FANDOM




"随所に数多くの心がある森。
切っても切っても依然として森は鬱蒼としている。"

- Warm-Hearted Woodsman


Warm-Hearted Woodsman(F-05-32、暖かい心の木こり)は、苔むした金属製の機械的な体を持つ人型アブノーマリティです。

その頭部は騎士の兜のような形状をしており、胴体は空洞で、その内部は血や肉に塗れています。収容室内では常に、巨大な伐採斧を手にしたまま静止しています。


特殊能力 編集

クリフォトカウンターが0の状態で職員が入室すると、特殊能力が発動します。

以下の条件を満たすと、カウンターが0に減少します。

  1. 作業結果が悪い
  2. 自制ランクが3以上の職員が作業を終える

他のアブノーマリティと異なり、カウンターが0になっただけでは特殊能力を起こしません。

特殊能力が発動すると、収容違反を起こします
脱走時、暖かい心の木こりは入室した職員を殺害してその死体を胸の中に押し込み、心臓のような器官を作り出します。

脱走中の暖かい心の木こりの移動速度は遅く、その代わりに非常に高いHPを持ちます。

暖かい心の木こりは職員やアブノーマリティに遭遇すると接近し、2種類のRED属性攻撃を行います。

  1. 平均的な攻撃速度で複数の標的にダメージを与える
  2. 溜め動作後、斧で特定の標的を素早く連続で切り刻み、多数のダメージを与える
    攻撃のフィニッシュでは斧を叩きつけ、強いダメージを与える

攻撃1は5~10ポイント、攻撃2は計40ポイント(切り刻み20 + フィニッシュ20)のダメージを与えます。

職員の死体の上を通過すると、その死体を拾い集めて『胸』に加えることで自身のHPを一定量回復します。

収容違反は、一日を終えるか鎮圧されるまで続きます。

由来 編集

暖かい心の木こりは、ドロシー、カカシ、臆病なライオンとともに、『オズの魔法使い』に登場した『ブリキの木こり』という名のブリキ男のキャラクターでした。
彼らは各々に欠けているところがあったため、魔法使いを探し、願いを叶えてもらうための旅に出ました。

魔法使いを見つけたとき、皆は欲しかったものを貰い受け、幾分か自らの願いが達成しました。
しかしブリキの木こりにだけは『無価値な』鉛の心臓が渡されました。
願いが叶ったことを納得させようと魔法使いが言いました。お前は機械だ、心は人間のためのものだ。
鉛の心臓はひどく固く冷たいもので、再び仲間と会うこともできず、悲しみが彼を襲いました。

木こりは魔法使いに納得できず、その胸目掛けて斧を振りかざしました。
それと同時に、魔法使いの心臓が勢いよく鼓動するのも感じられました。
ブリキの木こりは鉛の心臓を魔法使いの胸に埋め込み、この光景に生まれて初めての喜びを感じました。

それ以来、木こりは木を切るのを止めました。
人間を切り、その心臓を取り出して、ぽっかり空いた自らの胸に押し込めるようになりました。

そのうちに、ブリキの木こりは捕まえられ、収容されました。
他のキャラクターたち(カカシを除く)の行く末はわかっていません。

詳細 編集

暖かい心の木こりは、愛着本能洞察抑圧の順に作業を好みます。

愛着にはレベル3以下で高い反応を示し、それを以外だと最高の反応を示します。
本能洞察抑圧には作業レベルに関わらず普通の反応を示します。

愛着は作業レベルが高いほど成功確率が高くなりますが、自制ランク3以上の職員が作業を終えるとカウンターが0になるため注意が必要です。

他のアブノーマリティと同様に、エネルギー生成量は作業終了時のPE-BOXの数によって決まります。

暖かい心の木こりの作業結果は、悪い、普通、良いの3つのセクションに分かれています。
作業終了時のPE-BOXが0~8個だと悪い、9~14個だと普通、15~18個だと良い結果になります。
作業終了後の待機時間は約10秒で、クリフォトカウンターの初期値は1です。


開放可能な情報/アップグレード 編集

基本情報 (Cost: 16 PE Boxes)

アブノーマリティの名前、オブジェクト分類、リスクレベル (HE)、肖像、攻撃タイプ (WHITE 3 - 5)、
E-Boxeの容量 (18)、気分の状態、クリフォトカウンターをアンロックします。


本能/洞察/愛着/抑圧 作業方法リスト (Cost: 5 PE Boxes)

