FANDOM



教育チームは作業に行う前の新入職員の訓練を担当します。 また、会社方針の規制や職員の状態をチェックします。
The Training Team is in charge of preparing new employees
for the tasks ahead of them.
They also regulate company policies and managerial procedures.
- 部門説明

教育チームは、プレイヤーが3番目または4番目に管理することになる部門です。
ゲームを11日目まで進行させることで、部門の管理が可能になります。

メインルーム、3つのエレベーター、2つの廊下の計6部屋で構成されています。
この部門は、情報チームの右側に位置します。 2つの部門は繋がっており、互いに移動することが可能です。

部門の担当セフィラはホドです。


メインルームは部門上部にある最も大きな部屋です。
一日を始めたとき、職員たちはここから行動を開始します。
エージェントは傷の治癒とプレイヤーの指示を待つために、基本的にメインルームで待機します。

教育チームのエージェントは、「H」という文字が書かれたオレンジ色の腕章を着用しています。
オフィサーは、2つの黒いポケットを持つオレンジ色のスーツと、赤色の短いネクタイ、黒色のズボンを着用しています。

チームのメインカラーはオレンジ色です。

教育チームのミッションでは、職員の育成アブノーマリティの鎮圧が要求されます。

部門機能 編集

教育チームの部門機能は、エージェントの育成に役立ちます。

オフィサー生存効果

施設内の全職員の能力値の成長速度を強化します。
効果は、教育チームのオフィサーの生存割合によって変動します。
部門の全オフィサーが死亡またはパニックに陥った場合、オフィサー生存効果は無効になります。

  • レベル 3(生存割合 100%~80%):成長速度 +5%
  • レベル 2(生存割合 79%~50%)  :成長速度 +3%
  • レベル 1(生存割合 49%~30%)  :成長速度 +1%


部門勤続効果

対象エージェントが教育チームに割り当てられている間、能力値の成長速度が向上します。
効果は、部門の勤続日数に応じて強化されます。
エージェントを教育チームから外すと、部門勤続効果はレベル1にリセットされます。

  • チーフ(7日以上)  :成長速度 +20%
  • レベル 3(7日以上)  :成長速度 +15%
  • レベル 2(3日~6日):成長速度 +10%
  • レベル 1(1日~2日):成長速度 +5%

チーフになれるエージェントは、部門ごとに1名のみです。
チーフが死亡あるいは部門から外れると、別のエージェントが新たなチーフとなります。

ミッション 編集

ミッション1:助けになるなら

説明
「教育チームから来ました。職員に必要なマニュアルを作り、それに合わせて訓練を行っています。
 でも、マニュアルだけじゃなく実践が大切です。
 管理人さんの職場で困難を切り抜ける指示をしてください。」

達成条件:職員を2名昇進させる

アドバイス
一日の間に2名のエージェントを昇進させる必要があります。
低ランクのエージェントを意識的に育成すると、より簡単に達成することができます。


ミッション2:ズレた好意

説明
「ご存じだと思いますが、ここの職員の昇進は一貫して彼らの能力に応じて行っています。
 職員を徐々により難しい作業を与えて鍛えることに重点を置いてください。」

達成条件:職員をランク4以上に昇進させる

アドバイス
いずれかのエージェントをランク4または5に昇進させる必要があります。
迅速なミッション完了のためには、育成するエージェントを少数に絞ることが有効です。


ミッション3:いい人になりたい

説明
「間接的な複数のマニュアルと教育を行った職員でも、 最終的には実践が大切です。
 アブノーマリティと対面し逆境を乗り越えることによって能力を育てて行けるんです。
 初めて遭遇したアブノーマリティからすべての職員が生き延びれるわけではないんですけど。」

達成条件:別々のアブノーマリティを4回鎮圧する

アドバイス
一日の間に4体のアブノーマリティを鎮圧する必要があります。
危険レベルは不問ですが、同じアブノーマリティを複数鎮圧してもカウントされるのは1体のみです。


ミッション4:実演訓練

説明
「管理人の指導のおかげで優秀な職員も増えたみたいです。
 彼らを通して管理人の完璧な管理と制圧を他の職員に見せてあげたら、どんなマニュアルや教育映像よりも
 効果が…… すみません! 変な声が最近聞こえてて……」

達成条件:ランク5職員を5名以上配置してクリアする

アドバイス
ランク5のエージェントを5名以上配備した状態で一日を終える必要があります。
既にランク5のエージェントが揃っているなら、特に意識することなくクリアできるでしょう。

研究 編集

教育チームでは、職員たちのステータスや成長速度を強化する研究が可能です。

教育マニュアル配給:全エージェントは、作業を通してより迅速なステータス強化が可能になる

「教育マニュアルを配給して、 職員が迅速に学習できるように支援します。」

職務教育の強化:オフィサーのステータス向上

「事務職の職務教育を強化させ、複合的な状況に備えることができます。」

雇用手続き強化:新規雇用エージェントのステータスがやや高くなる

「雇用手続きを強化し、入社する職員の能力を強化します。」

余談 編集

  • 情報チーム下部の大部屋と同様に、教育チームのメインルームには正体不明のオブジェクトが存在する。
    それは2つの黄金の輪で囲まれたブラックホールのように見え、部屋の上空に浮かんでいる。
  • 他の上層部門とは異なり、教育チームは通常よりも広い空間に作られているように見える。
    その差はメインルームを見れば明らかで、情報チーム等と比べると奥行きのある構造になっている。

ギャラリー 編集


記事 "Training Team"についてのお知らせ:
古いバージョンのこのページを探していますか?: Education Team (Legacy)


"Training Team" は最新版のゲーム(v0.1)の情報を取り扱っています。

ここの情報は新しいバージョンのゲームからのものです。最新のゲームプレイの変更を含みます。