスト 編集

  • "教育用 ウサギロボは自分がここの職員だと思っているおもちゃです。"
  • "教育用 ウサギロボは人間が大好きです。"
  • "教育用 ウサギロボが<Name>の周りを 元気に走り回りますが、<Name>は自分の仕事に集中しています。"
  • "教育用 ウサギロボは世界の中心について思いを馳せてます。"
  • "教育用 ウサギロボは<Name>が帰ってしまうのをとても寂しそうに見つめてきます。ずっと一緒にいたくて付いて来そうです。"

余談 編集

  • 従順な性格に標的人形に似た姿を持つ教育用 ウサギロボは、ゲームのチュートリアル専用のアブノーマリティである。
  • 他のどのアブノーマリティとも異なり、分類番号の第一項には「0」が設定されている。
  • レガシー版での触れてはならないは、教育用 ウサギロボの姿に変身することがあった。
    このことから、ゲーム開発初期の段階から実装が予定されていたアブノーマリティと言える。

要検証 編集

以下の項目について情報が不足しています。記載情報に誤りの可能性があれば、コメントしてください。

ギャラリー 編集

管理人、貴方にとって 教育用 ウサギロボ はどのような存在ですか...?
 
15
 
5
 
20
 
1
 
6
 
389
 

この投票は 2018年4月5日 18:16 に作成され、これまでに436人が投票しました。

『 盲愛 』の感情を示す場合、管理人は精神汚染されています。精神治療の効果がない場合、処分も考慮すること。
他のアブノーマリティとの投票比較とそれに関するコメントはこちらから編集タブ横のコメントへ。