FANDOM



記事 "X (Player) (Legacy)"についてのお知らせ:
最新版のこのページを探していますか?: X (Player)
"X (Player) (Legacy)" は、ゲームのLegacy版(v0.0.2.2b)の情報を使用しています。ここの情報は、最新のゲームプレイが変更される前の古いバージョンのゲームからのものです。


X-394の管理者プレイヤーによってコントロールされ、Lobotomy Corporationの全編において主人公を務める。

Xは絶対的に安全な位置にいて、施設で起きたいかなる出来事からも隔離されている。Angelaの助けを得ながら、遠隔で施設を監視しつつ、施設の職員とアブノーマリティに対してデジタル的・物理的に命令を出す。

Xは、施設管理とその運命における全責任を担っている。Xが施設やアブノーマリティの維持に失敗したとき、プレイヤーはゲームオーバーになる。

Manager X-394, who is controlled by the player, is the central protagonist throughout the course of Lobotomy Corporation. X sits in absolute safety, away from the events of the facility, while remotely monitoring the facility and giving out commands digitally and physically to both components and employees of the facility with the help of Angela. X is ultimately responsible for the fate and overall management of said facility, and the player will receive a game over if X fails to maintain control over the facilities and its subjects.

Trivia 編集

  • 管理人Xの呼称番号(394)は、SCP Containment Breach(訳注:ゲーム名。Containment Breachは「収容違反」)の主人公D-9341を参考にしていると思われる。そのゲームもまた、様々な怪物を収容する組織と、怪物の脱走に苦しめられる点が中心となっている。
  • Manager X's designation number (394) could be a reference to protagonist D-9341 from SCP Containment Breach, a game also focusing on an organization that contains various monsters and suffers from frequent escapes by said monsters.