各作業のレベルごとの成功確率をアンロックします。


管理方法 1/2/3 (Cost: 8 PE Boxes)

  • <管理方法 1>
    • 作業結果が悪かった場合、クリフォトカウンターが減少する。
  • <管理方法 2>
    • 自制のランクが3以上の職員が作業を終えたとき、クリフォトカウンターが減少する。
  • <管理方法 3>
    • クリフォトカウンターが0の状態で収容室に入室した職員はすぐに死亡する。
      その後、アブノーマリティは脱走する。


脱走情報 (Cost: 16 PE Boxes)

脱走可能であるかの情報と属性耐性、クリフォトカウンターの値(1)をアンロックします。
収容違反時の耐性:
RED:弱点 (1.5) - WHITE:耐性 (0.8) - BLACK:耐性 (0.8) - PALE:普通 (1.0)


作業 レベル 1
成功率
レベル 2
成功率
レベル 3
成功率
レベル 4
成功率
レベル 5
成功率
本能
Instinct
普通 普通 普通 普通 普通
洞察
Insight
普通 普通 普通 普通 普通
愛着
Attachment
高い 高い 高い 最高 最高
抑圧
Repression
普通 普通 普通 普通 普通

 観測レベル 編集

レベル 1 (1 セクション開放): 作業速度 +4

レベル 2 (2 セクション開放): 作業成功率 +4%

レベル 3 (3 セクション開放): 作業速度 +4

レベル 4 (すべての詳細の開放): 作業成功率 +4%

武器 「Logging」の開放

ストーリー 編集

WarmHeartedWoodsmanPortrait

暖かい心の木こりの肖像

  • 人間の見た目をした機械の、全身が金属製のアブノーマリティ。
    両手で大きな斧を掴んではいるが、振るうことはない。
    その姿を目の当たりにした職員も身動きできないようだ。


  • 友人たちはどこかが欠けており、共に願いを叶えるための旅に出かけた。
    かかしは知性、ブリキの木こりは心、臆病なライオンは勇気を欲した。
    そして、ドロシーは自分の家族の元へ帰りたかったのだ。
    ついに4人は偉大な魔法使いを見つけた
    しかし、木こりが受け取ったのは無価値な鉛の心だけだった。
  • 「しかし、お前は機械だ、機械は人間のために作られるものだ。
     分からないか? 機械に心は必要ない。だが、ここまで来たのはご苦労なことだったな。
     これを受け取れ、与えられるのはこれしかない。ぜひ、自分の願いが叶ったと皆に伝えたまえ。」
    友人たちは満足して去っていった。彼は友人たちと顔を合わせるなんて、とてもできなくなった。
    鉛の心があまりにも硬くて冷くて悲しかったから。
  • 木こりは納得できなかった。彼は怒って斧を振り回し、魔法使いの胸に振り下ろした。
    魔法使いの心臓は暖かく、力強く鼓動していた。彼は魔法使いの胸の穴を鉛の心臓で埋めた。
    その壮大な光景に木こりは初めて笑い、かつてない喜びを感じたのだった。
    今や木こりは手当たり次第に心臓を『胸』の中に入れている。
    どれだけ心を手に入れてもまだ足りない。
    かつて木こりと呼ばれた男は、今では木でなく人を切る。
    随所に数多くの心がある森。切っても切っても依然として森は鬱蒼としている。
    心の暖かい者ほど、その心臓も暖かい。
  • 心臓が零れ落ちると、木こりは絶望して膝から崩れ落ちるだろう。空ろな心だけが胸に埋まったまま。
    それが彼に残った唯一のもの、それをどうして奪うことができるのだろう?

フレーバーテキスト 編集

  • "<Name>、あなたが暖かい心のない人なら、暖かい心の木こりを恐れる必要はありません。"
  • "暖かい心の木こりは心を集めます。その心が動けば、愛することができると思っています。"
  • "かつて誰かの心であったものは無差別に暖かい心の木こりに押し込まれました。"

余談 編集

  • このアブノーマリティは児童文学小説のオズの魔法使いをモチーフにしており、主要登場人物の一人であるブリキの木こりの役割を果たしている。

要検証 編集

以下の項目について情報が不足しています。また、記載情報に誤りの可能性があれば、コメントしてください。

  • 脱走時の各ステータス(補正前攻撃力・攻撃速度・攻撃対象・攻撃範囲・HP・移動速度・移動範囲)

ギャラリー 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。