FANDOM


ネタバレ注意
このセクションはLobotomy Corporationのストーリーに関連したネタバレを含んでいます。
自身でストーリーを楽しみたければ、注意して読み進んでください。
X

Xの外見

Xはゲームの舞台となる Lobotomy社に新たに配属された管理人です。プレイヤーによりコントロールされ、本ゲームの主人公を務めます。ストーリーの会話する時の反応から無口な人物であることが伺えます。

Xは絶対的に安全な位置にいて、施設で起きたいかなる出来事からも隔離されています。アンジェラの助けを得ながら、遠隔で施設を監視しつつ、施設の職員アブノーマリティに対してデジタル的・物理的に命令を出します。

Xは施設全体の管理とその行く末に対する全責任を担っています。Xが施設やアブノーマリティ収容の維持に失敗したとき、プレイヤーはゲームオーバーになります。

Xと登場人物たちの対話を介して、プレイヤーには Lobotomy社やセフィラの存在などに関する情報が与えられます。

ストーリーのネタバレ注意!
Xの正体は記憶を消去したAです。自殺や自我の崩壊が起こる度にアンジェラはAの記憶と時間をTT2技術により遡行させ、「新たに配属された管理人X」としてやり直してきました。この繰り返しは光の種シナリオが達成されるまで続きます。